オピニオン

182月

6歳と3歳半の子育て中だけど、育児をクリアした感が半端ない

近頃、ふと気づく。

一時期、あれだけたくさん書いていた、子育てネタのブログ記事を、ここのところは一切「書こう」という気にならない。

子育てと仕事は両立できる?|子育て中の両親には「仕事量半分」で働ける権利を。

やぶ蛇にならないように戦略的に子供の気持ちを無視しようとする親

三歳児神話の正否はどうでもいい。我が子に「保育園にいるのと、家にいるのと、どっちがいい?」と聞いてみよう!

始めて遭遇する子育てへの驚きや、世間の理不尽さ、社会システムの古さなどを、目の前の深刻な問題として、それほど感じなくなったからだ。

私は現在、もうすぐ6歳になる娘と、3歳半の息子の子育て中だ。

が、すでに育児をクリアしてしまった感がある。

いや、正しくは、育児の準備が「万端、整った」と言うべきなのかもしれない。

疲労とストレスで発狂寸前になったり、育児ノイローゼになったり、産後クライシスに陥ったり……といった、致命的な問題は解消され、子どもたちとしっかり向き合う余裕があるのを、実感する。

 

子どもが生まれて3年間はまったく余裕がない

2009年に最初の子どもが生まれてから、3年間は、いま思い返しても、本当に苦労したと感じる。

子どもが生まれてすぐに、妻一人で子育てをするのは物理的に無理がある、と気づき、私は当時の仕事を辞め、フリーランスになった。

独立するための何の準備もしていなかったし、自分が何で稼げるのかもわからなかったから、まあ紆余曲折あった。

2011年に、二人目の子どもが生まれて、保育園に行けるようになるまでは、余裕というものがまったくなかった。

記憶が薄い。

たった数年前なのに、はるか遠い昔の出来事のような気さえする。

 

子どもたちを中心に据えて、人生を組み立て直す

とは言え、人は学ぶ。

傾向が掴めれば、対策ができる。

問題点がわかれば、解決に向けて、一つひとつ行動もできる。

下の子が2歳になる頃には、上の子を育てた経験が活きて、慌てたり、ストレスを感じたりすることがなくなくなった。

 

生活サイクル、仕事など、人生のさまざまな要素を、子どもたちを中心に据えて、ゼロから組み立て直した。

これは、子育てを人生いちばんの楽しみにしている私にとっては、自然な成り行きだった。

誰だって本当は、仕事なんか、できればしたくない。

そんな優先度の低いものを中心に据えて、どうしたら子育てと両立できるか、頭を悩ませるなんて、どうかしている。

当時の私は、そんな感覚だった。

 

「保育園に行きたくない」と言い出したら「行かなくていいよ」と言える

子どもたちが「保育園に行きたくない」と言い出せば、「じゃあ、行かなくていいよ」と軽く言える環境にした。

基本、在宅ワークだし、外出の仕事があっても、ほとんどのケースで同行させられる。

子どもたちを日本中あちこち連れ回したり、やりたい習い事に通わせてあげられるだけの、それなりの収入も、確保できている。

この先、たとえば一般的には「小1の壁」などと言われるが、我が家は、まったく困らない。

 

子どもたちの成長を、落ち着いて見守っていく態勢が整った

もちろん、子どもたちの成長にともない、その時々で、さまざな問題が出てきたり、困難に直面したりはするだろう。

が、古い社会システムと、古いライフスタイル、旧来的な常識……子育てを困難にしている問題を、根本から無効化した我が家にとって、ちょうどいい高さの、乗り越えるべきハードルだと、素直に思える。

“対処療法ではなくて、問題の根を根本的に取り除かないと、気が済まない”

元来、私は、そういう性質なのだと思う。

おかげで、子どもたちとしっかり向き合う余裕もあるし、仕事に打ち込む時間もある。

いざ、地に足をつけて、子どもたちの成長を見守って行こう……いま私は、そんな気分でいる。

 

