Tag: nop

126月

ディズニーマニアのWEBライターを募集します(約10ヶ月振り2度目)

私がディレクターを務めている、ぴあ株式会社「ウレぴあ総研」の「D*MANIA」が、「ウレぴあ総研 ディズニー特集」へとリニューアル作業中です(ほぼ完了してます)。

名称は変わりましたが、制作チームは以前のままです。

特徴は、“ライター陣全員が、東京ディズニーリゾートの年間パスポートを持つほどのディズニーマニア” という点です。

好きこそものの上手なれ。

だってディズニー好きじゃなきゃディズニーの本当の魅力はわからないでしょ、魅力を理解していなかったら他人に伝えられないでしょ、というのが根本思想です。

 

運営規模拡大につき、ライター募集

リニューアルと同時に、ライターも募集します。

【ライター募集】「ウレぴあ総研 ディズニー特集」で記事を書きたいディズニーマニアを募集します!【未経験可】 – ディズニー特集 -ウレぴあ総研

旧「D*MANIA」スタート時に続き、約10ヶ月振り2度目です。

前回の募集時に参加してもらったライターは、9名います(公募以外に、こちらからお声掛けした方もいます)。

うち8名が、レギュラーメンバーとなり、現在も執筆を継続していただいています。

つまり「辞める人が多いので補充します」ということでなく、運営規模拡大による募集です。

「ウレぴあ総研 ディズニー特集」そのものは、ひとことで言って順調です。この1年で、PVは5倍、6倍の規模になりました。

ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社さんからも、期待していただいているようです。

部署にもよるのですが、たとえば映画『シンデレラ』では、映画メディアや、テレビ・新聞に混じって、監督インタビューの機会もいただきました。

【前編】『シンデレラ』監督インタビュー「なぜ今“シンデレラ”を実写化するのか?」 – ディズニー特集 -ウレぴあ総研

【後編】『シンデレラ』監督インタビュー「いつの時代も変わらない“ディズニープリンセスらしさ”とは」(1/2) – ディズニー特集 -ウレぴあ総研

「ウレぴあ総研 ディズニー特集」らしく、ディズニーファン、ディズニーマニアの立場から、価値のあるインタビューができたかな、と思います。

 

「●●なら、誰にも負けないくらい好き」を最重視

前回の募集時、ライター未経験かつ、ブロガーでもなかったメンバーが、2名いました。

この2名は、無事にレギュラーメンバーとなり、他ライターには書けない、個性ある記事を執筆していただいています。

とにかく「ウレぴあ総研 ディズニー特集」では、「ディズニーの●●なら、誰にも負けないくらい好き」が大切。

今回の募集でも、最重視します。

ただ、もちろん執筆技術も大切なので、今回は、全3回のWEBライティング講座(平日日中)への参加を条件としました。

都合の合わない方もいるかと思いますが、つまり “平日の日中に、フレキシブルに動ける” 方を求めている、という意味でもあります。

たとえば、TDRのプレスデーは平日ですし、ディズニーグッズを販売しているメーカーも、取材を受けてくれるのは平日です。

今後、別の条件で募集することもありますので、「どうしてもディズニーライターをやりたいけど、土日祝日しか動けない」という方は、次回以降の機会をお待ちいただければと思います。

 

「実績のあるブロガー」と「ライター未経験者」を募集

今回は、実績のあるディズニー・ブロガー、またはライター未経験者を募集します。

通常、商業メディアでは、こういった募集はできないケースが多いんです。

なぜなら、自前で育成する仕組みがない(あるいは余裕がない)からです。

で、結果として、すでに完成したライターの奪い合いになり、「もうどこにも有能な書き手がいない」となる。

でも「ウレぴあ総研 ディズニー特集」では、WEBライター育成のノウハウを持つ、私が、ディレクターです。

マーケティング担当者のためのWebライティング講座 – MAKEPO(マケポ)

マーケティング担当者のためのブログメディア運営 – MAKEPO(マケポ)

とにかく条件は、「ディズニーの●●なら、誰にも負けないくらい好き」という方。

文章に苦手意識がないことは当然ですが、人生をかけてもいいくらいのディズニー好きであれば、成長の機会はしっかり提供します。

 

