1810月

祖父から譲り受けた高級・望遠ズームレンズ|AF NIKKOR 80-200mm f/2.8 ED (1988-1992) レビュー


祖父から、大口径・望遠ズームレンズ『AF NIKKOR 80-200mm f/2.8 ED』を譲り受けました。DXフォーマットのD7000での使用感、実際に撮影した画像を紹介します。

発売していたのは1988年〜1992年と、もう20年前。しかしながら、さすがにNIKKORの高級レンズ、素晴らしい写り具合です。

80-200f2.8_02

 

AF NIKKOR 80-200mm f/2.8 ED (1988-1992) 概要

『AF NIKKOR 80-200mm f/2.8 ED(1988-1992)』は、オートフォーカス機能付きの80-200mm f/2.8レンズとしては、もっとも初期のタイプです。

Nikon 80-200mm f/2.8 AF

特徴は、ズームが(回転式でなく)直進式であるということ、三脚座がないということ、AF速度が(現在のAF-Sレンズと比べると)やや遅いということ、最新レンズと比べれば逆光に弱い点が上げられます。

一方で、上記サイトでは、「現在売られているものと変わらない最上級の光学を持っている」と評価しています。

Optically this lens is unsurpassed and the same optical design is still sold today.

中古品の実売価格は3〜4万円程度だと思われます。

 

使用感(重さ、オートフォーカス速度、ズーム操作)

 

重さ

重さは1,270g。現行の『70-200mm f/2.8 VR II』が約1.5kgある事実を考えると、このクラスの大口径・望遠ズームレンズでは軽いほうです。

DXの汎用望遠ズームレンズ『AF-S DX NIKKOR 18-200mm f/3.5-5.6G ED VR II』(565g)と並べてみました。
80-200f2.8_04

持ち歩いてスナップ写真を……というのはまず無理な重さではありますが、運動会や、イベントなど、撮影だけに専念できる状況であれば、個人的にはぜんぜん問題ないですね。

三脚座はないので、重さが気になる方は注意。
80-200f2.8_03

ちなみに、当然ながら手ブレ補正機能はついていません。シャッタースピードには気を配る必要があります。1/400程度確保できれば充分でしょう。日中の屋外ではまず問題ありません。

 

オートフォーカス

オートフォーカス速度は、AF-Sレンズと比べると、やはり遅いです。ただ、これは慣れの問題だと思います。昔はこれでプロも撮影していたわけですからね。下でサンプルを乗せていますが、かなり動きの激しいダンサーでも、きちんと補足できています。

 

直進式ズーム操作

ズーム操作は、回転式でなく、直進式です。トロンボーンのように前後させてコントロールします。割と抵抗感があって重いので、回転式とどちらが使いやすいかは好みでしょう。

 

逆光耐性

オールドレンズの宿命で、逆光環境には弱いようです。個人的には逆光環境ではまず使用しないので、最新レンズとの比較はできていません。

 

サンプル

カメラ:D7000
レンズ:AF NIKKOR 80-200mm f/2.8 ED
設定:ISO100 200mm(フルサイズ換算300mm) -0.3EV f/2.8

撮影対象/東京ディズニーランド『ミニー・オー! ミニー』
※クリックで拡大します
af_nikkor_80_200_f2.8_sample06

af_nikkor_80_200_f2.8_sample01

af_nikkor_80_200_f2.8_sample07

af_nikkor_80_200_f2.8_sample08

af_nikkor_80_200_f2.8_sample10

af_nikkor_80_200_f2.8_sample09

af_nikkor_80_200_f2.8_sample11

af_nikkor_80_200_f2.8_sample03

af_nikkor_80_200_f2.8_sample02

af_nikkor_80_200_f2.8_sample04

af_nikkor_80_200_f2.8_sample05

 
比較の為に『AF-S DX NIKKOR 18-200mm f/3.5-5.6G ED VR II』で撮影した画像も置いておきます。

カメラ:D7000
レンズ:AF-S DX NIKKOR 18-200mm f/3.5-5.6G ED VR II
設定:ISO100 200mm(フルサイズ換算300mm) 0EV f/5.6

撮影対象/東京ディズニーランド『ミニー・オー! ミニー』
DSC_7264

DSC_7456

DSC_7398

DSC_7747

拡大してみるとよくわかりますが、やはり、大口径『AF NIKKOR 80-200mm f/2.8 ED』のほうが、解像感に勝るのはもちろん、肌色の美しさが段違いですね。

3万円台で、モノの状態が良ければ、買って損のないレンズだと思います。現行の手振れ補正付き『AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8G ED VR II』のほうが優れているのは間違いないですが、実勢20万円はします。当分は購入できる見込みがないケースであれば、検討に値します。

【関連記事】
Nikon 単焦点レンズ AF-S DX NIKKOR 35mm f/1.8G レビュー | Photo Gallery of Keiichi Yorikane

デジタル一眼レフカメラ用おすすめストラップ | Photo Gallery of Keiichi Yorikane





Share this Story
記事はいかがでしたか?
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (7 件の評価, 平均 4.29)
Loading...




寄金佳一 デジタル販売記事
urepia-banner3のコピー writing-bannerのコピー



話題の記事





最新記事はSNSをチェック

TOPページ サイトマップ 更新履歴