Tag: Twitter

73月

NPOや学生団体のための「Twitterで集客」を信じてはいけないシンプルな理由

「Twitterで集客」という文言を見たら、即座に怪しんでください。なぜなら、Twitterで投稿したリンクの平均クリック率(CTR)は多くの場合フォロワー数の3%以下であり、さらにその3%の人がアクションする割合(コンバージョン率)も数%だからです。

みなさんのツイートを熱心に見てくれるフォロワーが1万人いて、やっと数人が行動してくれる程度です。

 

1. Twitterでリンクがクリックされる割合はフォロワー数の3%以下

Twitterの投稿を見ただけで、イベントに参加したり、店に買い物に行ったりする人はほとんどいません。多くの場合、詳細の情報を確認するために、URLをクリックしてホームページ等へ移動し、納得のうえでアクションします。

Twitter単体で集客するのはほとんど不可能です。「ホームページやブログにコンテンツを用意し、Twitterで誘導する」のは大原則です。

GaiaXソーシャルメディア ラボの調査では、1ツイート当たりのクリック率は約3%というデータがあるそうです。

【データ公開】twitter、1ツイートで2万4000人の誘導効果も!?~1ツイート当たりのクリック率が3%と判明
1ツイート当たりのクリック率が約3% …

クリック率はツイートの内容や、時間帯、フォロワーの質によっても大きく左右されます。

例えば私の場合、2月トータルでリンクを70ツイートし、クリック数は698でした。1ツイートあたりのクリック数は約10回。フォロワー数が約900名なので、CTRは1%程度でした。

無名のNPOや学生団体の場合、数字はもっと低くなり、1%に届かないケースもあるでしょう。フォロワーが1万人いて、やっと100クリックされるくらいの肌感覚です。

 

2. 実際にアクションしてくれる人はもっと少ない

例えばイベントの集客にTwitterを利用すると想定します。

上記のとおり1万人のフォロワーがいて100クリックされたとすると、そのうち、1割が「絶対に参加したい!」と思ってくれるかもしれません。かなり甘めの想定ですが、魅力的なイベントであったり、常に注目を浴びている個人や団体の主催であったりすれば、無いとは言えないでしょう。

さらに、ちょうど都合がつき、会場へのアクセスが問題ない人が3割だったと仮定します。すると、実際にイベントへ足を運んでくれる人数は、

100 × 0.1 × 0.3 = 3人

つまり、30人集めようとすれば、約10万人のフォロワーが必要という計算になります。地方への集客だったり、ニッチなイベントであったりすれば、もっと条件は悪くなります。

どちらにせよ、フォロワー数が5桁に近づいてこなければ、目に見える成果を出すのは非常に困難です。

しかしながら、1万人を超えるフォロワーを持つアカウントは、全体の数%でしかありません。「Twitterで集客」を実現できるのは、極一部の限られた個人・団体・企業でしかないという事実を理解いただけたと思います。

 

それでもSNS発信を続けるべき

闇雲にフォロワーを集めて発信するだけでは、ほとんど効果が出ないのは、説明してきたとおりです。しかしながら、以上の悲観的な数字から、NPOや学生団体がTwitter発信をする意味が無いかというと、個人的にはそうは思いません。

例えばNPOでも、フローレンスの駒崎弘樹さんや、NEWVERYの山本繁さんは、Twitterでも高いCTR及びコンバージョン率を実現しているはずです。

これには大きく3つの理由があります。

 

意見や取り組みをオープンに発信

1つは、どちらも衆目を集める取り組みをしていて、その事実そのものや、頭の中にある考えを(ブログも含め)オープンに発信しているからです。発信を見て共感した人がフォロワーになってくれるというわけです。彼らが一般のフォロワーより遙かにアクションしてくれやすいのは言うまでもありません。

 

積極的かつ継続的な発信

2つは、積極的な発信を継続しているからです。ブログ記事単体を見て1回だけ共感した人と、継続して見ていて何度も共感した人では、当然ながら後者のほうがアクションしてくれやすくなります。

 

