Tag: Facebook

2912月

Facebookの終わりを語るのはまだ早い

Facebookが成し遂げたのは、“社会的アイデンティティをインターネット上に持ち込む” という偉業でした。社会的アイデンティティが確立されていない10代が、Facebookを好んで使わないのは、当然と言えば当然です。

社会的アイデンティティを持ち込める場としての、脅威となる競合が出てきていない現状、Facebookの終わりを語るのはまだ早い、というのが個人的な実感です。

 

10代で勢いが衰えるFacebook

Facebookはなぜ衰退したのか?そしてこれからのSNSとは? – GIGAZINE

確かにFACEBOOKが終わっていってるな: やまもといちろうBLOG(ブログ)

先日、Facebookで10代のアクティブユーザーが減少している、衰退の兆候ではないか、と話題になりました。

10代の間でメッセンジャー系のクローズドSNSがトレンドになっているのは事実です。

Facebookは、20代以上でまだまだ伸びしろがあるので、短期的にはアクティブユーザーを増やして行くでしょうが、5年後にどうなっているかは誰にもわかりません。凋落している可能性も充分にあるでしょう。

が、これをトレンドだけの話と見てしまうと、大切な部分を見落としてしまう気がします。

 

Facebook以前とFacebook以後

Facebookが日本で話題になり始めた2010年ごろを覚えているでしょうか。

当時、私たちは、「インターネット=匿名という意識の強い日本人には、実名性のFacebookは合わない」「Facebookは日本では普及しない」とドヤ顔で語っていました。

でも、アメリカが実名主義だったなんて事実はまったくなく、実際には、実名制への抵抗感以上のメリットを付与することに成功したからこそ、Facebookは(アメリカで)普及したんです。

このあたりについては、僕もむかし、書いています。

Ceron.jp – 好い加減に「Facebookの普及が遅れているのは日本人の匿名意識のせい」と言うのは止めよう – Leopard LAB

※記事を書いたのは2011年10月。以前運営していたはてなブログでのものなので、記事への反応は見られますが、記事そのものは読めなくなっています

「実名制への抵抗感以上のメリット」とはつまり、社会的アイデンティティをそのままインターネット上に持ち込める、ということです。

ちょっと元ネタを見つけられなかったんですけど、「Facebookでは偉い人は偉いままで、下克上は基本的に起きない」という内容をツイートしていた方がいました。これはまさに言い得て妙だと思うんですよね。

Facebook以前とFacebook以後では、世界中のインターネットで、大きな変化が起きました。

それまでは非常識と見なされていた、実名や社会的地位をそのままインターネットに持ち込む、ということが、当たり前になったんです。

これがFacebookが成し遂げた偉業です。

この点を忘れて、トレンドだけでFacebookを語ると、いろいろと見誤ることになる可能性があります。

 

Facebookの終わりを語るのはまだ早い

10代がFacebookを好んで使おうとしないのは、当然です。

なぜなら、彼らはまだ、社会的アイデンティティを確立していないからです。ただの学生か、どこの馬の骨かもわからない一人の若者にすぎず、社会では何も成し遂げていない人が圧倒的に多いでしょう。

一方で、社会に出てしばらく経った大人は、社会での居場所を獲得していきます。それをそのまま持ち込める場所は、今のところFacebookしかありません。

とすれば、10代が敬遠しているという理由だけで、Facebookが衰退すると考えるのは、早計でしょう。

もしFacebookが衰退するとしたら、Facebookの代わりになる、社会的アイデンティティを持ち込めるSNSが登場したときではないでしょうか。

個人的には、まだ、Facebookの終わりを語るのは早いという実感です。社会的アイデンティティを持ち込める場としての、脅威となる競合が出てきているようには見えないからです。

もっとも、栄枯盛衰の激しいWEB界隈ですから、半年後には状況が激変している、なんて事態も容易に考えられるのですが。

307月

FacebookソーシャルプラグインのLike Boxで写真投稿の画像を表示させる方法

ブログやホームページに表示させて、Facebookページへ「いいね!」してもらうためのソーシャルプラグイン『Like Box』。

当該Facebookページへ「いいね!」している友人の顔アイコンを表示できるほか、直近の投稿を表示させることもできます。

直近の投稿の表示について、2013年7月頭ごろに仕様変更があり、写真投稿の場合に画像が表示されなくなってしまったという報告が相次いでいます。『Handmade Future !』でも試したところ、確かにソーシャルプラグイン上では投稿した写真が表示されていません。

