47月

富士山の自然を満喫したいならおすすめ|須走ルート(須走口登山道)2013ガイド


富士山の須走口登山道は、吉田(河口湖)口や富士宮口とは違い、樹海から荒々しい火山の素顔まで、富士山の大自然をフルコースで満喫できる登山道です。五合目の標高が2,000mとやや低いことから、混雑も比較的ゆるく、じっくりと富士登山を味わうことができ、おすすめです。





須走ルート(須走口登山道)の特徴

・2014年は40日間のマイカー規制あり
・五合目の標高2,000m(富士宮口の2,400m、河口湖口の2,300mと比べると低い)
・富士宮口、河口湖口と比べると、混雑がゆるい
・約1,700mの高度を、約7kmかけて登る
・初心者の場合、休憩を含め、登頂まで7時間、下山3時間が目安(僕は2回目で登頂5時間半、下山2時間半)。
・五合目は樹海。六合目あたりで森林限界となり、荒々しい岩場・砂礫に変わるため、(登山者の少なさもあり)富士山の自然をフルコースで満喫できる
・登山は他ルートと比べてこれといった難所はなく、比較的に楽
・下山は「砂走り」がメイン。砂地とはいえ大きめの石がゴロゴロしている。脚力のある男性なら駆け下りられる。逆に女性や子供、シニアにとっては難所になる

 

五合目(標高2,000m)

世界文化遺産登録後、初の山開きをうけ、2013年7月2日にさっそく登ってきました。個人的には2回目ですが、やっぱり須走ルートは富士山のさまざまな表情が見られて素敵だと思ったので、紹介したいと思います。

なお、所要時間は登り5時間半、下山2時間半でした。目安としてラップタイムも書いておきます。

午前4時30頃。平日とはいえ、駐車場にはそれなりに車が駐まっていました。ただ、溢れている車はいなかったので、混雑はそれほどではないですね。
fuji_subashiri_trails01

五合目、須走口登山道の入り口。菊屋と東富士山荘があります。
fuji_subashiri_trails02

ここから6.9km、310分の表示。おそらく休憩なしでの所要時間です。
fuji_subashiri_trails03

古御岳神社の参道をすすみ、いざ出発。本殿右奥から本格的な登山道へ。
fuji_subashiri_trails04

静かな樹海の中を進む。空気がうまいし、心が落ち着く。が、はやる心を抑えきれずにペースを上げてしまうと危険。息が切れずに登れるペースを見つけて、ゆっくり黙々と。
fuji_subashiri_trails05

しばらく行くと視界が開ける場所も。
fuji_subashiri_trails06

徐々に明るくなってきました。
fuji_subashiri_trails07

このあたりの樹木は、みんな斜面に斜めに生えています。強風のせい? 不思議な光景。
fuji_subashiri_trails08

 

六合目(2,400m)

六合目の長田山荘。五合目から1時間10分。ここまで撮影で立ち止まったのみで、休憩は一切していません。
fuji_subashiri_trails09

fuji_subashiri_trails10

水分補給だけして、すぐに出発。まだ樹海を出たり入ったりの道が続きます。
fuji_subashiri_trails11

しばらくすると視界が完全に開け、山頂までくっきり見えるように。
fuji_subashiri_trails12

すでに雲の上。五合目は濃い霧が出ていたんですが、快晴。気持ちがよくて、最高に気分が乗ってきます。
fuji_subashiri_trails13

fuji_subashiri_trails14

 

本六合目(2,700m)

本六合目の瀬戸館。六合目から30分で到着(トータル1時間40分)。
fuji_subashiri_trails15

背後には山頂がドン! 長時間休憩はせず、おにぎりを1個だけ食べて出発。
fuji_subashiri_trails16

このあたりで明らかに高木が見当たらなくなってきます。森林限界でしょう。
fuji_subashiri_trails17

fuji_subashiri_trails18

 

七合目(3,090m)

七合目の太陽館へ到着。本六合目から45分(トータル2時間25分)。やはり長時間休憩はせず、水分補給と軽食のみ。
fuji_subashiri_trails19

登山道が岩場から砂礫メインへ変わります。
fuji_subashiri_trails22

標高が3,000mをこえてきたこともあり、そろそろ高山病のリスクを頭に置いておく必要が出てきます。呼吸は、腹筋を使って深く吐き切る。胸の中の空気をすべて出してしまうことで、自然に新鮮な空気を多く取り込めるからです。
fuji_subashiri_trails20

fuji_subashiri_trails21

 

本七合目(3,200m)