コミュニケーション

3つは、フォロワーとコミュニケーションしているからです。フォロワーとしては、ただ発信を見ているだけより、RTされたり、直接メッセージをもらったほうが、より共感を強めたり、注目度を高めたりします。

 

支援者や共感者との繋がりを強めるために活用しよう

まとめると、

  1. ブログやホームページをベースに、「意見」や「取り組み」を伝えるコンテンツを発信する
  2. コンテンツに共感してくれた人がSNSをフォローしてくれるように導線を整備する
  3. SNSでも「意見」や「取り組み」を伝える
  4. フォロワーとコミュニケーションする
  5. 積極的かつ継続的に発信し、フォロワーとの絆を強化し、共感の輪を広げる

ソーシャルメディアは情報流通プラットフォームです。Twitterだけでなにかをしようとは考えず、コンテンツを届けるためのパイプだと考えるべきです。

また、コミュニケーションツールでもあります。自身の意見をオープンに表明できたり、他人と気軽にやりとりできる利点があります。活動を支えてくれたり、取り組みに注目してくれたりしてくれる支援者、共感者との繋がりを強められるツールは他にありません。

フォロワーと良質な関係を築くことができれば、CTRやコンバージョン率が向上し、副産物的に集客はもちろん、コンテンツ拡散の起点として活用できるようになる可能性があります。

【関連記事】
Twitterで価値のあるフォロワーを確実に増やすたった3つのステップ

91月

著名人でない僕でも、1ヶ月でSNSフォロワーを300人増やせます。

当WEBマガジン『Handmade Future !』は、11月の半ばにスタートしたばかりです。12月度は約75,000PVを獲得できました。

2012年12月度運営報告|75,187PV、69,833UU、売上13,857円

中期的な展望では、半年〜1年で月間約30万PVを目標としています。そのための戦略として、当ブログの第一の評価指標を、ソーシャルプルーフの増大においています。

ソーシャルプルーフとは – はてなキーワード
あるものに対して賛同者が多くなるにつれて、そのあるものが信頼性を持つようになること。社会心理学の用語のひとつ。

つまり、サイドバー上部に表示されているTwitterとFacebookページのフォロワーを増やす、という明確な目的を持って運営しています。

※なお、アクセスの流入元という意味では、ソーシャルメディアに過度の期待はできません。なぜなら、投稿がクリックされる割合(CTR)は、平均1%がいいところだからです。クリックしてくれた1%の人のうち、さらに記事を気に入って何かしらアクション(RTや「いいね!」等)を起こしてくれる人数を考えれば、フォロワー数が5桁に近づいてこなければあまり意味がありません。

ソーシャルプルーフ増大を除いたメリットは、「記事をポジティブに捉えてくれた方がこんなにいる」という実感が得られる以外にないだろうと考えています。これはこれで、もちろんとても嬉しいことですけどね。

 

とはいえSNSのフォロワーを増やすのは意外に難しい

知名度の高い人、あるいは常に有益な情報発信ができたり、鋭い洞察の元に発信できたりする人を除けば、ソーシャルメディアのフォロワーを増やすのは困難です。経験上、ほとんどの有名企業でも大差ありません。(ノウハウがない場合には)お金を投じてキャンペーンを打つしか手段がないのが実情です。 企業のソーシャルメディア担当者は、常に頭を悩ませていると思います。

いくらツイートしても、ちっともフォロワーが増えていかない、というのは、一般人の誰しもの実感。もちろん僕も一般人の部類なので、普通に発信しているだけではフォロワーは増えません。それでも12月度には、TwitterとFacebookページを併せて、約300人の方にフォローしてもらえました。

2013-01-09_0601

Twitter約50人+Facebookページ約250人です。

※重複している方もいるはずですので、延べ人数です

 

記事直下でコール・トゥ・アクション

ソーシャルメディアをフォローしてもらうために、たった一つのことを徹底しています。各記事の一番下でのコール・トゥ・アクションです。

記事直下は、読み手が最もアクションしてくれやすい場所です。記事内容に共感してくれたり、メリットを感じたりしてもらえた場合は、なおさら行動してくれる可能性が高まります。