人生における優先順位を間違えてはいけない

私は、今まさに育児に困っている人たちには、あまり多くを言える気がしない。

私自身がうまくいっているのには、幸運だった面もある……と、間違いなく思うからだ。

真似をすればいい、と気軽に言えるわけもない。

 
ただ、もしあなたが若者で、これから結婚や育児に向き合おうとしているなら、優先順位を間違えてはいけない、とアドバイスしたい。

大切なのは、古くさい常識から逸脱せずに生きることではない。

あなた自身が最も大切にしているもの、大切にすべきものを、正しく見極め、決して手放さないことだ。

人間、自分らしささえ失わなければ、人生を楽しむことができる。

412月

【選挙】マニフェストで投票先を決めるのは、いいカモでしかない

選挙公約・マニフェストは、「選挙前だから」と、マーケティング的に、有権者ウケする内容を並べているだけの、単なるリップサービスです。

政治家が悪い、という話ではありません。

単なる努力目標なのだから、なるべく選挙に有利になるように理想を掲げるのは、当然なんです。

選挙の直前になって、「この政党は自分の考えに近いな」なんて投票先を決めるのは、いいカモではないでしょうか。

選挙結果に納得している人は、問題ないと思います。

もし自分の投票に満足した経験がないのなら、改めたほうがいい結果につながる、と私は思います。

 

各政党の方向性さえ理解できれば十分

私はそもそも、細かい政策なんか、どうでもいいという考えです。

経済政策であれば、具体的にこういうことをしますと言われても、私には是非を正確に判断できません。

その領域を専門に勉強したり、強い興味があったり、という人でない限り、基本的にみな同じであるはずです。

だから、経済成長を推進するかわりに貧富の差を社会保障でカバーする社会を目指すのか、みんなで貧乏になるかわりに平等な社会を目指すのか、くらいの違いがわかれば充分だと思います。

言うまでもなく、ちょっとだけ政治に関心を向けていれば、特別なことをしなくても理解できる違いです。

 

政治に文句を言い続ける人たちの2つの特徴

私見ですが、細かな政策に、あれこれ意見を言う人には、大きく2種類います。

  1. 鼻先のニンジンが大好きな人
  2. 政治には正解があると思っている人

前者は、
「●党に投票すれば、毎月■万円もらえる政策をやってくれるそうだ。それはいいな」
というタイプ。

メリットのみに目がいって、どんなデメリットが発生するのか、考えない。

後者は、
「アベノミクスなんかうまくいくはずがない。バカじゃないのか」
というタイプ。

専門家でも評価が分かれる事柄なのに、自分にだけは正解が分かっていると思っている。

もちろん、このような反応が悪い、というわけではないんですよ。

でも、きっと、これらの方々の圧倒的大多数は、政治に不満を持って、いつまでも文句を言っているのではないかと思います。

基本的に、自分の思い通りになることは稀だからです。思い通りになったとして、運がいいだけです。

 

信頼できる人を国会に送り出して、腹を据えて結果を待つ

われわれ国民にできるのは、ただ一つだと私は思います。

信頼できる人を国会に送り出して、腹を据えて結果を待つこと。ときどき、必要性を感じれば、政治家に意見を直接伝えること。

※当然ながら、目の前の暮らしにくさだったり、生きにくさだったりを解決するためには、自ら行動する必要があるわけですが、ミクロな課題の解決は、いまや、国政の役割ではないという前提です

どうしたら国が良くなるのか、正解なんか誰にもわからない。

ならば、国を良くしようと働いてくれる人のうち、信頼できる誰かに、託すしかない。

託せないのなら、投票せずに諦めるか、自分が政治をやるしかない。

 

政策ではなく、信頼できる候補者を見極める

民主党政権を引き合いに出すのは、ちょっと卑怯かもしれませんが、選挙公約・マニフェストの多くは、実現されません。

自民党だって、個々の候補者はさまざまな政策を掲げていますが、努力はするものの、実現するかどうかは未知数です。

そのときどきの党内の力関係や、政治状況、公明党との関係などで、結果は変わってくるからです。

だから、我々がやるべきは、長い時間をかけて、選挙区の候補者の発信を見続けて、信頼できる人かどうかを見極めることです。

2年、3年と見ていれば、「この人は言うことがコロコロ変わっている」だとか、「自分の意見をちっとも言わないんだよなあ」だとか、判断できるようになります。

逆に、「党の方針に反しても、ダメなものはダメと貫く人だ」だとか、「しっかりした国家観、政権運営ビジョンを持っている」だとかも見えてきます。

 

