Tag: IT

105月

グノシーはスマホにプリインストールされてこそ真価を発揮できる

ニュースをパーソナライズして配信するサービスの『グノシー』が、auのスマートフォンにプリインストールされるようだ、というニュースが出ていました。 ※Gunosyは2014年3月にKDDIから出資を受けています。

グノシー、au夏モデル端末にプリインストール 一般ニュース機能をごっそり削除か | アプリオ

Twitterでは、「プリインうざい」という意見をけっこう見かけるんですよね。

私もいらないので、すごくよくわかるんですが。

ただ、グノシーのようなプロダクトには、これ以上のベストはないはずなんですよねー。

 

グノシーは検索キーワードを考えるのが面倒くさい人向けのプロダクト

実は私、昨年(2013年)の1月に、

「検索の次」の時代が来る|Gunosyが神速で取り組むべき2つの課題

革新的なプロダクトなので、称賛するのはイノベーターやアーリーアダプターですが、Gunosyを本当に必要としているのはアーリーマジョリティ&レイトマジョリティだという点は、意識する必要があります。

つまりGunosyは女子高生だとか、主婦だとかに使われるようになるべきプロダクトです。検索キーワードを考える手間が省けるのを手放しで歓迎する層こそ使ってもらえるようにするべきです。スマートフォンにパッケージとして組み込まれるくらいを目指してなんぼのモノでしょう。

スマートフォンにパッケージとして組み込まれるくらいを目指してなんぼのモノでしょう。」と書いております(そのとおりになったので、ちょっと嬉しい)。

「グノシーがイノベーターやアーリーアダプター向けのプロダクトではない」とはどういうことかというと、これはもうかなり初期の段階から開発元が明言していまして、

「これまでのネットでは、情報を検索する際に『キーワード』を考える必要がありましたが、これってネットリテラシーの高い人をさらに高くするためのやり方だと思うんです。『Gunosy』が目指すのは、必ずしもそうでなくて、普通の人でも有益な情報がすぐに得られる仕組みを作ることなんです」(関氏)
「精度高すぎ」と話題のニュースキュレーション『Gunosy』は、どんな設計思想で作られているのか?

そもそもグノシーの思想そのものが、検索キーワードを考えるのが面倒くさい(難しいと感じる)人向けのプロダクトになっているわけです。

だから、

こういった意見もあるんですけど、私は的外れなんじゃないかな、と思っています。

なぜなら、グノシーにとっては “スマホにプリイン” が、とりあえずのゴールと言いますか、本当の意味でのスタートラインだからなんです。

 

グノシーのauプリインストールに批判的なのはITリテラシーの高い層

グノシーがauスマホにプリインストールされると聞いて、反応するような人たちは、ITリテラシーの高い層だと推測できます。

たとえばうちの妻なんか、そもそもグノシーなんて知りませんからね。

こうした意見が出るのは、グノシーの登場をいちはやく好意的に迎えた過去があったからなんでしょうね。

でも、本当にグノシーの恩恵を受けられるのは、みなさんのようなITリテラシーの高い層ではなくて、アーリーマジョリティやレイトマジョリティだというのは、やはり事実でしょう。

だって、積極的に情報収集をする人たちにとっては、どんどん「使えないアプリ」になっていきましたよね。

 

市場の7割に必要とされるか?が本当の勝負

グノシーのようなプロダクトは、大げさに言えばGoogleやRSSフィードの代役になる可能性を秘めています。控えめに言っても、補助ツールにはなります。

目指すべきは、「Googleに肩を並べる」ような立ち位置なんです。

加えて、本当にグノシーの恩恵を受けられるアーリーマジョリティやレイトマジョリティは市場の7割を占めると言われるわけだから、やはりスマホにプリインストールが理想なんですよ。

もちろん、使わない人がいるというのはわかるんですけど(私もまず使いません)、

問題は、圧倒的大多数を占めるアーリーマジョリティやレイトマジョリティにとって、不要かどうか。

少なくとも開発元や、KDDIは、「アーリーマジョリティやレイトマジョリティに必要とされるはずだ」と判断しているわけです。

 