プロライターとして自立したい、という方を歓迎

「好きなことを仕事にして食べていく」というのは、実現不可能な目標ではありません。

私自身、某エネルギー関連企業のまるで責任のない仕事(契約社員)を辞めて、約2年後には「ウレぴあ総研 ディズニー特集」のディレクターになっていました。

もちろん、簡単でもありませんが、必要なものはハッキリしています。

1.「好きなことを、どうお金に変えるか」というマーケティング視点
2. 誰かがお金を払ってくれるレベルのスキル

この2つです。

前者に関しては、ある程度の経験や、洞察力が必要です。

「好きなことを仕事にする」までは、誰でも簡単。それだけで食べていけるかどうかは、お金の生み出し方を知っているかどうかで決まります。

一方、プロとしてやっていけるだけのライティングスキルは、学ぶ機会を提供できます。

ぜひ、志は高く、「将来的にプロライターとして自立したい」という方に、応募していただきたいな、と思います。

58月

ディズニーメディアのライターを探しています。人生を賭けるくらい好きなら未経験もOK(募集を締め切りました)

私がディレクターを務めるディズニーメディア『D*MANIA』で、ライターを探しています。

条件は、ディズニーが本気で好きで、「●●への愛なら誰にも負けない」という自負があること。

●●は、ミッキーやドナルドなどキャラクターでもいいし、ダンサーでもいいし、ショー&パレードでもいいし、グッズでもいいし、東京ディズニーリゾートの経営・運営や、海外パークのうんちくでもOKです。

“年に1回は必ず行きます” レベルではなく、年間パスポートで通っています、平日に1人で余裕で遊びに行っちゃいます、という、いわゆるDヲタを求めています。

 

Dヲタであれば、ライター未経験もOK

上記のようなディズニーマニアであれば、ライターの経験がなくてもかまいません。文章を書くことが苦にならない前提ですが、必要なスキルアッププログラムの提供もします。

なぜなら、

ディズニーメディアのディレクターをやることになりました。

でも書きましたが、ディズニーの魅力を、本当の意味で伝えられるのは、心からディズニーが好きな人たちだけだと考えているからです。

D*MANIAは、「ディズニーを心から愛する人たちの手で、ライトなディズニーファンを、もっともっとディズニー好きにしてしまおう!」という、ディズニーメディアなんです。

なんだか、ワクワクしませんか?

D*MANIAは、Dヲタである、あなたの力を必要としています。

あなたの力がなければ、本当の意味での “ディズニーファンのためのディズニーメディア” は完成しないんです。

 

自分が愛するディズニーについて、記事を書いてください

みなさんには、ショー&パレード、キャラクター、グッズなど、「自分が愛するディズニー」について、記事を書いていただきたいのです。

  1. 混雑対策
  2. 裏ワザ
  3. パークレポート(たとえば現在であれば、雅涼群舞の混雑状況についてなど)
  4. スペシャルイベント初日の取材レポート
  5. 話題のグッズ&メニュー(ジェラトーニ、アナ雪、イベントごとのおすすめ)
  6. 海外パークなど、TDRに限らないディズニーのうんちく
  7. ディズニー関連アプリ&ゲームのレビューや攻略
  8. ディズニー映画&音楽に関するうんちく、レビュー

など、知りたい、読みたいと思うディズニーファンが大勢いる題材&テーマであれば、なんでもOKです。

※メディアは読者が存在しなければ成り立たないので、マーケティング視点から、切り口を相談させてもらうケースはあります。が、原則的に、自分が書きたい題材&テーマについてだけ、書くことができます

 

報酬はプロライターと同じ水準

報酬に関しては、私が個人で払うわけではなく、運営元である、ぴあ株式会社の支払いとなるため、ここでは詳細は書けません。

が、基本的に、未経験者でも、ぴあ株式会社のメディアで執筆するプロライターと、同水準で、お支払いできる予定です。

また個人的な意見ですが、ぴあ株式会社のライター報酬は、ライターとして有能でさえあれば、かなり優良です(有能であるライターの基準は、私のWebライティング講座の連載のこちらこちらを参照)。

興味のある方は、ぜひ直接お問い合わせください。

もちろん、ディズニーライターとして実績のある方のお問い合わせも、歓迎いたします。

※募集をいったん締め切りました。たくさんの方からの応募をいただき、ありがとうございました。募集再開は未定ですが、欠員発生、または運営規模拡大により、再募集する可能性もあります。当サイトでお知らせしますので、RSS購読いただくか、Twitterアカウントをフォローください。

32月

アジア初・きかんしゃトーマスSLが国内で走るんだけど、もう予約始まってるよ!