選挙が決まったら、もう投票先も決まっているのが理想

私は実際にそうしています。

僕はこうして投票先を決めた。

私は今回も、神奈川2区で、官房長官に投票してきます。

自民党支持者ではありませんが、菅義偉支持者ではあります。時間をかけて、発言を見続けてきた結論です。

民主党の元職・三村和也さんが6区に鞍替えしましたが、2区から立候補したとしても、投票先は変わりませんでした。

直前になって政権公約・マニフェストと睨めっこしているみなさん。

「選挙が決まったら、もう投票先も決まっている」

そういう選挙に臨んでみませんか。今回はもう遅いですが、2年後や4年後に、またその時はきます。

2811月

【妖怪ウォッチ】世の中の子どもがウィスパーを見下しているらしいのでウチの子で調査してみた

はい。もう、見事なまでに見下されていました。

ウィスパー……カワイソス(^^;;

 

「妖怪ウォッチ2」ふつうにおもしろいです

ここ数ヶ月、5歳の娘と一緒に『妖怪ウォッチ2』を遊んでいるんですけど、ふつーにおもしろいです。

世の中で大ヒットしているのもあるし、あんまりコンテンツの質がいいんで、気になっていろいろ調べてます。

たとえば、これは春頃の記事ですけど、興味深い内容でした。

『妖怪ウォッチ』快進撃! ヒットメーカー・日野晃博氏が語る『妖怪ウォッチ』ブームの秘密と今後の野望!【インタビュー完全版】 – ファミ通.com

妖怪ウォッチにまつわるマーケティングのポイントは、なんと言っても、ゲーム会社発のクロスメディア企画ってことなんですけども。

まあそれについては、おいおい。

 

見下されキャラのウィスパーが、子どもたちにも見下されているらしい

で、先ほどの記事に、ひじょーに笑える記述がありまして。

人気の妖怪キャラを、芸能人のようにとらえて、たとえばTV番組の司会に起用したり、CMに出演させたり、というようなことを考えているらしいんですね。

その中で、

――妖怪がそこまでの存在になっていく、とお考えなのですね。
日野 はい。じつはいま、『妖怪ウォッチ』のグッズが、どこにいっても大人気で買えない状態なのに、なぜか“ウィスパー”のグッズだけが余っていることがあったりするんです(笑)。ウィスパーは、ゲームでもアニメでも、主人公のケータくんにイジられるというか、嫌われキャラみたいになっているのですが、小学生諸君も、そのケータのウィスパーへの評価に同調してしまっているんですね。「ウィスパーなんか買わないよね」、「買ったら負けだよな」みたいな(笑)。つまり、すでに子どもたちのあいだでも、「『妖怪ウォッチ』が好きだからなんでも欲しい」ではなく、だんだんと妖怪ひとりひとりの人格が認められてきて、好き嫌いがはっきり生まれてきているんです。

ウィスパー……哀愁漂うなあw

知らない方のために説明しておくと、ウィスパーというのは、主人公のケータくん、ジバニャンとともに、露出が最も多い主力キャラのひとりです。

が、「つかえない妖怪執事」という役回りで、作中でこき下ろされるんですね。

  • “有能な妖怪執事” と言い張るわりに、ほとんど役に立たない
  • やることなすこと裏目に出る
  • 笑われ役

というあたりが、理由です。

妖怪ウォッチ公式サイト『妖怪ワールド』から、ちょっと画像を借りてきますけど、ジバニャンの左下にいる、マヌケな顔をした白いのが、ウィスパーです。

 

実際にウチの娘(5歳)に聞き取り調査してみた

ウィスパーグッズだけが売れ残るというのは、リアルに想像できるんですが。

せっかくなので、うちの娘にも聞いてみることにしました。

 
私「ねえねえ、ウィスパーと、ジバニャンのぬいぐるみがあったら、どっちが欲しい?」

娘「ジバニャン!」

 
うん。まあ、そりゃそうだよな。ジバニャンは人気キャラだもんね。

 
私「じゃあ、ウィスパーと、ヨコドリのぬいぐるみだったら?」

娘「うーん。ヨコドリかな」

私「人面犬と、ウィスパーだったら」

娘「人面犬!」

 
ワロタ。

人面犬にも負けるなんて。マジですわこれは。

このあと、ドンヨリーヌ、ホノボーノ、かゆかゆ……と、いろいろ聞いてみましたが、絶対にウィスパーが選ばれることはありませんでした。

 

