Tag: 花粉症

183月

【ご報告】花粉症が糖質制限でどっかに消えちゃいました。本当にありがとうございます。

まず、こちらを見ていただきたいんですよ。

IMG_3988

私はライター&ブロガー、ディズニーメディア・ディレクターの個人事業主なので、国民健康保険に加入しています。

つい先日届いた、2014年1月〜12月の医療費(10割分)一覧です。

2014年は、2回通院して、2回薬をもらっています。時期を見れば簡単に思い出せるんですけど、花粉症の抗アレルギー薬ディレグラと、アレジオン(目薬)をもらってきているんです。

つまり、2014年は実質的に、風邪などの体調不良では、1回も医者へ行っていない、ということです。  

 

もともと病弱&薬大好きだった

もちろん、まったく体調を崩さなかったわけではありません。

ただ、喉が痛くなったり、咳が出たりしても、わりとすみやかに治ってしまうんですよね。

これが自分としては、かなり驚きで。

もともと、どちらかというと病弱というか、いったん体調を崩すと、長引く体質でした。

喉が痛くなって、微熱が何日も続いたり。咳が止まらなくなって、気管支炎寸前で、抗生物質を1週間や10日間も飲み続けたり。

もう一つ、持病のようなものなんですが、胃腸が弱くて、年に1回はひどい腸炎になって、救急車を呼ぶほど嘔吐したりしていました。

しかも、すぐに薬をもらいに行きたがる性格なので、2013年以前の医療費は、かなり高額だったはずです(手元に残っていないのが残念……)。  
 

変わったのは、食生活

2013年12月から、いわゆる糖質制限を始めました。

30歳過ぎて体重が増え出して止まらない男性諸君。原因がわかりましたよ。

最近もずいぶん読まれている記事なんですが、当時の顛末は、こちらにまとめてあります。

“開始3ヶ月で、5kg以上減” という結果に味をしめ、以来、完全にタンパク質・脂質・野菜中心食にシフトしました。

すると、わりと健康に過ごせている感覚がありましたし、大病もしなくなったんですよね。

医療費に反映されているのは、冒頭を見てのとおりです。  

 

花粉症の人の60%は、糖質制限で軽症化する

今さら説明するまでもないと思いますが、糖質の過剰摂取をやめると、インスリンの追加分泌が大幅に減り、また糖新生が促進されることによって、脂肪がみるみる減っていきます。

でも、やってみるとわかりますが、糖質制限のメリットは、体重減少だけじゃないんです。

私は、飲み過ぎても胃腸系の二日酔い症状が出なくなりましたし、食後の睡魔もなくなりました。

もう一つ大きいのが、花粉症が軽症化する効果です。

これ、夏井睦医師によるWebアンケートが興味深いです。

糖質制限に関するアンケート – Google フォーム

回答は、2015年3月時点で、1594件。花粉症だった597名のうち、363名、実に6割が「糖質制限以後、花粉症が軽症化した(または治った)」と回答しているんです。

どこまで統計的に正しいのかは判断できませんが、話半分としても、驚きのデータですよね。

私は医者でも研究者でもないので、理屈を理解するのは大変ですが、一説によると、副腎皮質の負担が減って、正常に作用するようになるからだ、という話があります。

※副腎皮質ホルモンの、糖質コルチコイドは、炎症を制御する作用があります。

合成された糖質コルチコイドは、関節痛または関節炎、側頭動脈炎、皮膚炎、アレルギー反応、喘息、肝炎、全身性紅斑性狼瘡、炎症性腸疾患(潰瘍性大腸炎とクローン病)、眼疾患(ブドウ膜炎)、サルコイドーシスの治療、そして、慢性原発性副腎皮質機能低下症、副腎機能障害など糖質コルチコイドの欠乏症の治療にも使われる。
Wikipedia – 副腎皮質ホルモン

ということは、喉の炎症や、咳がすぐにおさまってしまうのも、この影響なのかもしれませんね。

 

私も日常生活に支障ないくらいに軽症化

で、私もやっぱり、花粉症が軽症化してしまったんですよ。

実は昨年2014年も、兆しはあったんですが、花粉の量そのものも少なかったですし、前半は薬を飲んでいましたし、糖質コントロールを開始して間もなかったので、半信半疑でした(半信半疑で書いた記事『花粉症が治ったのはなぜか?を色々考えてみる』)。