とはいえ……

ぶっちゃけ、成功するかどうかはわからないですけどね。

けっこう、見切り発車もいいところだと思いますよ。

「アーリーマジョリティやレイトマジョリティにはまだ早かった」という結果だってあるんじゃないでしょうか。

あるいは、「もう情報なんかイラネ」と元も子もない反応が返ってくるかも。

成功するにしても、失敗するにしても、情報爆発の時代の行く末を占う意味で示唆が多く、かなり注目です。

2912月

Facebookの終わりを語るのはまだ早い

Facebookが成し遂げたのは、“社会的アイデンティティをインターネット上に持ち込む” という偉業でした。社会的アイデンティティが確立されていない10代が、Facebookを好んで使わないのは、当然と言えば当然です。

社会的アイデンティティを持ち込める場としての、脅威となる競合が出てきていない現状、Facebookの終わりを語るのはまだ早い、というのが個人的な実感です。

 

10代で勢いが衰えるFacebook

Facebookはなぜ衰退したのか?そしてこれからのSNSとは? – GIGAZINE

確かにFACEBOOKが終わっていってるな: やまもといちろうBLOG(ブログ)

先日、Facebookで10代のアクティブユーザーが減少している、衰退の兆候ではないか、と話題になりました。

10代の間でメッセンジャー系のクローズドSNSがトレンドになっているのは事実です。

Facebookは、20代以上でまだまだ伸びしろがあるので、短期的にはアクティブユーザーを増やして行くでしょうが、5年後にどうなっているかは誰にもわかりません。凋落している可能性も充分にあるでしょう。

が、これをトレンドだけの話と見てしまうと、大切な部分を見落としてしまう気がします。

 

Facebook以前とFacebook以後

Facebookが日本で話題になり始めた2010年ごろを覚えているでしょうか。

当時、私たちは、「インターネット=匿名という意識の強い日本人には、実名性のFacebookは合わない」「Facebookは日本では普及しない」とドヤ顔で語っていました。

でも、アメリカが実名主義だったなんて事実はまったくなく、実際には、実名制への抵抗感以上のメリットを付与することに成功したからこそ、Facebookは(アメリカで)普及したんです。

このあたりについては、僕もむかし、書いています。

Ceron.jp – 好い加減に「Facebookの普及が遅れているのは日本人の匿名意識のせい」と言うのは止めよう – Leopard LAB

※記事を書いたのは2011年10月。以前運営していたはてなブログでのものなので、記事への反応は見られますが、記事そのものは読めなくなっています

「実名制への抵抗感以上のメリット」とはつまり、社会的アイデンティティをそのままインターネット上に持ち込める、ということです。

ちょっと元ネタを見つけられなかったんですけど、「Facebookでは偉い人は偉いままで、下克上は基本的に起きない」という内容をツイートしていた方がいました。これはまさに言い得て妙だと思うんですよね。

Facebook以前とFacebook以後では、世界中のインターネットで、大きな変化が起きました。

それまでは非常識と見なされていた、実名や社会的地位をそのままインターネットに持ち込む、ということが、当たり前になったんです。

これがFacebookが成し遂げた偉業です。

この点を忘れて、トレンドだけでFacebookを語ると、いろいろと見誤ることになる可能性があります。

 

Facebookの終わりを語るのはまだ早い

10代がFacebookを好んで使おうとしないのは、当然です。

なぜなら、彼らはまだ、社会的アイデンティティを確立していないからです。ただの学生か、どこの馬の骨かもわからない一人の若者にすぎず、社会では何も成し遂げていない人が圧倒的に多いでしょう。

一方で、社会に出てしばらく経った大人は、社会での居場所を獲得していきます。それをそのまま持ち込める場所は、今のところFacebookしかありません。

とすれば、10代が敬遠しているという理由だけで、Facebookが衰退すると考えるのは、早計でしょう。

もしFacebookが衰退するとしたら、Facebookの代わりになる、社会的アイデンティティを持ち込めるSNSが登場したときではないでしょうか。

個人的には、まだ、Facebookの終わりを語るのは早いという実感です。社会的アイデンティティを持ち込める場としての、脅威となる競合が出てきているようには見えないからです。