具体的には、ソーシャルメディアをフォローするメリットを添えつつ、フォローを呼び掛けます。

【フォローするメリットの例】
・当サイトでは●●についての情報をお届けします
・●●について発信しているのはソーシャルメディアだけです
・更新情報を受け取るにはTwitterが便利です
など

たったこれだけ。

あとは、読み手にとって何かしらメリットのある記事を、丁寧に量産していくだけです。

 

年間で考えれば数千人の増加

きちんとアクションを呼び掛けている限り、PVが増えれば増えるほど、着実にフォロワーは増えていきます。

1ヶ月300人でも、年間では3,600人の増加です。実際にはサイトの成長とともにフォローしてくれる方も増えていくので、場合によっては5,000人〜10,000人のフォロワーを獲得できる可能性もあります。

やるべきことは大した手間もかからず、シンプルです。ぜひ、コール・トゥ・アクションを実践してください。

2711月

Twitterで価値のあるフォロワーを確実に増やすたった3つのステップ

Twitterは、コミュニケーションをベースに、コンテンツ(テキスト、写真、ブログ記事等)を届けるためのパイプとなります。

ソーシャルメディアで影響力を発揮するには、パイプの数を増やすのも重要ですが、それ以上に「誰と繋がるか」が重要になります。あなたに無関心な人といくらパイプを築いたところで、あなたの発信に見向きもしてくれないからです。

あなたの考え方に共感してくれたり、あなた自身に興味を持ってくれたりする、価値のあるフォロワーを増やす方法を紹介します。

 

ステップ1 きちんと目的を見定める

何のためにTwitterのフォロワーを増やしたいのでしょうか?

情報発信は手段であって、目的ではありません。Twitterで発信をした結果、何かしらの成果を期待しているはずです。

まず考えるべきは、Twitterで情報発信をする目的です。ブログ記事への誘導でしょうか。コミュニケーションでしょうか。商品やサービスの販売でしょうか。

目的が明確になれば、理想的なフォロワー像が見えてきます。個人であれば、自分に興味を持ってくれたり、共感してくれたりする人。ビジネスであれば、商品やサービスに好感を抱いている人などです。

総じて言えるのは、無理に人数だけ増やしても意味がない事実です。あなたの行動や、あなたの商品&サービスに興味のないフォロワーは、あなたの期待に応えるような行動をする可能性が極めて低いからです。

単にフォロワー数を増やして満足したい人は、きっともっと労力が少なく、簡単な方法が存在します。情報発信を戦略的に考え、目的を達成するために、自分にとって価値あるフォロワーを増やしたい方は、ステップ2に進んでください。

 

ステップ2 自分を知ってもらう

自分自身(や商品&サービス、プロジェクトなど)に共感してもらうには、自分自身を知ってもらう必要があります。

ブログを書きましょう。

唐突ですが、Twitterのフォロワーを増やすために、ブログを書きます。

なぜ、ブログを書くなどという面倒をする必要があるのでしょうか?

理由は、第一に、ソーシャルメディアでの発信のみでは、広がりを生むのが困難だからです。第二に、見知らぬ誰かに自分の考えを理解してもらうために、140文字の連なりでは効率が良いとは言えないからです。

ブログ記事であれば、誰かに価値(役立つハウツーやケーススタディ、あなたしか発信していない希少な情報、楽しめるコンテンツなど)を提供しながら、自分の考えや価値観を知ってもらえます。

こういった、誰かを満足させられたり、課題を解決できたりする記事は、Google検索で上位に表示されやすくなります。インターネットが普及している日本全国、場合によっては全世界から、あなたのブログに辿り着く人が増えてきます。

 

ステップ3 記事下で行動を促す

ブログ記事を読んで、内容に興味を示したり、共感してくれた人は、あなたのソーシャルメディアアカウントをフォローしてくれる可能性があります。

Twitterのフォロワーの増やし方の王道として、「こちらから大量にフォローして、フォロー返しを狙う」という方法があります。が、これはあまり効率のいいマッチングの方法とは言えません。なぜなら、そのフォロワーが自分に共感してくれるかどうかは完全に運だからです。100人フォローして、10人がフォロー返ししてくれて、果たしたそのうちの何人が偶然にあなたに興味を持つでしょうか。