娘が語る「ウィスパーじゃダメ」な理由

マイナーキャラを出そうが、嫌われキャラを出そうが、けっしてウィスパーが選ばれることがない。

いや、もう、これは衝撃というか、笑撃の結果でした。

なんでそんなにウィスパーがダメなのか、娘に聞いてみたところ、

  • ウィスパーは妖怪じゃない(妖怪執事。メダルでは召還できない特別設定)
  • 珍しくないから、別にほしくない
  • なんかダメ

と、もうさんざんな評価でした。

なんかダメって……(^^;;

 
ということで、妖怪ウォッチにハマっている子どもがいる、お父さんお母さんは、ウィスパーが選ばれるかどうか、ぜひ聞いてみてください。

サンタクロースが、プレゼントに、ウィスパーグッズを持ってきたら、キレる子どもとかいそうですねw

2611月

「松たか子の代わりに叩かれるMay J.」という不幸な構図

東京ディズニーリゾートのFacebookページの、コメント欄が荒れていました。

うーん、珍しい。

 
自己紹介をすると、私は、ディズニーメディア『D*MANIA』のディレクターを仰せつかっていて、なおかつ年間パスポートで通っているディズニーファンです。

東京ディズニーリゾートのFacebookページは、日常的に目を通しています。

だからわかるんですけど、東京ディズニーリゾートのFacebookページが荒れるなんて、まずありません。

 

「レリゴーを誰が歌うのか」問題

火元は、もちろん、『アナと雪の女王』の大人気主題歌『レット・イット・ゴー〜ありのままで〜』を、誰が歌うかです。

投稿は、本日放送の日テレ系「音楽の祭典 ベストアーティスト2014」にて、シンデレラ城前にアナとエルサが初登場し、May J.がレリゴーを歌う、という告知なんですけど。

コメント欄が、殺伐としているんですよ。

「なんでMay J.なの?」「松さんが良かった」というコメントが、とにかく目立つ。

ユーザー同士のいさかいまで起きている。

全体として見れば2〜3割でしかないのに、なぜ目立つ気がするのかというと、東京ディズニーリゾートのFacebookページに、ネガティブなコメントが並ぶケースが、基本的にないからでしょう。

※映画『アナと雪の女王』では、劇中歌をエルサ役の松たか子が、エンディングテーマをMay J.が歌っています

 

May J.が「嫌いだ、好きだ」では割り切れない

May J.が嫌いだ、好きだ、という個人的感情は、もちろんあると思うんですよ。

でも今回の件を見ていると、それだけじゃとても説明できないと思ったんです。

一般論ですが、我々は不満を感じた場合、大抵はスルーします。暇じゃないですからね。

期待していたのに裏切られただとか、ストレス発散のはけ口にするだとか、神経を逆なでされるような要素があっただとか、余程の理由がない限り、わざわざネガティブなコメントを出したりしません。

May J.が嫌いなら、知らん顔していればいいはずなんです。

 

世の中の多くが、エルサ(松たか子)のレリゴーを待望している

ではなぜ、May J.はこんなにも叩かれるのか。ひとこと言いたくなってしまうのか。

Facebookページのコメント欄を見ていて強く感じるのは、松たか子待望論なんです。

みんな、エルサ(松たか子)の『レット・イット・ゴー〜ありのままで〜』を聴きたいと思っている。

この状況が事実として存在すると思います。

ところが、今まで松たか子さんは、テレビ等で一度も『レット・イット・ゴー〜ありのままで〜』を歌っていません。

実は私も、正直なところ、「またメイジェイ?」と心の片隅で感じました。

なぜかと、考えてみると、「松たか子のレットイットゴーが聴きたかったなー」と思っている自分に気がつくわけです。

 

たぶんMay J.さん個人には、まったく責任がない

冷静に考えると、このモヤモヤは、どちらかというと、松たか子さんがメディアに出てこないところに、原因があります。

陰謀論が好きな人は「エイベックスのゴリ押し」とか言うかもしれないんですけど、たかが一企業のゴリ押しなんかで、ディズニーのマーケティングを支配下に置けるとは思えません。