2013-07-30_1601
※Facebookページのタイムライン上では、問題なく表示されている富士山頂の写真

2013-07-30_1600
※ソーシャルプラグイン上では、画像が表示されておらず、文面のみになっている

ちょうど知人から質問を受けたので、調べてみました。

Like Box – Facebook開発者の為のサポートサイト | fb.developers’+

こちらのコメント欄に情報がありました。

FBの仕様変更で写真サイズが大きいと(399px以上)非表示になるとの情報があり、それ以下の画像サイズなら表示可能でした。

とのことです。

さっそく検証してみました。

2013-07-30_1616

ご覧の通り、399pxでは表示されませんが、398pxでは表示されました。

知人のケースも、画像サイズを小さくすることで、表示させられるようになったそうです。

急に画像が表示されなくなって驚いた方は、ぜひ参考にしてください。

184月

Facebook投稿でサムネイルが出ないときに即座に表示させる方法

Facebookの個人アカウントやFacebookページで、ブログなどWebページをシェアしようとしても、サムネイルや記事タイトル、記事の説明などが表示されないケースがありますよね。

投稿プレビューにはURLしか表示されていない

投稿プレビューにはURLしか表示されていない

文字だけの投稿は目立たないので、せっかく伝えたいことがあっても見落とされてしまう可能性が高まってしまいます。

こんなとき、諦めてしまうのはもったいないです。実は、たった一手間で、即座にサムネイルや記事タイトル、記事の説明などを表示させることができます。

デバッガー – Facebook開発者

ここに、表示させたい記事のURLを入力して、「デバッグ」ボタンを押すだけ。

デバッガーを使い、FacebookへWebページの情報を送る

デバッガーを使い、FacebookへWebページの情報を送る

するとFacebookの投稿プレビューに、きちんとサムネイル、記事タイトル、記事の説明等が表示されるようになる

するとFacebookの投稿プレビューに、きちんとサムネイル、記事タイトル、記事の説明等が表示されるようになる

デバッガーは本来、Facebookのオープングラフがきちんと動作しているか確認するなど、マークアップ改善のためのものです。

これでサムネイル等が表示されるようになる正確な理由は、よくわかりません。が、少なくともFacebook側にWebページの情報が届いていないのが原因なので、デバッガーであらためてWebページの情報を読み込ませることで、Facebook側に情報を伝えることができるのでしょう。

僕の場合はこれで100%表示させられています。

もし、デバッガーを使っても表示されない場合は、そもそもWebページにサムネイル等の情報が設定されていない可能性もあります。留意しておいてください。

273月

学生団体やNPOがFacebook発信を正しく理解するための3つの数字

ビジネスはもちろん、学生団体やNPOの活動も、いまやソーシャルメディア発信は必須です。中でもTwitterとFacebookは必ず押さえておくべきです。

とは言えソーシャルメディアは万能ツールではなく、「実現できること」と「期待できないこと」がはっきりしています。力の注ぎどころを間違えてしまうと、限られたリソースを浪費してしまう事態になりかねません。

今回は、Facebookでできること、できないこと、を正しく理解するための3つの数字を紹介します。

 

1900万人=15%

Facebook Japanの2013年2月発表によると、日本国内のFacebookのアクティブユーザ数(1ヶ月の間にログインする人の数)は1900万人です。

SNSの中では文句なしにNo.1です。

mixi, Twitter, Facebook, Google+, Linkedin 2013年1月最新ニールセン調査 [ITL]

一方で、日本には1億3000万人近い人々がいます。全人口から見ると、Facebookを使っているのは約15%、すなわち10人に1人か2人程度です。

家庭のインターネット普及率は7〜8割ですから、ホームページやブログで発信すれば届く情報が、Facebookのみで発信していては届かない可能性があります。

情報発信をFacebookのみに担わせるのは現実的ではありません。

 

首都圏55%

Facebookの広告マネージャによると、ユーザの45%は東京を住所に設定しています。神奈川、千葉、埼玉も加えた首都圏全体では、実に55%にもなります。東京、神奈川、千葉、埼玉を除いた43道府県で、残りの45%を分け合っているのが実情です。

すなわち、首都圏以外ではFacebookユーザ数は極端に少なくなります。先ほど10人に1人か2人と説明しましたが、地域によっては50人に1人、100人に1人という状況もあり得ます。

みなさんの活動が首都圏メインであればいいのですが、地方の場合、地域の人に情報を届ける目的でFacebookを利用するのは現実的ではありません。

逆に、地域活性など首都圏から観光客に来てほしいケースや、人材やノウハウの集まる東京の人々に注目してほしいケースでは、存分に活用できます。

 

リーチ率16%

Facebookでの発信は、フォロー(いいね!)してくれているユーザのうち、平均すると1割〜2割程度にしか見てもらえません。

あなたのFacebook書き込みは友達の16%にしか届いていない | TechCrunch Japan

これは、Facebookのニュースフィードが、親しい人や興味のある対象の投稿、話題になっている投稿を優先的に表示する仕組みになっているためです(繋がりのある全ての投稿が表示されるわけではない)。

もし、重要なお知らせをFacebookでしか発信しなかったとしたら、見られない人が多発してしまいます。絶対に避けるべきです。

また、Facebookでイベント等の集客しようとしても、これも難しいでしょう。1,000人フォロワーがいたとして、その2割である200人に投稿を見てもらうことができ、その1割の20人が興味を持っていいね!してくれたとして、最終的に実際にイベントに足を運んでくれるのは数人いるかいないか、というのがマーケティング上の常識です。

