107月

こどもと遊べる女の子は魅力的に見える


先日、4歳の娘と1歳の息子を連れて、3人でキャンプにチャレンジしました。ちょうど、数十人規模の学生の集団が居合わせて、おもに娘とよく遊んでくれました。

うちの娘は、お兄ちゃんお姉ちゃんが大好きなので、自分から輪に飛び込んでいってしまいます。

が、それにしても、仲間同士で遊んでいるのに、4歳の子供を受け入れる空気があったのには、素直に心が和みました。子供を2人抱えていると、手が回りきらないケースが多々あるので、すごく助かりましたし。

 

普通の女の子が子供と遊べると、ギャップ萌えする

で、ふと思ったのが「子供と遊べる女の子って、魅力的に見えるよね」ということだったりします。

もう少し具体的に言うと、高校生から大学生くらいのごく普通の女の子が、子供との接し方を知っていると、僕はギャップ萌えをするんです。美人な女性の30倍くらい、目を奪われます。

子供との接し方を知っているかどうかは、ほぼ100%経験の有無で決まります。もちろん、保育士の資格を取る勉強をしていたり、すでに母親だったり、日常的に子供と接する機会があるのなら、子供と遊べて当然です。

一方で、普通に生活していると、子供と遊ぶ経験ができません。大半は子供との遊び方なんて知らないはずなんです。

実際、10人いたら8〜9人は「どうしていいかわからない」という反応を見せるというのが、僕の実感です。

キャンプのときも、子供と遊ぶのがうまかったのは1人か2人で、その他の大多数は、この1人か2人に引っ張られていただけだったのが実情です。なるほどこうすればいいんだ、というお手本さえあれば、(子供が嫌いでなければ)子供と遊べるんですよね。

 

素の自分を出せる異性は魅力的

もう一つ好感を持ってしまう要素としては、その人の素顔(の一部)が見られるからなんだと思います。

子供と接する最大のコツは、素の自分になること。見栄や世間体に縛られて、格好付けているようでは、子供とうまい関係を築くのは困難です。子供の前とはいえ、ためらいなく素の自分を出せる人って、魅力的ですよね。

その人の素顔がカッコイイかどうかは、あまり関係ないんです。素顔が見られたという事実だけで、なんだか警戒心が解けて、距離感が近づいた気になるのが人間です。

 

同じ趣味を持った異性にグッとくるのと同じ

親になるまでは特に感じる機会はなかったんですが、親になった今は、かなりの頻度で「子供と遊べる女の子は魅力的」と思います。これは基本的には、同じ趣味を持った異性にグッとくるのと同じ理屈なんだと考えています。

たとえば男性なら、ギターを弾いたり、カメラが趣味だったりすると、音楽をやったり、カメラを構える女性に目を奪われる経験があると思うんです。しかもその姿が様になっていたりすると、特別な感情を抱きやすい。

子供と遊べるかどうかが経験で決まるということは、実はその人の感性や器用さに左右されます。1の経験から0.5しか学べない人もいれば、10を学ぶ人もいるわけです。その若さで子供との接し方を知っていると、つい共感してしまうんですよね。

だから実はこれ、話をわかりやすくするために、女子に絞りましたけど、男子も一緒です。一見、ちゃらちゃらしているように見えても、子供との遊び方がうまいと、「お、こいつはなかなかやるな」と思います。

 

実はそれだけ子育てのハードルが高くなってしまっている

女性は比較的、子供と遊ぶ印象がありますが、「子供が好き」の域を出ていなくて、うまく遊べないケースを多々見かけます。男性になるともう顕著で、ぜんぜん接し方がわからないか、ごく一部の子供と遊ぶのがうまい人か、両極端ですよね。

で、この人たちが、特に学ぶ機会もなく、そのまま親になるわけです。子育てに苦労して当然だし、パパの育児参加が議論されるような世の中になるわけなんです。

僕自身は、小学生から学生になるくらいまで、ボーイスカウトのような団体にずっと通っていたおかげで、いつの間にか子供との接し方を知っていました。

そう考えると、学生に子育てインターンシップを提供しているスリールさんなんかの活動は、やっぱり有意義だなぁと思います。

ワーク&ライフ・インターンとは? | スリール株式会社|自分らしいワーク&ライフの実現へ。

無理やり結論に持って行きますが、僕が人生のパートナーを選ぶなら、見た目や仕事でなく、子供との接し方を知っているかどうかを基準にしても悪くないと今では思います。ほぼ例外なく、子育ての満足度に直結しますから。

女性だけでなく、男性も同様に考えておくべきだと思います。「女性だから子育てがうまい」は100%幻想ですからね。確実に個人差が存在します。

Share this Story
記事はいかがでしたか?
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (1 件の評価, 平均 5.00)
Loading...




寄金佳一 デジタル販売記事
urepia-banner3のコピー writing-bannerのコピー



話題の記事





最新記事はSNSをチェック

TOPページ サイトマップ 更新履歴