Tag: iMac

2310月

[人柱]Mac OS X Mavericksにアップグレードしたらサクサクすぎて泣けた

OSそのものはもちろん、SafariやKeynoteなどのソフトウェアも全般的に、動作が驚くほど軽快になりました。外部製ソフトウェアのChromeやWordのもっさり感がヤバいとすら感じるほどです。人柱レポートをします。

 

ダウンロード10分程度、インストール30分+7分

ダウンロードやインストールは特に問題なく行えました。ファイルが5GB以上あるので、回線によってはそれなりに時間がかかりますが、サーバが重くてちっともダウンロードが進まないということはありませんでした(10/23 8時台)。

インストールには30分、再起動後に7分と表示されました。コーヒーを入れたり、iPhoneをちょこちょこいじっているうちに終わりました。

 

第一印象。とにかくスムーズ

2013-10-23_1112
まるで、最新のパソコンに買い替えたみたいに、スムーズです。もっさり感がなくなり、パパッと画面が切り替わる。

ソフトウェアの更新だけで、こうなるのか!? とびっくり。

ちなみにハードはiMac (27-inch, Late 2012)です。

スペックの低いMacbook Airではどうなるか。今から試してみます。

追記:MacBook Air (11-inch, Mid 2011)でも軽快でした。ただ、iMacほどはサクサクが実感できないかも。単純にスペックの差だと思われます。

 

Apple製ソフトウェアも軒並みサクサクに

Apple製ソフトウェアのiTunes、iPhoto、iMovie、Keynote、Pagesらも、Mac OS X Mavericksに対応した最新版にアップグレードできるようになります。

『iMovie』。
2013-10-23_1114im

『Keynote』。
2013-10-23_1118

『Pages』。
2013-10-23_1117

まだ細かく触ってはいませんが、明らかにスムースに動作するようになっているのがわかります。すごい。

唯一、iPhotoだけはもっさり感が解消されていませんでした。大量の画像データがあるので仕方ないのかな。ちょっと期待しただけに残念。
2013-10-23_1114

追記:iPhotoですが、画像データが少ないMacBook Air (11-inch, Mid 2011)では、サクサク動作しました。データ量に左右されるのかも。

 

外部製アプリケーションの互換性については大半は問題なしの様子

基本的には、Mountain Lionで使っていたソフトは問題なく動作しそうです。

僕のケースでは、よく使うChrome、Office for Mac2011、Photoshop Elements10、Jing、FileZilla、MasterMoney2らで動作を確認しました。

 

地図アプリがある!

iOSと同じ?マップが追加されました。
2013-10-23_1033

フルスクリーン+ランドスケープにするとなかなか。
2013-10-23_1036

でも、動きが重いし、経路検索では路線検索ができないし、まだまだですね。(^^;

 

Finderにタブが!!

いやこれ、なんで無かったのか、という感じだ。Finderが散乱する状態から脱出できる。。。
2013-10-23_1129

地味にうれしいです。

 

ChromeやOfficeのもっさり感、ヤバくない?

ハードからソフトまでをトータルで作るAppleの真骨頂とでも言えばいいんでしょうか。

OSそのものが軽快になったのはもちろん、Apple製ソフトウェアの動作も同じようにスムースになりました。ほんとに、パソコンの基本スペックが上がったんじゃないかというくらいに。

一方で、ChromeやらOffice for Mac2011の動作は以前のまま。よって、外部製ソフトウェアのもっさり感がとにかく目立ちます。

うむむ、やるなぁ。

Chromeらの動作がMac OS X Mavericksに最適化されるのかどうか。。。されないとすると、ブラウザならSafariを使う新たな理由が出てきた、という感じになりそうです。それくらい全く違います。

Mac OS X Mavericks自体には、特に大きな問題はなさそう。よく使うソフトの互換性さえ確認できれば、さっさと乗り換えたほうがいいんじゃないかと思います。

さくさくで気持ちいいですよ。

2812月

iMac27インチが家に来た! Windowsパソコンがゼロになった我が家の場合

こんにちは。寄金です! 昨日の夕方に届きました!!

iMac01
これ。

中身は……もちろん。

iMac02
2012年後期モデル『iMac』27インチ。当然、Fusion Drive!

開けます。

iMac03
きれいに収まっているんです。これが。

iMac04
はい。出ました。

大掃除中なもので、部屋が乱雑ですみません(^^;)

iMac05
ちょっと時系列が前後して今朝の写真ですけど、この薄さ。今まで使っていた24インチワイドのディスプレイ単体より薄いです。サイズはデカくなったのに、机の上は明らかに広くなりました。

iMac06
背面、電源コードの差し込み口なんですが。

iMac07
こうなります。なにげに、いちばん感動したかも。

これって前モデルもですか? どっちにしても、やりますねー。

iMac08
LANを繋いで、電源入れて、Apple IDを設定して、ものの3分で使えるようになります。

なんてお洒落なインテリア……。「パソコン」のイメージじゃないですよね……。

ちなみにFusion Driveも快適です。

 

実は妻も買った(21.5インチ)

iMac08
ということで、我が家からはWindowsパソコンが完全になくなりました。

 

iOSがApple製品への抵抗感を薄れさせる

ちょうどパソコン買い換えの時期であったとはいえ、妻はごくフツーのWindowsユーザ。パソコンで使うソフトといえば、WebブラウザとMicrosoft Officeくらいなもんです。

それがMacを買う、なんて言い出したものだから驚きました。

要因を考えてみると、やっぱりiPhoneとiPadだろうと。

大前提として、iMacが頭抜けてお洒落だ、というのはもちろんあるんですが(妻は完全に一目惚れだった)、ウインドウズユーザがマックに乗り換えを検討する際に問題になるのは、何と言っても慣れない操作への不安です。

我が家では、妻も僕も、子どもたちも、日常的にiOSを使っています。単純にApple製品に慣れているというのが一つ大きかったようです。

3歳の娘はiMacを見て、いきなりPhoto Boothで遊びだしました。WindowsのときはPCに触ろうとすらしなかったのに。

妻は妻で、ガラケーからiPhoneに替えたときに、慣れない操作を克服できた経験も大きいんだろうと思います。今じゃ「iPhone以外はあり得ない」ぐらい生活に溶け込んでいるわけで。

僕がMacBook Airを普通に使っていたのを見ていたのもあったんで、「何とかなるでしょー」と楽観的になれた様子。

こうして一般ユーザがWindowsからMacに乗り換えるんだなぁと、しみじみ思いました。

 

Mac OS XのiOS化は必然

MacBook Airなんかは、トラックパッドのジェスチャーのおかげで、かなりiOSに似た操作感になってます。

もっと画面が大きいiMacでも、iOSに似せていくのは、シェア獲得戦略としては必然なんだろうな、と思います。

iPhoneで顧客を教育して、パソコンまでApple製品を使って貰えるようにする。クリエイター御用達だったMacを、一般ユーザにも使ってもらえるようにする。

そのためには、iOSとOS Xの垣根が低いに越したことはないですからね。

長期的なニーズでは、パソコンからタブレットへ移行するのかもしれません。が、タブレットが充分な性能に到達するまでには、まだまだ時間がかかりそう。

Appleにとって、中期的な戦略としては、「いかに一般人にiMacを買ってもらうか」に掛かっている気がします。

TOPページ サイトマップ 更新履歴