 

Facebookはソーシャルプルーフの増大とコミュニケーションに活用しよう

当WEBマガジン『Handmade Future !』もFacebookページで発信していますが、ページビューが目に見えて増えたり、直接的に収益に繋がったりという効果は一切ありません。

それでも発信を続けている理由は、第一にソーシャルプルーフの増大のためです。

ソーシャルプルーフとは – はてなキーワード
あるものに対して賛同者が多くなるにつれて、そのあるものが信頼性を持つようになること。

サイドバー右上のソーシャルカウンターにFacebookページの「いいね!」数が表示されています。1,000名を越える方々に支持していただいてるという事実が、メディアとしての信頼感に繋がります。学生団体やNPOでも同様で、活動がどれくらいの人々に注目されているか? を示す分かりやすい指標の一つになります。

もう一つの理由は、ソーシャルメディアの最大の役割である、コミュニケーションです。投稿に対して「いいね!」をもらったり、コメントを交わしたりすることで、読者の方々との距離が近くなります。また、読み手の反応をダイレクトに知れるメリットもあります。

今回紹介した3つの数字を元に、Facebook発信で「実現できること」と「期待できないこと」を整理して、みなさんの活動に活かしてください。

91月

著名人でない僕でも、1ヶ月でSNSフォロワーを300人増やせます。

当WEBマガジン『Handmade Future !』は、11月の半ばにスタートしたばかりです。12月度は約75,000PVを獲得できました。

2012年12月度運営報告|75,187PV、69,833UU、売上13,857円

中期的な展望では、半年〜1年で月間約30万PVを目標としています。そのための戦略として、当ブログの第一の評価指標を、ソーシャルプルーフの増大においています。

ソーシャルプルーフとは – はてなキーワード
あるものに対して賛同者が多くなるにつれて、そのあるものが信頼性を持つようになること。社会心理学の用語のひとつ。

つまり、サイドバー上部に表示されているTwitterとFacebookページのフォロワーを増やす、という明確な目的を持って運営しています。

※なお、アクセスの流入元という意味では、ソーシャルメディアに過度の期待はできません。なぜなら、投稿がクリックされる割合(CTR)は、平均1%がいいところだからです。クリックしてくれた1%の人のうち、さらに記事を気に入って何かしらアクション(RTや「いいね!」等)を起こしてくれる人数を考えれば、フォロワー数が5桁に近づいてこなければあまり意味がありません。

ソーシャルプルーフ増大を除いたメリットは、「記事をポジティブに捉えてくれた方がこんなにいる」という実感が得られる以外にないだろうと考えています。これはこれで、もちろんとても嬉しいことですけどね。

 

とはいえSNSのフォロワーを増やすのは意外に難しい

知名度の高い人、あるいは常に有益な情報発信ができたり、鋭い洞察の元に発信できたりする人を除けば、ソーシャルメディアのフォロワーを増やすのは困難です。経験上、ほとんどの有名企業でも大差ありません。(ノウハウがない場合には)お金を投じてキャンペーンを打つしか手段がないのが実情です。 企業のソーシャルメディア担当者は、常に頭を悩ませていると思います。

いくらツイートしても、ちっともフォロワーが増えていかない、というのは、一般人の誰しもの実感。もちろん僕も一般人の部類なので、普通に発信しているだけではフォロワーは増えません。それでも12月度には、TwitterとFacebookページを併せて、約300人の方にフォローしてもらえました。

2013-01-09_0601

Twitter約50人+Facebookページ約250人です。

※重複している方もいるはずですので、延べ人数です

 

記事直下でコール・トゥ・アクション

ソーシャルメディアをフォローしてもらうために、たった一つのことを徹底しています。各記事の一番下でのコール・トゥ・アクションです。

記事直下は、読み手が最もアクションしてくれやすい場所です。記事内容に共感してくれたり、メリットを感じたりしてもらえた場合は、なおさら行動してくれる可能性が高まります。

具体的には、ソーシャルメディアをフォローするメリットを添えつつ、フォローを呼び掛けます。

【フォローするメリットの例】
・当サイトでは●●についての情報をお届けします
・●●について発信しているのはソーシャルメディアだけです
・更新情報を受け取るにはTwitterが便利です
など

たったこれだけ。

あとは、読み手にとって何かしらメリットのある記事を、丁寧に量産していくだけです。

 

年間で考えれば数千人の増加

きちんとアクションを呼び掛けている限り、PVが増えれば増えるほど、着実にフォロワーは増えていきます。

1ヶ月300人でも、年間では3,600人の増加です。実際にはサイトの成長とともにフォローしてくれる方も増えていくので、場合によっては5,000人〜10,000人のフォロワーを獲得できる可能性もあります。

やるべきことは大した手間もかからず、シンプルです。ぜひ、コール・トゥ・アクションを実践してください。

TOPページ サイトマップ 更新履歴