Tag: 近況報告

48月

ディズニーメディアのディレクターをやることになりました。

2014年7月31日に正式ローンチとなった、ぴあ株式会社のディズニーメディア『D*MANIA』のディレクターをやることになりました(立場は、フリーランスのままです)。

D*MANIA

この1年半で、約80本のディズニー関連記事を書いてきた私ですが、今後はライター業よりも、編集、コンテンツ企画、ライターのマネジメント、成長戦略など、メディア運営全般に注力していきます(当面は記事も書きますが)。

 

無名のフリーランサーが約2年で到達したポスト

フリーランサーの視点を書きますが、もちろん、ライター業よりも、収入は増えます。

スポンサーを納得させられるような成果を生み出せれば、ライター業の3倍以上は稼げるかもしれない、というところまで、わりと現実的な目標として見えています。

もちろん、成果を出せるか次第なんですが。

ただ、ディレクターのお誘いをいただけただけでも、僥倖だと思うんですよね。

なにしろ私は、東日本大震災でそれまでの仕事が消滅し、やむなくフリーランスになったのが2012年のあたまくらい、このブログを立ち上げてライター業に専念し始めたのが、2012年秋ごろです。

何の準備もせず、実績も、人脈も、コネも、なにもない状態から、約2年でたどり着いたわけですから。

 

「やりたいことだけをやり、好きなことだけを書く」こそが最強

『D*MANIA』のキャッチフレーズは、“ディズニー好きを、もっとディズニー好きに。” です。

私自身、やりたいことだけをやり、好きなことだけを書いて、実績を残してきたライターなんですが、経験から自負しているのは、「なにかの魅力を、本当の意味で伝えられるのは、それが本当に好きな人だけだ」ということなんです。

ディズニー関連記事も、もともとは、東京ディズニーランドの年間パスポートを持って、家族で通っていたから、という理由で、書き始めたものです。

【TDL】保存版! 東京ディズニーランドの最低限知っておくべき“混雑対策”30(1/5) – ウレぴあ総研

東京ディズニーリゾートが、土日祝日で空いているのはズバリこの日!【2014年版】(1/3) – D*MANIA

【東京ディズニーシー】3時間待ちは当然!「トイ・ストーリー・マニア!」に60分以内で乗る3つの方法(1/3) – D*MANIA

好きで通っているからこそ書ける、以上のような記事は、まず他メディアでは読めません。差別化要因となるコンテンツです。数字的にも10万PVを超えています。

何かを偏執的に好きだ、という要素は、マーケティング視点と並んで、現代ライターにとっての最強の武器なんです。

好きなことだけをやって食べていくなんて無理だ、と主張する人は、土下座して謝罪してください。

まあ冗談ですが、嫌なことを徹底的に排除して、好きなことだけをやり抜くからこそ、到達できる場所もある、というのが客観的事実です。少なくとも私はそうでした。

 

ディズニー好きを、もっとディズニー好きに。

『D*MANIA』はこれから、本当の意味での “ディズニーファンのための、ディズニーメディア” になっていきます。

ライター陣は、ディズニーマニアのみで構成します。

私がそうであったように、好きなことだけをやって、好きなことだけを書いてもらいます。マーケティング視点は(必要であれば)私が担保します。

ディズニーを心から愛する人たちの手で、ライトなディズニーファンを、もっともっとディズニー好きにしてしまう。

これが、私が『D*MANIA』でやりたいことです。

コンテンツの質で勝負でき、資金力も並のメディア以上にあるような、日本では未だ誰もやっていない、前代未聞のメディアを作ります。

そしておそらく、この方法こそが、最大の影響力を発揮できるディズニーメディアになる方法です。

ディズニーという、需要の大きいコンテンツで勝負できるのも、幸運ですよね。これが例えば、アウトドア専門メディアだったら、資金力は諦めなければいけなかったはずですから。

ということで、みなさま、『D*MANIA』をよろしくお願いいたします。

ディズニー好きにとって不可欠な、ほかでは読めない記事が読めるディズニーメディアにするので、お楽しみに。

 
【関連記事】
ディズニーメディアのライターを探しています。人生を賭けるくらい好きなら、未経験もOK

95月

ウェブマーケティングのポータルサイト『MAKEPO』で連載します。

5月9日(金)にローンチされたウェブマーケティングのポータルサイト『MAKEPO』で、WEBライティングやブログメディア運営について連載します。

MAKEPO(マケポ) – ノウハウをいつでも。ウェブマーケティングのポータルサイト

 

