ソーシャルイノベーション

2011月

こどもたちが商店街で売り子に!『asobi基地 x 商店街 お店屋さんに変身!』レポート

2013年11月17日(日)に開催された、asobi基地 x あそび道場コラボ企画『リトルアキナイ at ウィロード山王商店街』に参加してきました。

こどもたちが、大森のウィロード商店街で、果物やパン、お団子、蕎麦などを販売する売り子になりました。

こどもたちにとって自己実現や社会勉強の場となるのはもちろん、商店街側にとっても活力が生まれ、様々な可能性が感じられた好企画でした。

1459723_618161218229580_194371565_n

 

リトルアキナイ写真レポート!

仕掛人は町田佳路さん。ウィロード山王商店街の方と、今回の企画を実現するために奔走。
little_akinai05

今回お手伝いするのは、お蕎麦屋さん、スーパー(果物販売)、和菓子屋さん、カフェ(パンやタルト)、美容室(アクセサリー)、アキナイ山王亭(さんまご飯、そば米汁)の6店。

まずは、こどもたちの役割決めのくじ引きから。asobi基地の小笠原舞さん。
little_akinai06

little_akinai07

販売担当が決まったら、POP広告のデコレーション。思い思いに、絵を描いたり、色を塗ったり。
little_akinai10

little_akinai08

little_akinai09

いよいよウィロード山王商店街へ出て、販売準備開始。割と近い範囲だし、チームにそれぞれ保育士が付くので、親としては安心です。
little_akinai12

ドキドキ。
little_akinai13

little_akinai11

little_akinai23

ぶっかけ蕎麦チームは、お蕎麦屋さんに作り方を教えてもらいます。じーっと眺めるこどもたち。
little_akinai15

お客さんが来た!
little_akinai18

little_akinai22

本物のお金のやりとりをするなんて、初めてだよねぇ。緊張の一瞬。
little_akinai14

little_akinai20

堂々としたもんです。
little_akinai19

ぶかっけ蕎麦チームは、ちょっと難度が高い作業。
little_akinai02

はじめて売れた! とこの笑顔。
little_akinai17

お仕事が終わったら、ご褒美をゲット! リトルアキナイ銀行券です。
little_akinai24

 

こどもたちの充実した表情がすべてを物語る

少々個人的な話になりますが、我が家では、親の役割は、学問や知識を教えることより、“社会” や “世の中の仕組み” を見せることだろうと考えています。

極端に言ってしまえば、学問や知識は、本人が興味を持ちさえすればいくらでも身につきます。でも、社会を知れるかどうかって、環境の影響が大きくて、独力ではなかなか難しいんですよね。

小中高・大学と、教育機関では、基本的に社会との接点がありません。就職活動の段階になって、いきなり社会の壁にぶち当たる、という仕組みになってしまっています(蛇足ですが、就活で自殺者が出るというのも、うなずける話)。

何が困るかというと、社会の中に自分の居場所を想像するのが難しいことなんです。

※詳細は以前書いているので、お時間のある方はどうぞ
僕が子供を仕事に連れて行きたい5つの理由

というわけで、我が家では、『リトルアキナイ』のように、こどもたちが世の中の仕組みを体験できるイベントは、待ってました!! という感じでした。

上記の写真を見ていただければわかるとおり、こどもたちは楽しく社会勉強ができていました。

加えて、やはりこどもたちにとっても、本物のお金をやりとりするというのは、かなり印象的だったようです。販売体験を終えたあとの、満足げな表情が、すべてを物語っていました。

参加後の親御さんたちが、Facebookのイベントページにさかんに感想を寄せていたのも、イベントの満足度の高さと、こういった企画が求められている事実を物語っているように思います。

 

お金を説明するのって難しい!

