Tag: 子連れアウトドア

2611月

子連れトレッキング(山登り)に失敗しないために把握しておきたい3つのポイント

キャンプほかアウトドアレジャーが大好きな我が家なので、そのうち子連れトレッキングにも挑戦しようと思っています。

私自身は、富士山に2回登頂している程度の知識・経験はあり、

2013年 富士登山 須走口登山道(須走ルート)情報|写真レポート

初心者が日帰り富士登山を成功させるために最低限必要な準備・装備品リスト15

また、我が子たちをいちばん近い位置から見てきているので、子連れ山登りのポイントも、おおまかに想像できます。

対象は、2歳3歳くらいから、小学校低学年までを想定しています。

  1. 子どもたちが、現時点で、どの程度の行程に耐えられる体力が付いてきているのか、把握する
  2. 「そもそも子どもたちは、トレッキングが好きなのかどうか?」を、把握する
  3. 子どもたち自身に、野山歩きに、慣れてもらう

 

1. 子どもたちの体力を把握する

何しろ、幼児期の子どもは、グングン成長します。

「昨日できなったことが、今日にはできるようになっている」という状況が、日常茶飯事です。

まだ早いかな? と思っても、実際に野山に連れ出してみると、想像以上に頑張れるケースがあります。

逆に、「これくらいならチョロいだろう」と見積もっていた行程が、子どもにとっては意外にハードだった、という場合もあるでしょう。

正確に見積もるために、子どもたちが、現時点で、どの程度の行程に耐えられる体力が付いてきているのか把握する必要があります。

 

2. 向き不向きを把握する

その子の持つベーシックな体力と、山登り時の体力は、別物だと考えたほうがいいです。

子どもの性格にもよりますが、低年齢の場合、「気分が乗らないとちっとも歩かない」というケースが多々あります。

逆に、ふだんはちっとも歩かなくても、野山に入ると豹変して元気になる子もいます。

うちの子たちの場合、5歳の娘は、あまり文句も言わずにせっせと歩きます。

歩きながら、あっちこっちにイタズラしたり、道ばたのもので遊んでいたり、飽きないせいかもしれません。

野山に入ると、今度は、障害物を乗り越えて進むのが楽しいようで、まったく苦にしません。
trekking-03

 
trekking-02一方、3歳の息子は、舗装路ではちっとも歩きません。すぐに「だっこ!」という感じです。

が、野山に入るとやたら楽しそうに走り回り、急に疲れ知らずになります。

怖いのは、本人が嫌がってるのに、無理やり歩かせて、トラウマになってしまうケースです。

我が子が山登りを楽しめる体勢になっているかどうか、確かめる必要があります。

 

 

3. 野山歩きに慣れさせる

上記2つのポイントを読めば、わかると思うのですが、デビューでいきなり険しい山に連れ出すのは、やめた方が無難です。

とりあえず、近所にある、気軽に歩けるハイキングコースで、様子を見るべきです。

もう一つ重要なのは、大人でさえ、野山歩きには慣れが必要だという事実です。

私は普段から登山をしているわけではないので、富士山クラスの山に挑戦する前には、必ず愛鷹山に登って、事前準備をしています。

富士山初登頂の前には、金時山や大山にも登りました。

実際にトレッキングをしてみることで、野山歩きの際の体の使い方を思い出せますし、現在の体の調子や、限界も把握できます。

子どもだって同様で、普段から山歩きをしていない子を、いきなり険しい山に連れ出すのは、危険です。

1回2回練習することで、転んだり、足を踏み外したりする失敗が、大幅に減ります。

 

トレッキングデビュー前には必ず練習を!