一方、ブログを読んで共感してくれた人ならば、心配は無用。ブログ経由でなければならないのは、自分自身(や商品&サービス、プロジェクトなど)に共感してもらってから、フォローしてもらうためです。

ここで必須なのは、記事の最後に、「フォローしてください」など行動を促すことです。

記事を読み終えたら、必ずどこかのリンクをクリックして、別ページへ遷移します。記事を読み終えて、内容に共感しているときに、「最新情報を必ずツイートしているのでフォローしてください」など、メリットを添えてアクションを促せば、フォローしてくれる確率が飛躍的に高まるというわけです。

厚かましいと感じる方、面倒な方、その両方の方と様々ですが、アクションを促す人は少ないのが現実です。アクションを促すかどうかで、「100か1か」というくらい結果が変わってきます。

実際、『Handmade Future !』のSNSアカウントは、記事下のコール・トゥ・アクションのみで、現在のようにたくさんの方にフォローしてもらっています。

蛇足ですが、サイドバーにソーシャルメディアのウィジェットを置いておくだけでは、ほとんど意味がありません。読者の視線がほとんど通らない場所だからです。ぜひ、参考にしてください。

1211月

宣伝しないで宣伝する無印良品の凄味

 

“押しつけがましさ”を嫌う人々に対する、無印良品の回答

大企業からセルフブランディングに関心がある学生まで、皆が喉から手が出るほどに知りたがっているのが「ソーシャルメディアをマーケティングに活用するにはどうしたらいいのか?」ということです。

露出最優先の旧来型の宣伝・広告手法は通用しないと気がつき始めました。情報が氾濫する昨今、ソーシャルメディアに限らず“押しつけがましさ”を嫌う人が増えてきています。この難問をブランディング戦略で鮮やかに解決してみせているパイオニアが、無印良品を展開する良品計画です。

 

とある日曜日の興奮

ブランチをとるためにフラッと入ったMUJI Cafeで、妻が何気なく『無印良品キャンプ場』の冊子を取ってきました。私は中をパラパラと見てすぐに、バッグに入れて持って帰るように頼みました。普段はチラシどころかポケットティッシュすら受け取らない私が珍しいことを言うと、妻は不思議そうに表情を覗き込んできます。

「なんで? 珍しいね」

つい身振り口調が大げさになるのを自覚しながら説明します。

「何が凄いって、これ。無印良品キャンプ場の冊子なのに、無印良品キャンプ場の宣伝ページが1ページもない」

「あーそうなのよ。わたしも、どこにキャンプ場の情報が書いてあるんだろう? って首を傾げちゃった」

 

セオリーの真っ向逆を行く冊子

もし自分が企業の営業担当者や広報担当者、あるいは地域活性プロジェクトに携わっている学生だとして、「キャンプ場に客を連れてこい」と言われたら、キャンプ場の良さを伝えようと努力しますよね。自然が豊かで、最新の設備があり、値段がリーズナブルかつ交通の便も良く、たくさんのイベントをやっていますよ、と。冊子を制作したら、まるで健康診断の結果のように詳細にキャンプ場のスペックが書き込もうとするはずです。

私の妻が求めていたのは、このような冊子でした。なぜなら、私たちは昨年の夏に無印良品キャンプ場の会員なったのに、妻が妊娠していたためにまだ一度も行っていなかったからです。妻はお目当てのキャンプ場がどんなところなのだろうと気になって冊子を手に取ったのに、キャンプ場の情報が一切載っていなかったので面食らったわけです。

表紙・裏表紙を含め16ページの小冊子 2011年12月発行/株式会社 良品計画

 

キャンパー向けではなく、アウトドア全般に好感を持つ潜在顧客向け

この冊子の謎を解く鍵は、タイトルにあります。見てのとおり、『無印良品キャンプ場』の文字は小さく、下手をしたら見落としてしまいかねない存在感です。シンプルな表紙には、代わりに大きく「外あそび」と印刷されています。もし表紙にデカデカと『無印良品キャンプ場』と記してしまったら、キャンプに関心がある人しか冊子を手に取りません。つまりこれは、キャンパーに限定せず、アウトドア全般に好感を持つ人へ向けた冊子なのです。潜在顧客を掘り起こす意図なのだと容易に想像できます。