ちなみに帰り道、4歳の娘に、「もし絵を描くのが得意だったら、絵を描いて、その絵がほしいという人に、お金を出して買ってもらえるんだよ」という話をしました。

まずは、自分が好きなことや、得意なことを見つける。価値を提供できれば、お金はもらえる。

こういったことを実感を持って伝えられる機会って、普通に生活していたら、そうそうありません。

4歳の娘は「じゃあ、一緒に絵を描いて」と言い出しました。「なんで?」「だって、うまく描けないんだもん」。

それはそうですよね、4歳で得意なスキルなんて、なかなかあるもんじゃないないです。

「でも、今日はお蕎麦の作り方を教えてもらったでしょ? お蕎麦屋さんのお手伝いをして、お金をもらうことができるよね」

これもまた事実。知っているか知っていないか、スキルがあるかないかで、お金をもらう方法もあります。

 

商店街がいっそう明るく賑やかに

もう一つ、すごく印象的だったのが、商店街の様子でした。

こどもが売り子をやっていると、つい立ち止まって見てしまうんですよね。
little_akinai21

微笑ましいですもんねー。

ウィロード山王商店街は、平成24年度の第8回東京商店街グランプリで準グランプリに輝いているそうで、日曜日の午前中でもけっこう人通りがありました。もともと元気な商店街のようです。

その中でも、こどもたちの存在は際立っていました。

「ふだんは決まったものしか買わないけど、子供たちが販売しているんならちょっと見てみるか」という人が、けっこういたのではないかと思うんです。

また、販売体験後のこどもたちの充実感溢れる様子や、感想を知れば、次は積極的に協力しようと考える地域の人が必ず出てくるはずです。

地域活性という意味でも、とても可能性を感じます。

地元の商店街でもやってほしいなぁ。問題は新しいことに積極的にチャレンジしようとする若いコミュニティがあるかどうかですね。

ともあれ、次や、そのまた次に、心から期待したい好企画でした。

 
【仕掛人である町田佳路さんのサイト】
ウルサイ株式会社 | Keep on making noise!

【asobi基地ホームページ】
asobi基地 オトナもコドモも平等な場所

1810月

【11/2】子育てファミリー必見。廃材を “配財” に変える注目プロジェクトがasobi基地とコラボレーション!

地域産業の廃材を “配財” にかえ新たなビジネスモデルを創造する「配財プロジェクト」が、小笠原舞さんの「asobi基地」とコラボレーション。ふうせんの配財(廃材)で、子どもたちと一緒にマスコットをつくるワークショップが開催されます。

 

「町工場から出る廃材は決して廃材ではない配財なのです」

東京スカイツリーのふもと、下町・墨田は、都内有数の “もの作り” の町。

工場数は大田区についで都内2位だそうですが、墨田区の面積は大田区の1/4しかないのだとか。しかも8割が、従業員9人以下の企業。まさに町工場のメッカです。

同区内の工場数は約4,000。まち工場で有名な大田区は約5,000だが、墨田区の面積は大田区の4分の1。その密集度は大田区をはるかに凌ぐ。

墨田区地域振興部 石井秀和氏|導入事例集|ユーザ紹介サイト:Infinite-Ideas

区内産業は、全産業のうち、製造業の占める割合が多く、様々な業種の製造業が集積し、大都市東京における多種多様な需要に対する日常生活関連用品等の供給地となっています。規模では、従業員数が9人以下の企業が8割を超える小規模ないし家内工業的な工場が主体となっています。

人が輝くまち 墨田区公式ウェブサイト

こうした町工場につきものなのが、製造過程で発生する廃材。通常は産業廃棄物となります。

これを「ECOで楽しくポジティブに」活かしていこう、と、町工場の若手後継者を中心に立ち上がったのが、「配財プロジェクト」です。

一般社団法人「配財プロジェクト」のホームページには、こうあります。

町工場から出る廃材は決して廃材ではない配財なのです。

と。

 

廃材が見事な万華鏡やハンコに!?