もっとも、栄枯盛衰の激しいWEB界隈ですから、半年後には状況が激変している、なんて事態も容易に考えられるのですが。

193月

RSSフィードを1/10以下にしても困らない私的理由

ちょっと体調を崩していて仕事の作業効率が悪いので、朝からRSSフィードの整理をしました。

先日、Googleリーダーの廃止を受けてこんな記事を書いたんですけど、

Googleリーダー利用者は時代遅れ。勇気を持って新しいスタイルを模索するべき

けっこう反発もあって、おもしろいことになりました。いろいろな意見がありましたけど、根底には「情報通な俺」というアイデンティティを失いたくない人たちの拒絶反応があるように感じました。

なぜなら、記事では、職業上の都合など必要があってRSSリーダーを利用するケースは肯定しています。単に「本当に自分にとって必要なのか自問してみるいい機会では」と問いかけているだけですが、「必要な人もいるんだよ」という的外れな反応が多く返ってきたからです(記事を読めばわかるとおり、必要なら特に言うことはないんですよね)。論外なんですけど、時代遅れだと信じようとしない人もいました。

 

RSS購読を整理して1/10以下に

僕個人としては、記事に書いたとおり、網羅的な情報収集を止めるつもりです。RSSフィードを整理した結果、購読しているフィード数は50ちょっとになりました。

内訳は、仕事上必要があるもの(FutureCenterNEWS JAPANのためのフューチャーセンター関連ブログ。ニッチ分野なので代替がきかない)が約15、地元を中心に政治家のブログ約15、サッカーやディズニーなど趣味でチェックしたいブログ&メディア約10、その他が友人知人のブログです。

これらは、ソーシャルメディアやキュレーションサービスで流れてくる可能性が極めて低く、なおかつ仕事上あるいは信条的理由でどうしてもチェックする必要のある情報です。現状ではRSSリーダー以外に選択肢がないだろうものたちです。

結果、流れてくる記事の数は1/10以下になりました。大手メディアを切ったのが大きいですね。どうしても代替できないものを除けば、完全にRSSリーダーから卒業できたのではないかと思います。

 

自分でコンテンツを作り出せればRSS購読は不要

RSSリーダーを利用する理由は様々だと思います。当初、僕がRSSリーダーを利用する必要に迫られた理由は、ブログやソーシャルメディアでの情報発信のためでした。例えばITについて発信するなら、IT業界の動向を網羅的に把握しておかなければバランス感覚を保てないからです。

しかしながら数年を経て、網羅的な情報収集が必ずしも必要ではなくなりました。理由は、自分で行動して題材を見つけ、コンテンツを作り出せると気づいたからです。

特に当WEBマガジン『Handmade Future !』は、仕事をしたり、学生と話をしたり、取材へ行ったり、日常の中で得た実感をそのまま記事にしています。RSSリーダーの情報を活用した記憶がありません。

個人メディアのブランディングという観点からも、これは理に適っています。たとえば先週末の人気記事は、以前から彼女たちを応援していて、現地へ足を運んで取材してきた僕でなければ書けなかった記事です。

「近頃の新卒は使えない」はみっともないと思わない?

Handmade Future !としては、Handmade Future !でしか読めない記事を量産していくことで、「お、このブログはチェックしておかないと」という印象を育めます。スタート2〜3ヶ月で月間10万PVを達成できたのも、差別化が(完璧でないにせよ)うまくいったからでしょう。

 

ソーシャルメディアやキュレーションツールで代替できるか挑戦

ただし、実際にやってみないとわからないと懸念している点もあります。情報の量と質の面では心配していませんが、「業界の動向を網羅的に把握」という作業が、ソーシャルメディアやキュレーションツールで代替できるのかどうかです。

例えばHandmade Future !では、NPOや学生団体向けに情報発信のノウハウを提供しています。この分野は進化が早く、スタンダードも変化していくので、時代に乗り遅れてしまっては問題です。