いい機会なのでノウハウを全部書いてしまいます

連絡をくださった担当の方が、以前から『Handmade Future !』(で主に子育て系の記事)を読んでくださっていたとのことで、丁寧な依頼をいただきました。

顔合わせをして、まあ、これからスタートするメディアということで、お互いにいろいろと手探りではあるんですが、とりあえずやってみましょうと。

今のところ、10や20という単位で記事の発注をいただいており、すくなくとも数ヶ月は連載することになりそうです。

書く内容は、今まで発信してきた要素がベースになるんですけど、こうしてあらためてまとめる機会をいただけると、順を追って体系的に書けるので、たとえば、書籍化なんかも視野に入れられるような、また違った価値が生まれそうです。

せっかくなので、今まで積み重ねてきた知識と経験を、余すところなく書き切ってしまおうと考えています。

 

個人的にはスキルの収益化の良い機会

私自身で言うと、WEBライティング講師やブログメディア運営アドバイザーは、収益化を怠っていた部分です。

たとえば、WEBライティング講座を開催すれば、それなりに価値を提供できる準備はあるんですが、集客であったりお金の計算であったりが面倒で、積極的になれないでいた事情があります。

楽しいことばっかりやって生きているので、面倒は後回しになるわけですよ。

今回、あえて企業の担当者向けに書いているのは、しっかりインバウンドマーケティングを展開する意図があります。

【1発目の記事】
Webライティングの知識がないマーケティング担当者は時代遅れ │ マーケティング担当者のためのWebライティング講座 │ コラム – MAKEPO(マケポ)

私が価値のあるコンテンツを提供できれば、いろいろとおもしろい話が舞い込んでくるので、楽しみに執筆したいと思います。

225月

大学で“アマチュアとプロの境目”をテーマにしたWEBライティング講座を開催しました

2013年5月20日(月)、静岡県立大学 経営情報学部 国保研究室にて、わたくし寄金が講師を務めさせていただき、WEBライティング講座を開催しました。学生14名、社会人7名と、20名をこえる方の参加があり、研究室は満員御礼となりました。

【5/20】国保ゼミフューチャーセンター内でWEBライティング講座開催 | FutureCenterNEWS JAPAN

 

徹底的に「読み手にとっての価値」だけを考えられるかどうか

テーマは、アマチュアとプロフェッショナルの境目についてです。

私は学生の頃から文章を書くのは嫌いではなく、卒業論文を担当教官に「今年一番」と評価してもらえた程度には、得意としていました。ところが、さまざまに活動はしてみたものの、文章でお金をもらうのは不可能でした。

ライティング講座と聞くと、“文章力”というワードが真っ先に浮かぶ方が多いはずです。

しかしながら、いまライターとして食べていけているのは、文章力が向上した影響ではないと断言できます。

なぜなら、学生時代の文章をいま読んでも、それほど酷い文章とは感じないからです。もちろん10年以上経過しているので、細かな点ではブラッシュアップしていますが、些細な要素でしかありません。

変わったのは、切り口です。論文なら、相手を説得するために、どんな要素を持ってくるのか。あるいはどんな見せ方をするのか。

「プロのライティングとは、読み手にとって価値のある情報を推測し、条件に沿ってコンテンツ(記事)を制作する作業である」
「実際に記事を書く際に、どんな考え方をし、具体的にどのように記事を書いているのか?」

以上の内容を、2時間弱程度で話しました。途中、読み手にとっての価値を実際に考えてみるミニ・ワークショップも挟んでいます。

web_writing_seminar03

web_writing_seminar04

web_writing_seminar05

web_writing_seminar06

web_writing_seminar07

 

参加者のたくさんの気づき

社会人のみなさんは自分の仕事や事業で、学生たちは自分たちで動かしているプロジェクトで、それぞれ情報発信に課題を感じていたとの声を多く聞きました。

参加者のみなさんの取り組む意識の高さのお陰で、様々な気づきを得ていただくことができました。

web_writing_seminar01
※クリックで拡大できます

 

学生団体やNPO、中小企業など、出張講座もいたします

今回のプログラムです。

Ⅰ. 「読み手にとって価値のあるコンテンツ」を作る重要性
Ⅰ-1 重要なのは文章力ではなく、切り口
Ⅰ-2 目的から逆算し記事を書く(実例)
Ⅰ-3 これさえできればプロライターにもブロガーにもなれる
Ⅰ-4 実際に「読み手にとっての価値」を考えてみる(ミニ・ワークショップ)

Ⅱ. 情報爆発の時代を理解する
Ⅱ-1 インターネットの普及が情報爆発を生んだ
Ⅱ-2 EメールからLINEへ移行しつつある理由
Ⅱ-3 ポスティングチラシを捨てずに読んでもらうにはどうすればいいか