ちなみに、私たちのようにすでに無印良品キャンプ場の会員であったり、もともとキャンプが大好きで趣味にしているという人には、わざわざこのような冊子を作成しなくとも、無印良品キャンプ場の存在さえ知らせれば(あるいは思い出してもらえれば)足を運んでもらえます。「無印良品キャンプ場、今シーズンもオープン」の一行広告でこと足ります(もっともこのように構えていられるのは、無印良品のブランドが確立しているからです。どんなキャンプ場なのかといちいち説明する必要がありません)。

 

一貫して「外あそび体験」の楽しさや豊かさを伝えている

しかも、かなりハイクオリティです。

2〜7ページは、無印良品南乗鞍キャンプ場の男性スタッフと、良品計画衣服雑貨部の女性社員が主役です。好青年が女性をもてなすというシチュエーションで、それぞれの視点から感想が語られます。二人はほぼ初対面という設定なのですが、写真では女性は常に柔らかな表情であり、文章では「自然に囲まれた非日常空間で、ほぼ初対面なのに打ち解けられた」と強調します。見ず知らずの男女の仲が一気に深まったと伝えているわけです。

8〜9ページはフリスビーチームの主宰者がフリスビーの魅力を語り、10〜11ページはカヤックでスカイツリーまで行ったという会社員が登場します。12〜13ページは会社員・家庭人・クライマーの3つの顔を持つ男性のある日のクライミングを紹介。14〜15ページはフリーライター・エディターの女性がアウトドアでウクレレを弾く楽しみに言及しています。

この間一切、無印良品キャンプ場の宣伝はありません。唯一2〜7ページは、無印良品南乗鞍キャンプ場が舞台になっていますが、写真で環境が知れるというのが精々のところです。

キャンプ場の情報が載っているのは全体の1/80のスペース

これは裏表紙の写真です。上部4/5には婦人用ぬくもりインナーの広告が入っています。そして最下部1/5に、やっと無印良品キャンプ場の情報が登場します。

全16ページある冊子の中で、裏表紙の1/5ほどの僅かなスペースに書き込まれているのが、キャンプ場について具体的に記載されているすべてです。

 

商品を買ったり、サービスを利用したりすることでどんな価値が得られるのかを伝える

良品計画の戦略は明確です。『外あそび』という冊子の最大の目的は、アウトドアに好感を持つ人にアウトドア体験の楽しさや豊かさを想起してもらうこと。そのためにアウトドアの楽しみ方を極めて上手に提案しています。

「最近、出掛けてないな」

「たまにはアウトドアで何かするか」

「ふうん、無印良品がキャンプ場を運営しているんだ」

こう思ってもらえれば、もうそれで充分。無印良品のブランドは圧倒的に浸透しています。好感を持っているファンは、自分から無印良品キャンプ場のホームページをGoogle検索して見つけるでしょう。「宣伝をせずに宣伝する」ブランディング戦略の完成です。

 

ソーシャルメディアでも同様の発信を

良品計画は、ソーシャルメディアでもお手本となるような発信をしています。つまり(『外あそび』冊子と同様に)、商品の宣伝を押し付けるのではなく、商品を購入することでどんな楽しみがあり、どんな利便があり、どんな価値があるのかを説明しています。ライフスタイルを提案し、ブランドの浸透に努め、人々の共感を獲得しています。

ソーシャルメディア活用に悩む方は、無印良品をお手本にするのがセオリーです。何を発信し、何を発信していないのか分析してみてください。

ただ、注意が必要なのは、ソーシャルメディア上だけで取り繕っても効果はないんですよね。ブランド形成とは、上辺を取り繕うことではありません。ソーシャルメディアだけで優等生発言をしておいて店舗に足を運んだら酷い接客だった、では愛想を尽かされ、むしろ悪影響なのは言うまでもありません。

TOPページ サイトマップ 更新履歴