バスツアーで酷い目に遭ったのでバスツアーの長所と短所を整理してみた


先日、入間基地航空祭にブルーインパルスを見に行ってきたんですが。利用したバスツアーで酷い目に遭いまして。

せっかくだから、バスツアーの長所と短所を整理してみたいと思います。だって、長所はすぐに実感できるけど、短所は酷い目に遭わないとわからないもの。

 

バスツアーの長所

1. 運転しなくていい

これは車で出かけるケースの多い我が家としては、けっこう感動的でした。

遊びに行って疲れると、帰りの運転なんて眠くて仕方ないですしね。そもそも、運転するだけで疲れわけだし。体力的な面では非常に楽ができました。

電車での移動と比較しても、目的地まで乗り換えをする必要がなく、座席が保障されているので、かなり安心感があります。

 

2. 初めての場所でも、現地まで道に迷う心配がない

初めての場所へ行くのって、けっこうプレッシャーがあります。

車であれば、カーナビがある時代とはいえ、渋滞予測を勘案しながら経路を調べ、到着した先での駐車場の有無を調べ、と下準備は必須。

電車であれば、乗り換えが苦手な人もいるでしょう。

着いたら着いたで土地鑑がないわけで、現地での行動はなかなか気を使います。

その点バスツアーであれば、現地までさっと連れて行ってくれて、安心感がありました。仮にバスが道に迷ったとしても、正しい経路を見つけるのは運転手と添乗員の役目ですし。

 

3. 比較的スペースが広いので、楽ちん

バスの座席は、乗用車にくらべるとかなり広いです。天井も高く、圧迫感が少ない。

今回、4歳と2歳のこどもたちを連れて行きましたが、マイカーでの移動に比べて、かなりのびのびしていました。

長い時間の移動も比較的しやすいはずです。

 

バスツアーの短所

1. ツアー会社、添乗員の善し悪しに左右される

ツアー会社の口コミサイトとかって、あるんですかね。実感として、ツアー会社や添乗員の善し悪しに、かなり影響を受けると感じました。

今回のツアーでは、ツアー会社は最悪、添乗員はかなり質の高い気配りをしてくれました。

まず、入間基地航空祭後の帰りの待ち合わせ場所が、何の予告もなく変更されていました。もちろん、全員に一人ずつ連絡する手段なんかないと思うので、変更したら変更したで、元の待ち合わせ場所に誰か人がいてくれなければいけないのに、それも無し。

待ち合わせ場所に着いたのに、添乗員は見当たらず、呆然とするしかないわけです。さんざん歩き疲れていて、さらに疲れきった子供も一緒だったので、本当に困りました。

話を聞けば、同一のツアー会社から同じバスツアーがいくつか出ていて、「全員を集合させるために手狭だったので場所を変えた」というのですが。ちょっとねえ。

また、帰りのバスを停めてある場所が、集合場所から遠い。とにかく遠い。いまGoogleマップで検索してみたら、約800mはありました。普通に歩いて10分くらいでしょうか。当然、歩き疲れていたので、それ以上にかかりました。

そこにしかバスを停める場所がないのかというと、そうではないんですよね。すぐ近くにずらっと他のツアーバスが並んでいたので、単に場所を確保できなかっただけ。ツアー会社の手際の悪さにはグッタリしました。

こんな状況のなか、担当の女性添乗員さんはかなり頑張ってくれていまして、アテンドも上手だし、コミュニケーション能力も高かったんですよ。だから、本当に当たり外れだなと感じました。この方が全体を統括していたら、こんなめちゃくちゃにはならなかったはずです。

実際、他のツアーバスの乗客と合流したときに見ていたら、他の添乗員はかなりグダグダで、乗客から大声で文句を言われている始末だったんです。

 

2. 乗り合わせた人たちによって被害を受ける

バスツアーの場合、トイレ休憩、現地と、自由行動になる場面が必ずあるかと思います。で、集合時間を指定されるわけです。

が、土地鑑のない場所で、集合時間を守るのって、かなり難しいです。実際にやってみて、実感しました。

気をつけていても、ギリギリになってしまったり、ややオーバーしてしまったり。

世の中にはいろいろな人がいるわけで、当然、時間にルーズな人もいるわけです。どんな人と乗り合わせるか、もうこれは、完全に運です。

今回、連絡をせずに帰ってしまった、という人がいました。もちろん、確認できるまでバスは動けません。酷いもんです。(^^;;

集合が遅れれば、それだけ出発時間も遅れます。場合によっては観光地を飛ばしたり、帰宅時間が遅くなったりします。

 

3. 渋滞に巻き込まれると酷い

バスツアーは、道路が混雑していればお手上げです。

平日のツアーであればいいのですが、土日祝日や、連休のまっただ中だったりすると、ひたすら渋滞にハマり続けるしかなくなります。

マイカーであれば、寄り道して時間を潰して空いてから帰るとか、渋滞に疲れてしまったらレストランに入って休憩するとか、いろいろ方策があるわけですが、それができません。

もちろんトイレにもなかなか行けないので、水分摂取を控えるわけですが、これがけっこうストレスだったりします。うかつにビールなんか飲めませんよ。

 
以上、かなり個人的な経験ではありますが、バスツアーで酷い目にあった経験から、バスツアーの長所と短所を整理してみました。

うーん、個人的には、激混みが予想されるようなケースでは、二度と使いたくないですね。ややマイナーな観光なら、また違うのかもしれませんが。

参考にしていただければ幸いです。

記事はいかがでしたか?
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (まだ評価はありません)
Loading...


話題の記事