もしRSS購読を止めたことで、何かしら困る事態になるようなら、考え直す必要があると思っています。

とりあえずは、挑戦です。

143月

Googleリーダー利用者は時代遅れ。勇気を持って新しいスタイルを模索するべき

僕自身もGoogleリーダーのヘビー・ユーザですが、Googleリーダーのサービス停止には、正直に言うと納得できる部分がかなり多くありました。間違いなく、RSSフィードの購読は時代遅れなんです。

 

情報量が多すぎる

2000年を境にパソコンの普及率が50%を超え、インターネットは私たちにとって一般的なものになりました。インターネットによるビジネスやマーケティングが確立し、また個人レベルでも、ホームページ、ブログ、近年ではソーシャルメディアと、手軽に情報発信できる環境になり、インターネット上の情報量は爆発的に増えています。

このあたりについては、佐々木俊尚さんの『キュレーションの時代』や、田端信太郎さんの『MEDIA MAKERS』に詳しいので、もっと知りたい方は参考にしてください。

 

情報量が増えすぎてしまうと、どうなるか。次々に自宅に投函されてくるポスティングチラシを想像してください。大半は内容を確認もせずに捨ててしまう結果になるわけです。

もし、膨大な量のポスティングチラシを、1枚1枚チェックして、「有益な情報がないか」探す人がいたらどうでしょうか? まぁ止めはしませんが、奇特な人だな……というのが一般的な感覚であるはずです。

Googleリーダー利用者は、まさにこの奇特な人たちなんです。

 

代替手段は最終的に有料サービスになる

もちろん、仕事上の必要があって包括的な情報収集をしなければいけない場合は「奇特な人」という表現は当たらないでしょう。が、圧倒的大多数の人にとっては、げっぷしたくなるほど情報が溢れているのに、なんでまあそんな面倒なことをするのかと、首を捻らざるをえないわけです。

実際、Googleがリーダー廃止を決めたのは、「ユーザ数減少のため」という理由でした。リソースを割いてしまうと商売として成り立たないよ、というわけです。国内でも、はてなRSSやgooリーダーなどが相次いでサービスを停止し、残るはGoogleリーダーかlivedoorリーダーか、という状況でした。経営体力になんの問題もないGoogleが廃止を決定した事実は大きいです。

RSSリーダーをサービスとして成り立たせるには、有料化しかないのでしょう。もしGoogleリーダーとまったく同じものが、月数百円で利用できたら、今なら払う人はたくさんいるはずです。ニッチ向け有料サービスとして、残り続ける可能性はあります。ある意味、Googleの撤退はビジネスチャンスですね。

 

メディアはインフルエンサーへどうやって届けるのか?

Googleリーダー利用者は少数派です。Googleが撤退を決めるほどなんですから、インターネットユーザ全体から見れば本当にごく少数なんでしょう。困る人は少ないわけです。

とはいえ、世の中には非常に大きな影響を与えます。なぜなら、Googleリーダー利用者の中には、情報拡散の起点となる“インフルエンサー”が含まれているからです。

メディアとしては、情報収集と発信に熱心なインフルエンサーにGoogleリーダーに登録してもらうことによって、確実に、しかもストレスなく更新情報を届けることができていました。それほど工夫せずとも、良質なコンテンツに的確なタイトルを付けて発信してさえいればよかったわけです。

短期的には、Googleリーダーの代替サービスが使われるでしょう。でも、これらとて、ずっとサービスを継続できる保証はありません。これからメディアは、どうやってインフルエンサーに情報を届けるのか、真剣に戦略を練る必要があります。

中期、短期的には、ソーシャルメディアでしょう。各メディアが持つソーシャルメディアアカウントがどれだけの影響力を持つのかが重要になります。例えばTwitterリストを活用すれば、RSSリーダーほどでないにせよ、各メディアの更新情報をフィルタリングしてチェックできる環境ができあがるからです。