今年は薬を一切飲んでいません。

3月上旬くらいまでは、朝起きると目が痒い、鼻もややつまり気味、でも日中はほとんど気にならない、という状態。

最近はさらに快調で、

ちょうど今日、ハム速でこんな記事が出ていましたけど、

【悲報】今日の花粉マップが真っ赤すぎてマジでヤバいwwwwwww:ハムスター速報

私の鼻のとおりを遮るものは何もなく、今日は朝起きた直後の1回しか、鼻をかんでいないんですよ。

文字通り、花粉症がどっかに消えちゃいました。

 
もちろん、体質もあるので、絶対とは言えません。

先ほどのアンケートでも、軽症化したのは6割で、4割には効果がなかったわけですから。

が、花粉症で死にそう、という人は、試してみる価値はあると思いますよ。

インスリンが過剰に分泌される状態が続くと、体の機能に負担がかかるのは、事実ですから。炭水化物の食べ過ぎが、アレルギー症状を悪化させているのかもしれません。

283月

花粉症が治ったのはなぜか?を色々考えてみる

正確には、完治したわけではなく、症状が極めて軽くなりました。

朝、目覚めると、日によって目の周りが痒かったり、鼻の奥がムズムズしたり、鼻の通りが悪くなっていたりします。

が、目ならアレジオン(目薬)を差す、鼻なら数回かんでしまえば、日中は気になりません。くしゃみが出る日もありますが、1日に数回で、鼻水もほとんど出ません。

ちょっと信じられないんですが、これが今の私の体の現実です。

なぜ、治った、あるいは症状がごく軽くて済んでいるのか、自分でも理由を特定できていません。思いつくままに書いていきたいと思います。

 

早期治療が良かった?

花粉症治療の抗アレルギー薬は、花粉が飛散を始める1〜2週間前から飲み始めることで、高い効果が期待できます。

これ、昨年も実践して、実際に効果が出ました。

[花粉症対策]まるで治ったかのよう。誰もが絶対に試すべきたった1つの治療法

今年は1月の終わり頃から通院を始め、ディレグラを飲んでいました。

が、最初の1ヶ月は用量を間違えて、2錠飲むべきところをずっと1錠しか飲んでおらず、しかも先日、腸炎を患って酷い下痢をしてから、服用を止めてしまいました。

薬を飲まなくなって、もう10日くらい経ちます。

今年はこんなデタラメな早期治療となってしまいましたが、もしかしたら初期段階で炎症を悪化させなかったのが、結果的に良かったのかもしれません(炎症が悪化してしまうと、薬が効かなくなる)。

ただ昨年は、調子がいいからと試しに服薬を止めたところ、すぐに症状が悪化したのを覚えているので、服薬を止めて10日経っても問題ない現状は、ちょっとこれだけでは説明できません。

 

そもそも飛散量が少ない

そもそも、2014年は、全国のほとんどで花粉の飛散量が少ないようです。

2014年春の花粉飛散予測(第4報) ~九州地方はスギ花粉のピークに突入 四国から関東も増加中~ | 2014年春の花粉飛散予測(第4報) ~九州地方はスギ花粉のピークに突入 四国から関東も増加中~ニュースリリース | 日本気象協会

私が住んでいる関東甲信は、例年比で70%程度、前年比で30%程度の飛散量なので、単純にこれで症状が軽くて済んでいる可能性もあります。

 

糖質制限食のおかげ

昨年12月から糖質制限をしています。現在は3食とも基本的に糖質を主食にしていません。

糖質制限:私の場合 | 炭水化物は嗜好品

実は、糖質制限で花粉症が治った、あるいは軽くなった、という報告が多数あります。

たとえば、夏井睦医師のホームページでのアンケートでは、花粉症がある約500名のうち、約300名が軽症化した(または治った)と回答しています。実に6割の確率です。

個人的にはこれが本丸、と思いたいところですが、理屈が難解で、あまり理解できていません。

いちおう、

糖質の過剰摂取 → 血糖値上昇 → インスリン大量追加分泌 → 反動で低血糖 → 血糖値を戻すための副腎皮質ホルモン分泌

という負のサイクルがあり、副腎皮質の酷使が大きな原因とされているようです。糖質制限をすれば、血糖値の上下動が極めて穏やかになるため、副腎皮質の負担が軽くなるというわけです。

※副腎皮質ホルモンには、炎症を抑制をする作用があります
副腎皮質ホルモン – Wikipedia

 