Ⅲ. 具体的な記事制作のポイント
Ⅲ-1 タイトルでは記事の価値を伝える
Ⅲ-2 タイトル&書き出しで記事のすべてを伝えきる
Ⅲ-3 見出しは必須。本文の要約とする
Ⅲ-4 WEBならではの文章の工夫
Ⅲ-5 写真の効力を正しく把握する
Ⅲ-6 アクションを促さなければ意味がない

事業やプロジェクトの情報発信で、集客やメンバー獲得など、具体的な成果を出したい方向けの内容です。

「自分ではそれなりにうまく書いたつもりなのに、なぜか多くの人に届く気配がない」「そもそも、どう記事を作ればいいのかわからない」という課題を抱えている方には、ライティング技術向上のきっかけになります。

出張講座もいたしますので、お気軽にお問い合わせください。

WEBライティング講師、メディア運営&コンテンツ制作アドバイザー、WEBマーケティングの依頼|寄金佳一 | Handmade Future!

2812月

iMac27インチが家に来た! Windowsパソコンがゼロになった我が家の場合

こんにちは。寄金です! 昨日の夕方に届きました!!

iMac01
これ。

中身は……もちろん。

iMac02
2012年後期モデル『iMac』27インチ。当然、Fusion Drive!

開けます。

iMac03
きれいに収まっているんです。これが。

iMac04
はい。出ました。

大掃除中なもので、部屋が乱雑ですみません(^^;)

iMac05
ちょっと時系列が前後して今朝の写真ですけど、この薄さ。今まで使っていた24インチワイドのディスプレイ単体より薄いです。サイズはデカくなったのに、机の上は明らかに広くなりました。

iMac06
背面、電源コードの差し込み口なんですが。

iMac07
こうなります。なにげに、いちばん感動したかも。

これって前モデルもですか? どっちにしても、やりますねー。

iMac08
LANを繋いで、電源入れて、Apple IDを設定して、ものの3分で使えるようになります。

なんてお洒落なインテリア……。「パソコン」のイメージじゃないですよね……。

ちなみにFusion Driveも快適です。

 

実は妻も買った(21.5インチ)

iMac08
ということで、我が家からはWindowsパソコンが完全になくなりました。

 

iOSがApple製品への抵抗感を薄れさせる

ちょうどパソコン買い換えの時期であったとはいえ、妻はごくフツーのWindowsユーザ。パソコンで使うソフトといえば、WebブラウザとMicrosoft Officeくらいなもんです。

それがMacを買う、なんて言い出したものだから驚きました。

要因を考えてみると、やっぱりiPhoneとiPadだろうと。

大前提として、iMacが頭抜けてお洒落だ、というのはもちろんあるんですが(妻は完全に一目惚れだった)、ウインドウズユーザがマックに乗り換えを検討する際に問題になるのは、何と言っても慣れない操作への不安です。

我が家では、妻も僕も、子どもたちも、日常的にiOSを使っています。単純にApple製品に慣れているというのが一つ大きかったようです。

3歳の娘はiMacを見て、いきなりPhoto Boothで遊びだしました。WindowsのときはPCに触ろうとすらしなかったのに。

妻は妻で、ガラケーからiPhoneに替えたときに、慣れない操作を克服できた経験も大きいんだろうと思います。今じゃ「iPhone以外はあり得ない」ぐらい生活に溶け込んでいるわけで。

僕がMacBook Airを普通に使っていたのを見ていたのもあったんで、「何とかなるでしょー」と楽観的になれた様子。

こうして一般ユーザがWindowsからMacに乗り換えるんだなぁと、しみじみ思いました。

 

Mac OS XのiOS化は必然

MacBook Airなんかは、トラックパッドのジェスチャーのおかげで、かなりiOSに似た操作感になってます。

もっと画面が大きいiMacでも、iOSに似せていくのは、シェア獲得戦略としては必然なんだろうな、と思います。

iPhoneで顧客を教育して、パソコンまでApple製品を使って貰えるようにする。クリエイター御用達だったMacを、一般ユーザにも使ってもらえるようにする。

そのためには、iOSとOS Xの垣根が低いに越したことはないですからね。

長期的なニーズでは、パソコンからタブレットへ移行するのかもしれません。が、タブレットが充分な性能に到達するまでには、まだまだ時間がかかりそう。

Appleにとって、中期的な戦略としては、「いかに一般人にiMacを買ってもらうか」に掛かっている気がします。

TOPページ サイトマップ 更新履歴