「配財プロジェクト」のホームページに、写真がたくさんあります。

地域産業の「廃材」を「配財」にかえる! 一般社団法人配財プロジェクト

クリックするのさえ面倒な方のために、ちょっとだけキャプチャしますけど、

2013-10-18_1232

2013-10-18_1233

どうですか。

見事なもんでしょう。

ホームページはこちらです。

 

asobi基地とコラボレーション。風船の廃材でマスコットづくり

この「配財プロジェクト」のもの作りワークショップが、小笠原舞さんのasobi基地とのコラボレーションで開催されます。

子どもたちと一緒に作るのは、風船の廃材を利用したマスコット。

こちらに作品の写真がありました。

ふうせんマスコットWS in 杉並 |地域産業の「廃材」を「配財」にかえる! 一般社団法人配財プロジェクト

これはおもしろそう。

4歳以上の子どもがいるファミリーは、スカイツリー散策がてら、遊びに行ってみてはどうでしょう。3歳以下の弟妹は、asobi基地でも遊べるそうですよ。

 

イベント概要

日時:2013年11月2日(土)13:00〜16:00
会場:墨田区立中和小学校 体育館

参加費:大人1人+子ども1人 2,000円
(それ以上は大人も1歳以上の子どもも1人あたり500円追加になります。)

参加条件:小学生となっていますが、4才以上の子どもは参加可能です。
※なお、兄弟姉妹で3才以下のお子様がいる場合には通常のasobi基地を設置しておりますのでそちらで遊べます。

参加家族数:40家族限定

持ち物:4才以上の子どもは、ハサミとボンドの持参をお願いします!

申し込み方法:
asobikichi2012@gmail.comにイベント名、参加人数、こどもの年齢、連絡先をお送りください!

4才からOK!asobi基地 x 配財プロジェクト@小学校体育館

1110月

実践者・現場主義者は迷わず進め。常識に囚われて歩みを止めるな!

「理由はよくわからないけど、なぜか●●するとうまくいく」みたいな、経験上の知恵ってありますよね。仕事でも、社会貢献活動でも、趣味でも、なんでもそうです。どういうわけか、偶然と呼ぶわけにはいかない確実性がある。

昔から、“職人の勘” とか “洞察力” とか “直感” と言われてきたものです。

これらって、ともすると軽視しがちですよね。優秀な人ほど、「機能する理由がわからないのは、分析を怠っているから」と考えるはずです。

常識的には、物事を細かく分割し、丁寧に分析していけば、(対象が大きければ労力が必要かもしれないが、最終的には)結果が出た理由を理解できると考えられています。

でも、田坂広志・著『まず、世界観を変えよ――複雑系のマネジメント』では、これがすばらしく明快な理屈で否定されてます。

まず、世界観を変えよ――複雑系のマネジメント

田坂 広志 英治出版 2010-01-29
売り上げランキング : 134645

by ヨメレバ

しかし、実は、「複雑な問題」は、それを小さな部分に「分割」し、どれほど徹底的に「分析」しても、その解決策は見つかりません。

なぜなら、この世の中には、一つの冷厳な「法則」があるからです。

物事が複雑になっていくと、「新たな性質」を獲得する。

その法則です。

それゆえ、物事を「分析」するために、それを小さな部分に「分割」すると、その瞬間に、獲得された「新たな性質」が消えてしまうからです。

これは僕は、めちゃくちゃ納得しました。というか、大興奮ですね。たぶん、経営者やリーダー、現場主義の方、実践者ほど、「そうか、だからだったのか!」と溜飲を下げるはずです。

例えば地域おこしで、「どこそこでこんなお土産が流行っているから」と真似をしてみたけど、ちっとも売れない。成功しているマーケティングを流用したのに、思うような成果が出ない。

こういうのって、分析が足りずコピーが不十分だから失敗しているわけじゃないんです。同じ部品を使えばまったく同じものが完成する、という機械的世界観が間違っているんです。