【2014/07/03 追記】
偶然、プレスツアーに参加できたので、記事を書きました。写真満載のレポートです。

リアル「きかんしゃトーマス」に子どもたちが大はしゃぎ! 大井川鐵道乗車レポート(1/5) – ハピママ*

 
また、ホームページを見ると予約がいっぱいなんですが、まだチケットゲットの可能性は充分にあります。
【トーマスSL】全日満席!? 本物の「きかんしゃトーマス」超人気チケットを予約する2つの方法(1/2) – ハピママ*

 
*****
 
知ってました? 静岡県の大井川鐵道で、アジアで初めて、きかんしゃトーマスの蒸気機関車が走ります。期間は、2014年7月12日(土)~9月28日(日)の、のべ43日間予定とのこと。

大井川鐵道株式会社 公式ホームページ |2014年夏、蒸気機関車の「きかんしゃトーマス」走行します!

大井川鐵道は、「きかんしゃトーマス」のマスターライセンスを保有する株式会社ソニー・クリエイティブプロダクツとの全面的なパートナーシップの下、「きかんしゃトーマス」の意匠をまとった、蒸気機関車の「きかんしゃトーマス号」を2014年の夏に日本で走行させることを決定しました。

当社が保有するC11-227にきかんしゃトーマスの意匠を施すことで、蒸気機関車の「きかんしゃトーマス号」を実現させます。このイベントは、きかんしゃトーマスの母国イギリスでは”Day out with Thomas”の名称で以前より実施されており、好評を博していますが、アジアで実現するのは初めてのことです。

走行開始は2014年夏を予定しており、新金谷~千頭を1日1往復します。未就学児を中心に全国のトーマスファンの子供たちに楽しんでいただくとともに、SLファンや鉄道ファンの間でも話題になるイベントを計画していきますので是非ご期待ください。

今後、随時ホームページ等で詳しいイベント概要などを発信していきますのでご覧ください。

日本初かと思ったら、アジア初なのか!

 

予約が始まってますよー!

予約は6ヶ月前の同日から。

つまり、夏休み&お盆の8/13なら、2/13から予約できるということ。

ちなみに、現時点で予約開始されている7月の土日は、もうすべて予約うまってます。

SL空席状況 SL運行情報

メールで申し込めて、10日前までキャンセル料がかからないはずなので、今のうちに申し込んでおいたほうがいいよ!

実は僕は、7月の連休に予約できましたー!

 

大井川はこんなところ

ちなみに、大井川流域に行った経験のない方へ。

すごくいい場所です。僕の心のふるさと。

蒸気機関車の始発駅となる大井川鐵道・新金谷駅。
ooigawa01

チケット売り場。ローカルです。
ooigawa02

蒸気機関車。2014年夏は、これがトーマスになるわけです。
ooigawa03

途中駅の家山駅にて。
ooigawa04

塩郷駅付近。吊り橋があり、撮影スポットにもなっています。僕は撮り鉄じゃないですけど。
ooigawa05

塩郷の吊り橋。かなり怖いです。子連れだと肝を冷やしすぎて、生きた心地がしない。
ooigawa06

見てくださいよ、この河原。
ooigawa07

魂が飛んでいってしまいそう。
ooigawa08

鮎釣りのおじさんたちしかいません。
ooigawa09

聞こえるのは蝉の声だけ。
ooigawa10

夏レジャーにすごくいいですよー!

1012月

2013年に学生が最も注目した働き方や情報発信に関する記事ベスト7

『Handmade Future !』の学生向け、働き方カテゴリの記事のうち、2013年に平均ページ滞在時間が最も長かった10記事を紹介します。

アクセス数ではなく、熟読された順にランキングにしました。

 

学生向け、ワークスタイル/2013年平均ページ滞在時間ランキング

1. 僕がフリーランスを天職だと感じるのは、我慢せずに自分らしく生きられている実感があるから

平均ページ滞在時間|00:07:13(1,298PV)

僕がフリーランスを天職だと感じるのは、我慢せずに自分らしく生きられている実感があるから

僕はワーク・ライフ・バランスという言葉が、いまいち好きになれないんですよね。なぜなら、バランスをとるということは、トレードオフで考える前提だからです。バランスを取るために両方を少しずつ犠牲にする、というニュアンスに聞こえる。

本当はみんな、仕事と生活のバランスを取りたいんじゃなくて、自分に向かない事象を可能な限り排除して、徹底的に自分らしく生きたいんです。

 

2. 「やってて楽しいこと」が少ない人は趣味を仕事にできない

平均ページ滞在時間|00:07:06(10,137PV)

「やってて楽しいこと」が少ない人は趣味を仕事にできない

ボールを投げて的(まと)に当てるには、2通りのアプローチがありますよね。1つは、もちろん、慎重に狙う方法。もう1つは、的を増やす方法。つまりたくさん的があれば、いい加減に投げても当たる可能性は高まるわけです。

趣味を仕事にするには、そもそもそれがお金になる水準であること、それからお金に繋げる手段を知っている(マーケティング感覚がある)必要があります。お金になる水準の趣味が多ければ多いほど、趣味を仕事にできる可能性が高まります。