だから、松たか子さん側に何かしらの事情があるか、契約上の問題で出られない、と考えるのが妥当です。

少なくとも、May J.さん個人には、まったく責任はないはずです。

でも我々は、松たか子さんや、存在するかどうかわからない契約に、文句を言うわけにもいきません。

我々の目の前に現れるのは、May J.さんなわけですから。

すると「松たか子出てきて!」「ディズニーなにやってんの!!」が、「またメイジェイか!」「May J. 出てくんな!!」に変換されてしまう。

 
具体的にどんな問題があるのかはわからないんですけど。

世の中の多くがエルサ(松たか子)のレリゴーが聴きたいと思っている状況があるのに、May J.が歌わざるを得ないというのは、なんとも不幸な構図だな……と思った次第です。

松たか子さん、出てこないんですかね。今のところ、紅白にも出ない情勢。

ちょっとでも出てくれば、May J.さんを好きではない人が、知らん顔するようになって、無用ないさかいが減ると思うんですけど。

 
【11/27追記】
松たか子さんが妊娠を発表しました。
少なくとも、ここ数ヶ月のあいだ、大きな仕事ができなかった要因とは言えそうです。
安定期に入ったとはいえ、「紅白に出ろ」とは言えないですよね。一生モノのことですから。

松たか子オフィシャルクラブ club.M

ともあれ、おめでとうございます!

2211月

なぜ選挙前から「自民党が勝つ」と判るのか説明する

第47回衆議院議員総選挙が行われることになりました。

結果は “自民党の勝利” でまず間違いないんですが、きっと、自民党支持者ではない方の中には、

「自分の周りに、自民党支持者がそんなに多いとは思えないのに、それはおかしい」

と感じる人もいると思うんですよ。

その違和感は、けっして間違っていません。

それでも、自民党大勝の結果が出ます。単純な算数です。

 

自民党の支持層は約4割

政治意識月例調査 – 2014年 | NHK放送文化研究所

上記の調査の、2014年の数値を、平均すると、各党の支持率はおおむね、

自民党 38.2%
民主党6.0%
公明党3.4%
共産党3.1%
維新の党1.2%

となります。それ以外の政党は、1%以下です。

自民党の支持層は、ざっくり4割だと覚えておいてください。

 

4 : 3 : 3の勢力図なら、4が完全勝利を収めるのが小選挙区制

衆議院選挙は、小選挙区比例代表並立制です。

が、大きな要素を占めるのは、うち300議席が決まる小選挙区制です(比例は180議席)。

小選挙区では、得票1位の議員だけが当選します。

たとえば、

候補者A 4万票(当選)
候補者B 3万票
候補者C 3万票

ならば、候補者Aだけが当選します。

ポイントは、候補者Aを支持しない票は、6万票になり、候補者Aの得票数を上回る、という事実です。

 

日本社会全体で見ると自民党支持層は多数派ではない

自民党は、もっとも多い4割の支持を集めているので、小選挙区制では、大勝します。

比例代表も、民主党ほかが1割以下の支持率しかない現状では、大差ないでしょう。

ところが、視点を変えて、自民党を支持しない人という括りで見ると、実は6割もいるわけです。

だから、「自分の周りに、自民党支持者がそんなに多いとは思えない」という感覚が生まれるんです。

インターネットの普及によって、気に入った情報だけを得ることができるようになり、タコツボ化が進んでいるので、よりそのような感覚は強くなります。

 

自民党を負けさせる方法

机上の空論でよければ、自民党を負けさせる方法もあります。

つまり、選挙でこうなればいいわけです。

候補者A 4万票
候補者B+候補者C 6万票(当選)

いわゆる、選挙協力というやつですね。

候補者Bと候補者Cの政党が話し合って、どちらかが立候補を見送れば、候補者Aに勝てます。

でもこれ、実際にはなかなか難しいですよね。

立候補を見送ったBまたはCは、選挙に出られないか、あるいはまったく別の土地での立候補を迫られるわけですから。

【追記】
私の地元である神奈川では、こんな感じです。そう上手くはいきません。
14神奈川衆院選:「神奈川はガチンコ」 民主と維新の調整土壇場で決裂 | カナロコ

 