物事が複雑になっていくと、「新たな性質」を獲得する。

物事を「分析」するために、それを小さな部分に「分割」すると、その瞬間に、獲得された「新たな性質」が消えてしまう。

相乗作用とか、シナジーとか呼ぶものを軽視してはいけない。副産物などではなく、むしろ本質なんです。

これら “複雑系” となった物事や組織は、さながら生命みたいなもの。コントロールできるような代物じゃないんですね。

帯にはこうあります。

「分析ではない。洞察をせよ。」

この本、まちがいなく、数年間は僕のバイブルになります。

まず、世界観を変えよ――複雑系のマネジメント

田坂 広志 英治出版 2010-01-29
売り上げランキング : 134645

by ヨメレバ

810月

こんな場所があったらいいね! への第一歩|『asobi基地 期間限定カフェ』レポート

『asobi基地 期間限定カフェ』2日目(10/6)に家族で遊びに行ってきました。写真を中心に、当日の様子を紹介します。

asobi基地 オトナもコドモも平等な場所

親子でいろんな体験が出来る「期間限定asobi基地カフェ」がOPEN!(小笠原舞) – READYFOR?

『asobi基地 期間限定カフェ』は、READYFOR? での資金調達に成功して実現した企画です。今までasobi基地は、あちこちへ出張して開催してきました。

一方で、いつでも開かれていて気軽に立ち寄れるasobi基地が地域に一つあれば、子育てを取り巻く環境は大きく前進するはずです。

「asobi基地」とは、子どもにとっては用意された環境の中で自由に表現することができて、大人にとっては子どもについて知ることができたり、誰でも気軽に育児の相談ができたり、いつでも安心して本音で話し合うことのできるコミュニティです。

https://readyfor.jp/projects/asobikichi2

こんな場所があったらいいね! を実現するための第一歩として、様々な人々とつながったり、運営のための経験・ノウハウを蓄積したりするために、期間限定でのasobi基地カフェ開催となりました。

 

3F+屋上の構成が素敵

『asobi基地 期間限定カフェ』の場所は、東急東横線「学芸大学」駅より徒歩数分の「studio CAKE」。1F、2F、3F、屋上までを貸し切っていたため、空間に広がりがあり、40組前後の家族がいたはずですが、窮屈さをまったく感じなかったのが印象的でした。

加えて、1Fはカウンター席とテーブル席が置かれたカジュアルな飲食店風、2Fはソファーが置かれたおしゃれなカフェ風、3Fは子供たちの遊び場とはっきり性格が分かれています。

1Fでのホットケーキづくり。
asobikichi_cafe46

2FでのじゃりんこサンシャインLIVE。
asobikichi_cafe06

3FでのHIP HOPダンスのワークショップ。
asobikichi_cafe20

屋上での絵の具遊び。
asobikichi_cafe61

子供たちは(屋上をのぞき)縦横無尽に駆けまわるのですが、1Fの出入り口にしっかり人がいてくれるので、親としても安心して過ごすことができます。「あっちへ行っては危ない! こっちへ行ってはダメ!!」と叱る必要がありません。

そのあいだに親同士で話をしたり、子育ての情報交換をしたり、あるいは専門家に育児相談をしたりということができます。

縦の空間の広がりは、各階に誰かしらいてもらえないと目が届かないデメリットがある一方で、子供たちにとっての楽しさ、親にとってのゆったり感・のんびり感、スペースの使い分け等の点でメリットがあると感じました。

 
10:00〜17:00のオープン時間でしたが、イベントが盛りだくさんでした。

<タイムテーブル>
10:00 open

10:45~11:25 アートワークショップ
ゲスト sense  https://myspace.com/sensepeace

11:30~12:10 じゃりんこサンシャイン(asobi基地音楽部専属アーティスト) LIVE
https://sites.google.com/site/jarincosunshine/

12:15~13:10 サラダづくり

13:15~14:00
<こどもプログラム>
kids HIP HOP
IKKO

Dancer IKKO(メイクのIKKOさんじゃないよ♥)のプロフィール|Ameba (アメーバ)