結論は、徹底的に楽しいことだけをやれ、やるんなら全力で。

 

3. 心機一転。学生がブログを始めるべき7つの理由

平均ページ滞在時間|00:06:09(5,153PV)

心機一転。学生がブログを始めるべき7つの理由

ブログ歴15年の僕の経験から、今すぐブログを書き始めたほうがいいと思う7つの理由を紹介。「情報発信くらい、できなきゃまずい」という意識の学生向け。

 

4. 学生を立派な社会人に育てあげている大学は存在するよ。

平均ページ滞在時間|00:06:02(1,081PV)

学生を立派な社会人に育てあげている大学は存在するよ。

世の中では、「大学にキャリア教育なんかできない」と当然のように語られているんですけど、実際に学生を立派な社会人に育てあげている大学は存在するんです。

静岡県立大学経営情報学部・国保ゼミの事例を紹介。

 

5. [就職活動]仕事はやりがいや社風で選ぶな。ワーク&ライフスタイルを基準に選べ!

平均ページ滞在時間|00:04:45(4,344PV)

[就職活動]仕事はやりがいや社風で選ぶな。ワーク&ライフスタイルを基準に選べ!

就職・転職活動を十数年のあいだ経験してきた実感から言えば、“やりがい” “社風” “企業理念”などは、実際に働いてみなければわかりっこないです。インターンシップ → そのまま入社以外に、自分の希望する職場かどうか前もって知る方法はないと断言します。

やりがいや社風よりも、自分に合ったライフスタイルの職業かどうかで判断するのを、個人的にはおすすめします。

 

6. 17,200時間、地球約17周の無駄について。

平均ページ滞在時間|00:04:32(7,346PV)

17,200時間、地球約17周の無駄について。

通勤時間です。往復2時間の通勤を年間200日、22歳から65歳まで続けたら、17,200時間。40年ちょっと働いて、うち2年間に相当する時間は、通勤のためだけに費やされるんです。仮に片道40kmだとしたら、688,000kmの移動距離。地球約17周です。

僕はおかしいと思います。

 

7. 学生が10年後に成功できる2つのモデル

平均ページ滞在時間|00:04:00(2,825PV)

学生が10年後に成功できる2つのモデル

業界で上位数%のプロになるか、それとも自分だけの強味を持ったプロになるか。もちろん、専門家だけが成功の道だけではないので、これらが自分には合わないという可能性もあります。

ただ、未来がどうなるか誰にもわからない中で、この2種類ならば成功できるだろうと僕は考えています。

1012月

2013年総決算! 世の中に意見や思いをぶつけたら(良くも悪くも)手応えがあった記事ベスト10

『Handmade Future !』のオピニオン、政治、ソーシャルグッドカテゴリの記事のうち、2013年に平均ページ滞在時間が最も長かった10記事を紹介します。

大半の記事は、公開してもほとんど見向きされません。でも、これらは熟読してもらえた記事たちです。Web上で5分も10分もかけてじっくり読んでもらえたのなら、何かしら感じてもらえたはずです。

 

オピニオン、政治、ソーシャルグッド/2013年平均ページ滞在時間ランキング

1. 【前編】待機児童ゼロに潜むリスク|asobi基地・小笠原 舞 “女性の権利は語るのに「こどもにとって」は議論しない日本社会”

平均ページ滞在時間|00:09:30(20,990PV)

【前編】待機児童ゼロに潜むリスク|asobi基地・小笠原 舞 “女性の権利は語るのに「こどもにとって」は議論しない日本社会”

この記事を読んだ政治家がわざわざ連絡をくれる、と小笠原舞さんが言っていました。もうすぐ9000いいね!に届きそうです。

僕自身にとっても、大きな意味を持つ記事。現場主義でいい取り組みをしている人は、活動に心血を注ぐあまり、マーケティングがおろそかになりがち。

共感できる人の発信を、培ってきたスキルと経験でサポートする。こんな渾身の仕事を増やしていきたいですね。

 

2. 「検索の次」の時代が来る|Gunosyが神速で取り組むべき2つの課題

平均ページ滞在時間|00:07:12(7,510PV)

「検索の次」の時代が来る|Gunosyが神速で取り組むべき2つの課題

人によって、必要な情報、価値のある記事は違う。だから、情報流通にGoogle登場以来の革命が起きるとしたら、ある記事の価値を、検索エンジンが一律で評価するのではなく、個人それぞれの基準で評価できるようになったとき。