メディアはインフルエンサーと繋がる必要があります。ソーシャルメディアでなければ、イベントに参加してもらったり、献本のような仕組みだったり、何かしら優遇することによって存在を強く意識してもらうようなことを、本気で取り組むべきなのかもしれません。MessageLeafのように、気軽にクローズド・コミュニケーションできるサービスが発展して、常連さんにだけ更新情報を通知できるようなサービスなれば、重要度が増すでしょうか。

 

「一つ残らずチェック」ができないとそんなにまずいのか

一方で情報収集側としては、代替リーダー探す人が多いと思うんです。私も最初は真っ先に「うーん、livedoorリーダー?」と、代替サービスを考えました。

これは、「全部チェックできなくなったら(よくわからないけど)マイナスなんじゃないか」という、根拠の希薄な恐怖感ですよね。

でも、世の中は変容していきます。周囲を見渡すと、我々以外の圧倒的大多数は、そんな面倒(しかも時代錯誤な!)をせずとも、普通に生きているんです。

なんで、圧倒的大多数の人にとっては問題ないのに、自分にはGoogleリーダーがないとまずいのか? 情報爆発の世の中で、敢えて時代錯誤な情報収集をする必要があるのか? 本当に自分は「一つ残らずチェック」を必要としているのか?

自問してみるいい機会なんだと思います。RSSリーダー以外の新しい選択肢を探す勇気を持ってもいいんじゃないでしょうか。答は見えませんし、今までのスタイルを変えるのってすごく心理的ハードルが高いんですが、個人的には挑戦してみたいと思っています。時代錯誤な方法を卒業して、世の中の変化に合ったスタイルを見つけたいですね。

もっとも、挫折してRSSリーダーに戻るかもしれませんけど。(^^;)

Googleリーダー仲間のみなさんは、どう思いますか?

【まとめ】

  • 情報爆発の時代には、「一つ残らずチェックする」という選択肢はバカバカしい
  • バカバカしいことをあえてする必要がある職業の人と、なぜかバカバカしいことを続けている人たちが手段を失う。代替リーダーもいつまで続くかわからない
  • Googleリーダー利用者は少数派だが、手段を失う影響は大きい。なぜなら情報拡散の起点、インフルエンサーが含まれているから
  • メディアはインフルエンサーと繋がる戦略を本気で考えなければいけない
  • 中短期的にはソーシャルメディア。Twitterが有望。Twitterリストの利用頻度は増す
  • 一方、情報収集側では、ビビって代替手段を探す人が多いが、基本的に時代錯誤
  • 本当に全部チェックする必要があるのか、自問自答すべき。新しいスタイルを見つけられたらほうが格好いい(主観)
143月

Googleリーダー廃止の理由は「ユーザの減少」

ブログ等の更新情報である「RSSフィード」をチェックするベストな方法であったGoogleリーダーが、2013年7月1日をもって廃止されることが、公式ブログにて発表されました。

Official Google Reader Blog: Powering Down Google Reader

2013-03-14_0907

ほとんどなんの不満もなく利用していたので、残念以外の言葉が見つかりません!

理由は、ユーザ数の減少だそうです。

There are two simple reasons for this: usage of Google Reader has declined, and as a company we’re pouring all of our energy into fewer products. We think that kind of focus will make for a better user experience.

The Official Google Reader Blog

インターネット利用者全体で見ると、RSSフィードを購読するということ自体が、やはり少数派になっていたんですね。実感はありましたが、Googleまでもが廃止する事態になるとは、正直想像以上でした。

3ヶ月の猶予のあいだに代替を探さねばー。

Googleリーダーにブログを登録してもらっていれば、その人たちには確実に更新をチェックしてもらえていたわけで、購読者を数万抱えるパワーブロガーにとっては痛手になりそうです。

Handmade Future !はまだ数百人程度でしたので、それほど影響はないのではと想像しています。

ブログ購読の仕組みも、大きく見直さないといけませんね。

取り急ぎ、速報でした。

Google リーダーのデータをダウンロードする方法 – Google リーダー ヘルプ

TOPページ サイトマップ 更新履歴