山登り練習デビューにおすすめなのが、こちら。

幼児の山登り練習に最適!「JR北鎌倉駅〜浄智寺〜源氏山公園〜化粧坂切通〜小町通り〜JR鎌倉駅」ハイキングコース

もちろん、鎌倉である必要はありません。

だいたいこのくらいの難易度、距離であれば、子どもたちに無理させることなく、大人たちも過度な負担になることなく、楽しめると思います。

それと、近所であることも重要です。

「はるばる遠くまで来たのに」という思いがあると、子どもを必要以上に頑張らせてしまう危険があります。

せっかく自然の中へ行くのだから、楽しい思い出にしたいですね。

2511月

幼児の山登り練習に最適だった!「北鎌倉〜源氏山公園〜化粧坂〜小町通り」コース

2歳、3歳くらいからの幼児や、小学校低学年のトレッキング(山登り)練習のデビューに最適な、鎌倉のお気軽ハイキングコースを紹介します。

JR横須賀線で北鎌倉駅まで行き、浄智寺の脇を抜けて山道へ入り、源氏山公園、化粧(けわい)坂を経て、JR鎌倉駅まで歩きます。

距離は3〜4km程度。所要時間は、幼児の足でも2時間くらいで済みます。

最後は小町通りを歩くので、鎌倉グルメを食べたり、鎌倉土産を買ったりもできる、カジュアルなコースです。

 

1. JR北鎌倉駅でトイレを済ませる

JR横須賀線で、北鎌倉駅まで行きます。

北鎌倉駅に到着したら、(東京方面からの場合は線路を渡って)駅前の通りに出ましょう。
genjiyama01

左手に歩いて行くのですが、すぐに公衆トイレがあります。
genjiyama02

幼児の場合、ここで必ずトイレを済ませます。

源氏山公園に到着するまで、小一時間ほど、誰でも自由に使えるトイレはありません。

鎌倉方面に歩いて行くと、間もなく『鉢の木』という料理屋が見えてきます。
genjiyama03

『鉢の木』の前には、『明月院前』というバス停があります。
genjiyama04

ちなみに、『明月院』は、あの “あじさい寺” の明月院ですが、ここが最寄りのバス停というだけで、近くにはありません。

コースとは関係ない方向へ歩いて5分、10分というところなので、寄り道はちょっと難しいです。

『明月院前』バス停の横断歩道を渡ります。

浄智寺の案内板があるので、脇道へ入っていきます。
genjiyama06

 

浄智寺の脇を通過して、山道へ

すぐに浄智寺の前に出ます。
genjiyama-01

歩道が狭い鎌倉ですが、脇道に入ると、車通りがほぼなくなるので、子どもたちものびのびできます。
genjiyama-02

浄智寺の脇を通過して、山の方へ向かいます。
genjiyama-03

数百メートル進むと、周囲の景色も寂しくなり、未舗装の階段が現れます。

いよいよ山道へ入ります。
genjiyama-06

 

幼児にはちょっとした探検! 山道歩き

山道は、大人にとっては大したことはありません。
genjiyama-10

ふと下を見ると、民家が見えたりします。
genjiyama-07

でも、幼児くらいの子どもにとっては、背たけよりも高い斜面や、
genjiyama-16

よじ登らないと乗り越えられないような、木の根の障害物が立ちはだかって、ちょっとした冒険、探検です。
genjiyama-08

山登りの練習のデビューには、最適ですね。体力的に持つかどうかもあるんですが、こういう山道が好きかどうかがわかるのが、いちばん大きいです。
genjiyama-09

5歳の娘は障害物を乗り越えるのが楽しくてたまらないといった感じ、もうすぐ3歳になる息子は、舗装路ではグダグダだったのに、山道に入ったら見違えるほどはしゃいで、楽しそうに歩いていました。
genjiyama-15

 

源氏山公園に到着。お昼休憩にもGood

山道を抜けるのは、30分もかからないと思います。
genjiyama-17

葛原岡神社前に出ます。

このあたりで、お弁当を広げてもいいと思います(スペースがあります)。
genjiyama-18

頼朝像方向へ進むと、源氏山公園です。
genjiyama-19

ここで左手へ。
genjiyama-20

途中に、おおきな楠(クスノキ)があります。

胴回り2m80cm!
genjiyama-21

頼朝像前広場。

芝生なので、のんびりできます。

子どもたちの体力が持つようであれば、ここまで来てからお弁当にしてもいいですね。
genjiyama-24

化粧(けわい)坂切通から鎌倉市街へ

源氏山公園から、山を下りていきます。

頼朝像から少し引き返して、ここを左手へ(右手が頼朝像方向)。
genjiyama-22

化粧坂切通です。

なかなか険しい。

ここも子どもたちにとっては、楽しいエリアです。
genjiyama-25

間もなく、住宅街へ出ます。
genjiyama-26

帰りは、せっかくなので、小町通りで遊んで帰りましょう。

鎌倉グルメを味わったり、お土産を買ったりしてもいいですね。

1010月

子ども用の高機能レインコートがあると、大雨でもレジャー・アウトドアが楽しい。マジで。

子育て中のファミリーは、休日に雨が降ると、行動が大幅に制限されてしまい、うんざりしますよね。せっかく企画していたレジャーも、中止せざるを得ないケースが、多々あります。