2年前の総選挙では第3の選択肢として維新が浮上

前回、第46回衆議院総選挙の、得票数と、得票率データを、Wikipediaから借りてきました。

選挙結果

投票率は59.32%。過去最低でした。

今回の選挙も、同水準、もしかしたらもっと下がるかもしれませんね。自民党以外を選択する人にとって、魅力的な受け皿が存在しないからです。

2012年総選挙では、民主党にうんざりした有権者のうち、自民党に投票したくない人は、日本維新の会を選んだ人が多かったようです。

維新の比例代表の得票率は、民主党を上回って、自民党に次ぐ2位でした。

しかし今回、自民党以外に投票しようとしたとき、民主は相変わらずの体たらく、維新はゴタゴタ、みんなの党は勝手に消滅、という調子です。

投票率が下がり、公明党や共産党が相対的に得票率を伸ばし、特に比例代表で、躍進するのかもしれません。

 

比例代表では自民党「堅調」と予想

さて、自民党の数値に目を向けると、小選挙区で43.02%、比例代表で27.62%という得票率でした。

比例代表の数字が思いのほか低いのは、民主党政権以前をしっかり覚えている有権者が、自民党のカムバックに、懐疑的な目を向けていたからでしょう。

もう一つ、小政党が乱立している影響もあります。

比例代表は「死に票」が最も少ないシステムなので、小政党に投票する心理的ハードルが下がり、票が分散します。

今回の選挙も、小政党乱立状態ではありますが、維新は大幅減濃厚、みんなの党は消滅という状態。

相対的に浮上するのは、自民党、そして公明党と共産党以外にイメージできません。

あとは民主党がどこまで盛り返すか。逆にさらに沈没する可能性もあるんじゃないでしょうか。

まあ少なくとも、比例代表で自民党が議席を減らす可能性は、極めて低いのではないでしょうか。

 

小選挙区では自民党の大勝

小選挙区では、冒頭で説明した4 : 3 : 3の勢力構造をどうにかしない限り、自民党の大勝以外の結果は出ません。

実際は4 : 3 : 3どころか、政党支持率だけで見れば、4 : 0.6 : 0.3 : 0.3 : 0.1とか言う感じなんですから、個人で選挙が強い議員を除けば、ほとんど勝負にならないわけです。

野党の唯一の望みは無党派層ですが(こちらも約4割)、低投票率濃厚=彼らの大半は動かない、ということです。

候補者が多い選挙区ほど、自民党候補が当選する可能性が高まります。

野党としては、個人で選挙が強い候補者がいた場合に、いかに野党同士でつぶし合わない選挙協力が実現するかで、自民党の議席数をどれだけ減らせるか、という戦いなんじゃないでしょうか。

逆に、自民党と公明党の選挙協力は、もう、慣れたものなので、野党が頑張っても焼け石に水かもしれません。

 

では大選挙区にしたら天国なのか

こういう話をすると、「小選挙区はクソだ」論が必ず出てきます。

じゃあ、小選挙区をやめて、大選挙区(日本全国一区の比例代表のみ)にしたらどうなるんでしょうか。

前回、第46回衆議院総選挙のデータで、ちょっとやってみましょう。

自民党132議席
日本維新の会98議席
民主党77議席
公明党57議席
みんなの党42議席
共産党29議席
日本未来の党27議席
社民党11議席
ほか7議席

大まかですが、だいたいこんな感じでしょうか。

見た目は楽しそうですね。死に票も減りますし。

が、この状態で考えなければならないのは、必ず連立を組まなければ政権が成り立たないという事実です。

いったい、物事は前に進むんでしょうか。

また、小選挙区制の最大の利点であった政権選択が、事実上不可能になります。

どことどこが連立を組むかは、当選した議員たちが決めるからです。

民主党政権が嫌だから、と他党に投票したのに、民主党が政権に居座り続ける……なんて事態も充分にありえます。

「死に票」が少なくなっても、私たちの思い通りにはならないんですよね。一長一短。

結局のところ「国政選挙、政治で実現できることは、やはりほんの一部でしかないんだ」と、私たちは悟るべきなんでしょう。

TOPページ サイトマップ 更新履歴