ヨーグルトを毎朝食べている

花粉症と腸内細菌の関連が指摘されています。

共同発表:腸内細菌のバランスの乱れが、喘息を悪化させるメカニズムを解明—新しい発想のアレルギー治療へ—
アレルギー疾患の発症は、遺伝的素因や環境要因など、さまざまな複合的な因子により発症することが知られていますが、その中には腸内細菌のバランスの乱れによる真菌(カビ)の増殖に起因するものが含まれている可能 …

現在、糖質制限の副産物として、毎朝、無糖ヨーグルトを食べています。

特に花粉症を意識したわけではなく、朝食にご飯やパンやシリアルを食べないのなら何を食べよう、ということで落ち着いたのが、ヨーグルトだったというだけです。

我が家はずっとパルシステムを利用しているので、『こんせんプレーンヨーグルト』です。

パルシステム | パルシステムの商品 > こんせんプレーンヨーグルト

いちおう、プロバイオティクス乳酸菌「BB-12」菌を3ヶ月ほど食べ続けていることになります。

ちなみに、朝の主食なので、2日で1箱食べます。1食で200g以上食べている計算です。

ただ、ヨーグルトを食べれば花粉症が改善するというのは、「今のところ、そう考えられている」というだけで、エビデンスがありません。

 
さて、真偽はいかに。

とりあえず、理由はわからないけど、花粉症が気にならない生活万歳!

34月

[花粉症対策]まるで治ったかのよう。誰もが絶対に試すべきたった1つの治療法

花粉症のみなさま、関東ではスギ花粉のピークは越えたようですが、いかがお過ごしでしょうか。もちろん私も花粉症なんですけど、今年はちっとも気になっていません。例年の1.5倍とも2倍とも言われるほど飛散量が多いはずなのに!

なぜだと思いますか?

答は、早めに薬を飲み始めたから。

たったこれだけなんです。アレグラ(のジェネリックのフェキソフェナジン塩酸塩「EE」)を1日2錠服用していただけ。

初期こそ、マイコプラズマっぽい咳風邪を併発した影響もあってか、鼻水が大量に出たり、目が充血したりしていましたが、3月上旬くらいにはほとんど気にならなくなりました。いま現在は、ほとんど鼻をかむことすら稀で、たまーにくしゃみが出たり、目がかゆくなるくらいです。

花粉症が治ってしまったんじゃないかと錯覚してしまいます。信じられないかもしれませんけど、実際そうなんですよ!

 

2月12日、症状が出る前に病院へ

私が耳鼻咽喉科に最初に通院したのは、2月12日でした。都内で飛散開始との一報があったものの、症状自体は出ていない状況でした。

症状がないのに病院へ行くなんて医者に怒られそうな気がしますけど、まったくそんなことはありません。耳鼻咽喉科の先生からは「まだ症状は軽いみたいだけど、お薬出しておきますから」、薬剤師さんからは「シーズン中は薬をきらさないようにしてくださいね」との話がありました。

以来、フェキソフェナジンを服用する以外、なにもしていません。ヨーグルトも食べていないし、鼻洗浄もしていません。目薬だけはちょっと欲しい時期がありましたけど、なんとか大丈夫でした。例年ならばこんな軽症で済むはずがないので、本当にびっくりです。

何よりフェキソフェナジンは軽い薬で、ほとんど眠くならないので(個人差アリとのこと)、仕事にまったく影響が出ませんでした。これが本当に大きかった!

 

なぜ早期治療でこんなに効果が出るのか

調べてみたところ、もちろん症状の軽重や体質によって個人差はあるようですが、早期治療は効果が実証されているようです。もし経験がない方は、絶対に試すべきだと思います。

でも、なぜ早期治療で症状が大幅に改善されるんでしょうか。気になったので、これも調べてみました。

 

1. 治療薬の効果が出るまでに2週間程度かかる

花粉症「薬の効果は2週間後」 早めの治療呼びかけ – MSN産経ニュース

これは僕、知りませんでしたけど、驚愕の事実ですよね。ヤバイと思ってから薬を飲み始めても、うまく薬が効いたとして2週間は苦しまなければならないわけです。

たぶん、僕が飛散開始初期に症状が出てしまったのも、(風邪を併発していた影響と)服用開始が一足遅かったためなんでしょう。今年であれば1月末頃から服用を始めている必要があったようです。来年はより完璧に対策しようっと。

 