問題は、たとえポンチョを着て、傘を差していたとしても、服が濡れてしまうことです。びしょびしょになってしまえば、子どもは嫌がりますし、風邪をひくんじゃないかと心配にもなります。

おまけに、雨具を着けていると動きにくいし、動き回ったら動き回ったで、蒸れて気持ち悪くなります。半日のレジャーどころか、ちょっと買い物に出るくらいでも、ストレスが半端ではありません。

 

高機能レインウェアがあればすべて解決

実は我が家では、秋のカヤック遊びに向けて、子どもたちにも、ちょっといいレインウェアを買ってあげました。
rainwear_02

大人のトレッキング用にも遜色ない、高機能なやつです。

もともと私は、ゴアテックス素材のレインウェアを持っており、富士登山に使っていたので、質のいいレインウェアの快適さは、よく知っていました。

それでも実際に子どもたちに着せてみると、その威力に驚かずにはいられませんでした。

1000円で買えるポンチョと違い、値段は5000円〜10000円くらいはしますが、買って大正解でした。

 

大雨のディズニーランドで傘なしで元気に走り回る子どもたち

台風が関東を直撃する前日、このあいだの日曜のことです。暴風圏には入っていないものの、台風の影響で雨雲の動きが活発で、1日本降りの雨が降り続いていました。

我が家は鹿島アントラーズの昔からのファンなのですが、折り悪くこの日、メインスタンド6列目の良チケットを買ってしまっていたので、雨の中をカシマサッカースタジアムまで出かけました。
rainwear_04

また、試合観戦後は、帰り道なので、例によって東京ディズニーランドに寄り道しました。
rainwear_13

どっちも、子どもたち、高機能レインウェアのお陰で、へっちゃらなんですよ。

特に東京ディズニーランドでは、大雨でガラガラの屋外アトラクション(スタージェットやグランドサーキットレースウェイなど)を、ほとんど貸し切りで満喫してきました。
rainwear_12

おまけに、ワンス・アポン・ア・タイムの抽選を見事に当て(中央2列目の絶好ポジション!)、20:50の公演を観て大満足で帰ったのですが、さすがに夜遅いので疲れてはいたものの、雨が原因でグズることは一切ありませんでした。

3歳の息子なんか、傘も差さずに、暗くなってもずーっと走り回っていました。
rainwear_15

 

ゴアテックス、オムニテック、ハイドロブリーズなど高機能素材3つの利点

なぜこのようなことが可能かというと、防水透湿素材の恩恵なんです。ゴアテックス、オムニテック、ハイドロブリーズなど、各社さまざまなブランドがあります。

第一に、安物のポンチョやレインコートと比較すると、桁違いの防水性能があります。

大雨の中をほとんど丸一日、サッカー観戦、テーマパークと夜まで動き回ったのに、子どもたちの服は一切濡れていませんでした。ゆいいつ、袖口だけが湿っていましたが、これは手首回りから浸入してしまうためで、防水性能の落ち度ではありません。

第二に、ものすごく薄く、軽いです(幼児用の場合、上下で200gちょっと。収納ケースにしまうと、すごく小さくなります)。

だから、子どもたちに着せても、ストレスがまったくと言っていいほどないようです。実際、うちの子たちは、普段着でいるときと同じように、飛んだり跳ねたりしています。

第三に、蒸れません。これが防水透湿素材の「神」な点で、外側では完璧に雨をシャットアウトしつつ、汗など内側の湿気は外に逃がすんです。

おかげで、子どもたちがどんなに走り回っても、レインウェアの内側は快適なまま。これ本当に、着用してみれば一発でわかるんですけど、安物のレインコートとはまったく違います。

 