本七合目の見晴館。七合目から55分(トータル3時間20分)。
fuji_subashiri_trails23

fuji_subashiri_trails24

fuji_subashiri_trails26

ここでトイレ休憩。富士山のトイレはすべて有料です。
fuji_subashiri_trails25

 

八合目(3,350m)

八合目の下江戸屋。本七合目から30分(トータル3時間50分)。“皇太子殿下御宿泊所”の文字。昭和63年だそうで、皇太子は現在(平成)の天皇陛下のこと。
fuji_subashiri_trails29

fuji_subashiri_trails28

この八合目前後がかなりキツイ。砂地が柔らかく、傾斜もかなり急なので、踏みしめた足場が崩れてしまい、なかなか登っていけません。
fuji_subashiri_trails30

酸素の薄さが本格的にこたえ始めます。一歩一歩、ゆっくり着実に進むしか方法はありません。なんとか本八合目に到着。
fuji_subashiri_trails31

 

本八合目(3,400m)

本八合目には、胸突江戸屋とトモエ館があります。八合目からは20分(トータル4時間10分)。ここで吉田ルートと合流します。土日の場合は一気に登山者が増える可能性大。
fuji_subashiri_trails32

fuji_subashiri_trails33

残り1.3kmです。ここまで順調に来られて、高山病も問題ければ、登頂も見えてきます。

 

八合五勺(3,450m)

八合五勺の御来光館。本八合目から30分(トータル4時間40分)。7月2日時点では頂上の山小屋が営業していなかったので、ここが最後のトイレでした。
fuji_subashiri_trails34

山頂まで残り900m……ですが、ここからが厳しいです。空気が薄く、筋肉系の疲労も蓄積してきているので、一歩一歩が本当に重い。
fuji_subashiri_trails35

fuji_subashiri_trails36

fuji_subashiri_trails37

 

九合目(3,600m)

ついに九合目。八合五勺から35分(トータル5時間15分)。ここには山小屋はありません。
fuji_subashiri_trails38

山頂まで400m。
fuji_subashiri_trails39

最後の試練。岩場に突入です。段差が大きいので、一歩登るごとに5秒くらい休まないと、肩で息をするハメになります。それくらい空気が薄い。
fuji_subashiri_trails40

鳥居をくぐれば山頂に到着!
fuji_subashiri_trails41

 

富士山頂で見られる景色

九合目からは30分。今回はトータル5時間35分でした。山頂には浅間大社奥宮があります。
fuji_subashiri_trails42

須走・吉田ルート付近の山頂部全景。
fuji_subashiri_trails43

雲海。
fuji_subashiri_trails44

噴火口! これは感動しますよ。
fuji_subashiri_trails45

お鉢めぐりで見られる景色。
fuji_subashiri_trails46

fuji_subashiri_trails47

fuji_subashiri_trails100

 

下山道

須走ルートは、基本的には下山専用道があります。山頂から八合目まではブルドーザー道を通ります。
fuji_subashiri_trails48

fuji_subashiri_trails49

八合目〜七合目は登山道と重なる部分もあるものの、七合目からは砂走りです。
fuji_subashiri_trails50

砂走りとは言え、大きめの石がゴロゴロしているので、駆け下りるにはそれなりの脚力が必要です。たぶん足を痛めているんだろう人や、シニア世代を中心に、前に進めなくなって座り込んでいる人も見かけました。女性や子供も厳しいケースが多いと思います。
fuji_subashiri_trails51

fuji_subashiri_trails52

砂払い五合目。山頂からは2回の休憩を入れて2時間です。
fuji_subashiri_trails53

吉野屋は建て替え?の最中でした。なぜか犬が座っていたので、おもわずパチリ。
fuji_subashiri_trails54

さらに30分ほど下ります。途中からは登山道と合流。
fuji_subashiri_trails55

五合目の入り口、古御岳神社が見えてきました。
fuji_subashiri_trails56

出発時は開いていなかった本殿の扉が開いていました。
fuji_subashiri_trails57

ちなみに、砂走りを駆け下りてくると、こんなに汚れます。今回、デジタル一眼レフカメラを持って行きましたが、これはやばいと思い、途中でしまい込んでしまいました。
fuji_subashiri_trails58

【こちらの記事も一緒にどうぞ!】
初心者が日帰り富士登山を成功させるために最低限必要な準備・装備品リスト15





Share this Story
記事はいかがでしたか?
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (4 件の評価, 平均 4.75)
Loading...




寄金佳一 デジタル販売記事
urepia-banner3のコピー writing-bannerのコピー



話題の記事





最新記事はSNSをチェック

TOPページ サイトマップ 更新履歴