2. 粘膜が腫れ上がってしまってからでは効果が薄い

早めの治療が必要な理由|社会派Dr.Naruのブログ
鼻炎の症状が本格化している状況では、鼻の粘膜も真っ赤に腫れあってしまうのですが、それから治療を開始しても腫れていない状態に持っていくことが大変になります。しかし前もって治療をしておくと粘膜が腫れない、腫れたとしても軽症で済む場合があります。

仁友クリニック院長のブログより。炎症が本格化してしまってからでは、効く薬も効かないというわけですよね。強力な薬を使わなければならないので、眠気などの副作用も強くなります。

また、強い鼻づまりから、副鼻腔炎になるリスクもあるようです。花粉の飛散が終わっても、副鼻腔炎が残ってしまう可能性があると書かれています。

 

早期治療は薬代が高くなるが症状を大幅に改善できる可能性がある

早期治療のデメリットは、薬を服用する期間が長くなるので、医療費が増える点だけでしょう。ただ、ジェネリックも使えますし、あれこれいろんな民間療法を試してお金を使うよりは、もしかしたら安くあがる可能性もあるんじゃないかと思っています。

僕の場合は、実費負担が月3,000円程度でした。ワンシーズンのトータルで1万円かかるかどうか、というくらいですね。

一方で、メリットははっきりしています。僕自身の体が証人で、例年の1.5倍とも2倍とも言われる飛散量でも、ほとんど気にならなくなるくらいに効果覿面です。

先ほど触れたとおり、個人差はあるはずですが、こんなに楽になれる可能性があるんだったら、絶対に試すべきだと思います。だって、もう今年みたいな思いはしたくないでしょう?

もう僕は、花粉症が恐くなくなりましたよ。

【まとめ】
・早期治療は、個人差はあるものの、効果は実証されている
・花粉飛散開始の2週間前から飲み始め、症状の有無にかかわらずシーズン中はきらさない
・服用期間が長くなるため、薬代が高くなるデメリットがある
・炎症が進行する前から服用するので、副作用(眠気など)の軽い薬で済むケースがある
・僕の場合、「花粉症が治ったんじゃないか?」と勘違いするくらい効果があった
251月

[2013年版]これで万全。花粉症対策の考え方まとめ

花粉症シーズンが到来しました。みなさん、しっかりケアできているでしょうか?

 

2013年の花粉飛散傾向

環境省が2013年1月25日に発表した『平成25年春の花粉飛散予測(第2報)』によると、今年の花粉飛散量は、例年並みか、例年より多くなるとのこと。昨年と比較すれば、花粉の量自体は増えることになりそうです。

 

花粉症の原因とメカニズム

花粉症は、花粉に対するアレルギー反応です。体の免疫機能が過剰に働き、鼻や目など人体内に入った花粉を、体外に排出しようとするために、くしゃみや鼻水や涙が出ます。

厚生労働省 花粉症Q&A

 

 

花粉症対策の考え方

花粉症の原因とメカニズムをふまえれば明らかですが、対策は3つ以外にありません。

  1. なるべく花粉を遠ざける
  2. アレルギー症状を緩和する
  3. アレルギーが出ないように体を花粉に慣らす(減感作療法)

 

1. なるべく花粉を遠ざける

いったん症状が出てしまったら、アレルギーの元となる花粉をなるべく体から遠ざけるのが、唯一の根本的な対策になります。

コストを度外視で考えれば、花粉が飛散していない地域(海外など)へ避難するのが一番です。ちなみに(スギ花粉を飛散させる)杉が大量にはえているのは日本独特の環境だそうです。可能であればですが、海外に出るのは意味があります。

それ以外の対策では、

  • 窓や玄関の開け閉めに注意し、なるべく外出を控える
  • マスク(花粉を1/6に軽減)、めがね(花粉を1/4に軽減)をする
  • 花粉が絡みやすいコート等の着用を避ける
  • 家に入る際には衣服についた花粉を払い落とす
  • 帰宅時に、手洗いやうがいを徹底する

などのセルフケアがあげられます。

基本的な内容ばかりなのですが、実はこれら以上に効果のある対策はありません。

 

2. アレルギー症状を緩和する

アレルギー症状は、薬によって軽減できます。

症状が出てからよりも、花粉が飛散し始めた時期からあらかじめ投与しておくほうが、効果が高いそうです。
厚生労働省 はじめに ~花粉症の疫学と治療そしてセルフケア~

花粉症だとわかっている方は、症状が出るのを待つのではなく、花粉の飛散開始と共に病院へ行くのがベストです。症状を軽減できる可能性があります。

甜茶やヨーグルト、鼻洗浄など、民間療法は使うべきか?