Gunosy単体に限って言えば時期尚早だったかもしれないんですけどね。でも、「検索の次」が見えたのは事実。未来を感じさせてくれただけでも、Gunosyを評価したいと個人的には思います。

 

3. 僕はこうして投票先を決めた。

平均ページ滞在時間|00:06:52(13,475PV)

僕はこうして投票先を決めた。

選挙権を得てから10年以上、一度も納得して投票できた経験がないんですが、はじめて納得できた(かもしれない)んです。政策ではなく「人」を最優先に判断する、という方法で。

津田大介さんのツイートのおかげで、(題材の割には)PV数も伸びてます。

 

4. 【後編】待機児童ゼロに潜むリスク|asobi基地・小笠原 舞 “一人では変えられない社会も、それぞれが自分事として取り組めばいつかシフトチェンジする”

平均ページ滞在時間|00:06:37(2,607PV)

【後編】待機児童ゼロに潜むリスク|asobi基地・小笠原 舞 “一人では変えられない社会も、それぞれが自分事として取り組めばいつかシフトチェンジする”

小笠原舞さんのインタビュー記事の後編です。前編で問題提起したうえで、じゃあ自身はどうやって課題に取り組んでいるのかを聞いています。

 

5. こどもたちが本来の力を発揮できる場! asobi基地@代々木公園レポート

平均ページ滞在時間|00:06:14(602PV)

こどもたちが本来の力を発揮できる場! asobi基地@代々木公園レポート

小笠原舞さんが代表をつとめるasobi基地のレポート。写真満載です。

 

6. 僕は若者に「選挙に行け」とは言えない|津田大介 – ウェブで政治を動かす!

平均ページ滞在時間|00:06:14(24,023PV)

僕は若者に「選挙に行け」とは言えない|津田大介 – ウェブで政治を動かす!

不完全なシステムなのに、まるで「投票さえすれば世の中を変えられる」かのように偽るのは、フェアじゃない。だから改善するべきなんじゃないの、という問題提起。

津田大介『ウェブで政治を動かす!』を読んで感じたことを綴っています。

 

7. こどもたちが商店街で売り子に!『asobi基地 x 商店街 お店屋さんに変身!』レポート

平均ページ滞在時間|00:05:53(494PV)

こどもたちが商店街で売り子に!『asobi基地 x 商店街 お店屋さんに変身!』レポート

こちらもasobi基地のレポート。ですが、今まで何回も参加していて、いちばんいい企画だったかも。もちろん写真満載です。

8位(下)の記事に繋がるんですけど、こどもたちには社会を実感してもらいながら育ってほしいんですよね。大学を卒業してから社会を知り始めるんじゃ、20代がもったいないから。

 

8. 尾崎豊のように窓ガラスを割ることなく、早くから自分らしく生きることに全力を注ぐために

平均ページ滞在時間|00:05:52(10,170PV)

尾崎豊のように窓ガラスを割ることなく、早くから自分らしく生きることに全力を注ぐために

コンビニ冷蔵庫に入って炎上した若者の問題に端を発して。彼らをバッシングする気になれない一方、社会のあり方が変わった今、社会を学ぶ過程を変えるべきなのかもしれないと親として思います。

早くから世の中の仕組みや多様性を見せ、自分らしく生きるためのスキルを教えることができれば、若者のうちから自分らしく生きることに全力を注げるんじゃないでしょうか。

 

9. ダイバーシティとは?|「多様性を受け入れる」とはマイノリティの意見をすべて受け入れて徹底的に妥協点を探ることではない

平均ページ滞在時間|00:05:32(2,584PV)

ダイバーシティとは?|「多様性を受け入れる」とはマイノリティの意見をすべて受け入れて徹底的に妥協点を探ることではない

マイノリティの存在は尊重されるべき。でも、多様性の名のもとに権利を口うるさく主張して、足を引っ張り合う窮屈な社会にはしたくないですね。互いの価値観の違いを認め合える社会が理想です。

 

10. Googleリーダー利用者は時代遅れ。勇気を持って新しいスタイルを模索するべき

平均ページ滞在時間|00:05:30(15,686PV)

Googleリーダー利用者は時代遅れ。勇気を持って新しいスタイルを模索するべき

“時代遅れ” と書いたので批判も多かったですね。ただ、マジョリティから見れば、RSSリーダーを使う人なんて「は? なんでそんな面倒なことやってんの??」なのは事実です。本当にRSSリーダーが必要なの? と立ち止まって考えるにはいい機会だったと思います。

僕自身、メディア運営に必要な分をのぞけば、よほど見逃したくない趣味の話題くらいしかRSSリーダーを使わなくなりました。

TOPページ サイトマップ 更新履歴