子ども、幼児、キッズ用のおすすめレインウェア

こうした高機能レインウェアは、トレッキングアイテムで実績があり、信頼できる専門メーカー製を選ぶのが安心です。安い買い物ではないですしね。

しかも、幼児用サイズとなると、扱っているメーカーも限られてきます。

私も様々にリサーチしたんですけど、「コロンビア」と「モンベル」のレインウェアが、機能的にも、デザイン的にも、一番良さそうだと判断して、購入しました。

 

(コロンビア)Columbia ユースグラスバレーレインスーツ

まず、5歳の娘が着ているのは、Columbia製の「ユースグラスバレーレインスーツ」です。110サイズから140サイズの展開です。
rainwear_09

こちらの防水透湿素材は、オムニテック。
2014-10-10_1537

フードには、クリア素材のバイザーがついていて、深くかぶっても視界を確保できます。娘は気に入ってました。
rainwear_08

足首にはマジックテープが付いていて、しっかり締められるので、長靴さえ履いていれば、足元はまったく濡れません。靴下は一切濡れていませんでした。
rainwear_10

チャック付きのポケットもあります。
rainwear_11

 

モンベル(mont‐bell) クレッパー Kid’s

続いて、3歳の息子が着ているのは、mont-bell製の「クレッパー Kid’s」。こちらは90サイズから160サイズまで幅広く展開しています。
rainwear_07

mont-bellらしいカラーリングで、息子のお気に入り。背後には、夜間に光るテープのラインがあります。
rainwear_06

防水透湿素材は、ハイドロブリーズ。
2014-10-10_1546

フードの形状が機能的で素敵です。形が立体的に保たれるので、風さえ強くなければ、傘なしでもかなり雨を防げるようです。
rainwear_05

 

3年で買い換えるつもりで

こうした高機能レインウェアを買う際の問題は、子どもがすぐに大きくなってしまう点ですよね。

今回、ワンサイズ上の物を意識的に取り寄せましたが、まあまず、3年以上同じものを着せるのは、かなり難しいでしょう。

5000円〜10000円で3年を、高いとみるか、安いとみるか。
※兄弟がいれば、お下がりを着てもらえば、下の子の分は浮きますが……

うちはもう5歳と3歳で、しかもレジャーにアウトドアにと積極的なほうなので、間違いなく元が取れます。

雨天時の行動力が飛躍的に上がるのは事実なので、ライフスタイルと相談して、ぜひ検討してみてください。

実は、通勤通学、保育園の送り迎えなんかにも、すごく役立ちます。個人的にはかなりおすすめです。

308月

3歳〜の幼児連れでカヤックデビューできちゃうイベントを企画しました。

■日程
2014年10月12日(日)〜13日(月・祝)

■場所(カヤック)
静岡県榛原郡川根本町 長島ダム(接阻湖)
大井川鐵道井川線 ひらんだ駅周辺
奥大井接岨湖カヌー競技場

■スケジュール
【1日目】
集合 川根温泉笹間渡駅 10:00(遅れてもOK)
古駅舎を改装したカフェ『ひぐらし』
珈琲と手作りパン&ピザ。カフェ内からSLを見る!

千頭駅へ移動 11:30

千頭駅発 12:28
大井川鐵道井川線(あぷとライン)で南アルプスユネスコエコパークの自然を満喫!

閑蔵駅着 14:00
(バスに乗換)
閑蔵駅発 14:10

千頭駅着 14:40

宿泊場所に移動

【2日目】
朝食

カヤック 10:00ひらんだ駅前

温泉であたたまる!&昼食
『もりのいずみ』

お茶農家さんで、特産品の川根茶をお土産に!

解散

■参加料金
カヤック代金(カヤック・備品レンタル、保険料を含む)
大人4,000円
3歳〜小学生3,500円

宿泊代金
空き家:数千円程度(調整中ですが、格安です)

■持ち物
濡れてもいい服装、帽子、着替えなど
※カヤックの道具や、ライフジャケットは、持参不要です

イベント詳細、申込みは、こちらから。

幼児3歳〜OK! ファミリーでカヤック遊びデビュー&奥大井の豊かな自然を満喫しよう

締め切りは9/10(水)です。

TOPページ サイトマップ 更新履歴