<大人プログラム>
こどものための井戸端会議
ゲスト NPO法人申請中 オトナノセナカ

トップ | オトナノセナカWeb

14:10~15:15  おやつづくり
(ホットケーキ焼いてチョコペンでデコレーション)

15:25~16:25 屋上にて絵の具タイム

17:00 close

我が家が到着したのは11:00過ぎだったので、ほどなくして「じゃりんこサンシャイン」のライブが始まりました。
asobikichi_cafe02

asobikichi_cafe03

asobikichi_cafe04

asobikichi_cafe05

こどもたちが周りをちょろちょろしているのがいいですよね。(笑)

続いてサラダづくり。子供たちはエプロンに三角巾をして一列に並びます。
asobikichi_cafe09

asobikichi_cafe11

asobikichi_cafe12

asobikichi_cafe13

サラダと一緒にランチを食べたあとは、HIP HOPダンス教室。
asobikichi_cafe17

asobikichi_cafe19

asobikichi_cafe21

asobikichi_cafe27

asobikichi_cafe24

asobikichi_cafe31

asobikichi_cafe32

このあと、オトナノセナカの仕切りで、親同士による対話の時間も設けられました。

おやつはホットケーキ。チョコペンで自由にお絵描き。
asobikichi_cafe45

asobikichi_cafe47

asobikichi_cafe48

最後に、子供たちが待ちに待った絵の具遊びの時間!
asobikichi_cafe53

asobikichi_cafe56

asobikichi_cafe58

asobikichi_cafe65

asobikichi_cafe66

うちの子供たちは完全燃焼だったようで、帰り際も笑顔。グズることなく「またねー!」とさよならができました。

近所にこんな場所があったらいいね! としみじみ。

子育て中の方はぜひ、機会があったらasobi基地へ遊びに行ってみてください。

 
【小笠原舞さんによるレポート】
親子でいろんな体験が出来る「期間限定asobi基地カフェ」がOPEN!(小笠原舞)asobi基地カフェ1日目! – READYFOR?

親子でいろんな体験が出来る「期間限定asobi基地カフェ」がOPEN!(小笠原舞)asobi基地カフェ2日目! – READYFOR?

 
【今後のasobi基地】
asobi基地 » イベント告知

29月

【10/5, 10/6】次なるステップへの第一歩! asobi基地が期間限定カフェを開催

asobi基地の代表・小笠原舞さんにインタビューしたとき、「asobi基地カフェをやりながら、子育てをするのが夢」だと語ってくれました。

3年後には「asobi基地カフェ」をつくりたいと考えています。まずは既存の場所をお借りして、「期間限定asobi基地カフェ」を実施します。

親子でいろんな体験が出来る「期間限定asobi基地カフェ」がOPEN!(小笠原舞) – READYFOR?

今まではあちこちに出張する形でasobi基地をやっていたわけですが、「いつ行ってもasobi基地がある!」という固定的な場所も必要とされていると感じているのだと思います。

でも、継続的に運営していくには、場所や人の確保、運営ノウハウなど、さまざまなハードルがあります。そこでまずはクラウドファンディングで資金を募り、見事達成。2013年10月5日(土)、6日(日)の2日間限定で、asobi基地カフェがオープンすることに決まりました。

【募集要項】
asobi基地 » 10/5(土)、6(日)asobi基地 期間限定カフェ

子育て中の家族はもちろんのこと、こどもに関わる仕事につく予定の方、こどもや子育て支援コミュニティを形成する企業、行政、NPO関係者の方、興味深く楽しいので、ぜひ参加してください。

Facebookのイベントページによると(1日目2日目)、現時点で残り定員は20家族弱とのこと(各日40家族限定)。

いつもの調子だとすぐに埋まってしまうので、申込みはお早めに。我が家は2日目に参加します!

TOPページ サイトマップ 更新履歴