本当は効かないかもしれない花粉症対策一覧』という記事をまとめたのですが、民間療法の多くは効果を実感できる確率が30%を切り、プラシーボ効果(小麦粉でも、薬と信じて飲むと症状が改善してしまう現象。3割の人に効果が現れるという)との区別がつかないレベルです。

もっとも、副作用さえなければ、挑戦してみる価値はあるでしょう。プラシーボ効果だろうが、症状が改善するに越したことはありません。

ポイントは、医学療法を「主」として考えること。症状が改善される保証がない民間療法は、医学療法の補助として、「効果が出れば御の字」程度の心構えで取り組むのがベストでしょう。

 

3. アレルギーが出ないように体を花粉に慣らす(減感作療法)

減感作療法とは、花粉成分を注射して、体内に花粉を防御できる免疫をつくる治療法です。

一度免疫ができてしまえば、花粉症を根治でき、60%以上の割合で効果が長期間持続するそうです。

ただし、2年以上かけて体質改善を行っていく治療法なので、この春の花粉には対処できませんし、一般的にはハードルが高いと言えます。

なお、花粉グミなど、花粉成分を体内に入れて症状改善を目指すものもありますが、医師の指導がなければ安全とは言えません。厚生労働省からも注意喚起されています。

 

花粉飛散予報お役立ちツール

スマートフォン

iTunes App Store で見つかる iPhone、iPod touch、iPad 対応 tenki.jp

定番のお天気アプリですが、花粉飛散情報も提供しています。シンプルで使いやすいので、個人的にお気に入りです。Androidの場合はこちら

 

Webサイト

花粉症のツボ トップ | アレルギーi
花粉ライブマップ

 

まとめ

病院へは早めに行く(できれば、症状が出る前に)。花粉飛散情報をチェックして、花粉の多い日はなるべく外出を控える。基本的なセルフケアを徹底する。これが花粉症対策の原則ですね。

残念ながら、花粉症を治す薬はありません。

どうやって乗り切るか、症状を軽く済ませるのか、今から作戦を練っておきましょう!

231月

本当は効かないかもしれない花粉症対策一覧

プラシーボ効果とは – はてなキーワード
薬効成分を含まないプラセボ(偽薬)を薬だと偽って投与された場合、患者の病状が良好に向かってしまうような、治療効果を言う。偽薬効果。プラセボ効果。一般的に30%程度に効果が現れ、副作用が生じることもある。

 

甜茶

含まれているポリフェノールに、化学伝達物資遊離抑制作用があると言われている。

厚生労働省ホームページに記載されている「患者さん自身の評価」調査によると、効果があったと答えたのは14%。効果無し51%、不明35%。

 

ヨーグルト・乳酸菌剤など

乳酸菌により腸内環境を整え、免疫力を高めることにより、アレルギー症状が軽減されると言われている。

厚生労働省ホームページの記載によると、一般医療機関を受診しているアレルギー性鼻炎患者のうち、効果ありと判断しているのは30%以下

 

花粉グミ、花粉アメなど

身体を花粉に慣らし、花粉に対し免疫を獲得する減感作療法とされる。

なお、スギ花粉症の人がスギ花粉を含む食品を摂取した場合、健康被害が出る恐れがある。減感作療法は医師の指導のもとに行うべき。

厚生労働省ホームページに記載されている「患者さん自身の評価」調査によると、花粉グミの効果があったと答えたのは29%。効果無し64%、不明7%。

 

鼻スチーム、鼻洗浄など

炎症を起こしている鼻粘膜に作用し、症状を和らげると言われている。

厚生労働省ホームページの記載では、温度を間違えなければ副作用はないが、リバウンドで一時的に鼻づまりが強くなるケースもあるとのこと。

また、鼻うがいに関しては、脳炎での死亡例も指摘されている。

同「患者さん自身の評価」調査によると、効果があったと答えたのは共に46%。効果無しは鼻スチーム44%・鼻洗浄54%、不明は鼻スチーム10%・鼻洗浄0%。

 

クロレラ

アレルギー体質改善、解毒作用、有害物質排出作用などがあると言われている。が、Web検索をした限りでは、俗説の域を出ず、論理的な説明は見つけられなかった。

同「患者さん自身の評価」調査によると、効果があったと答えたのは8%。効果無し44%、不明48%。

 

紫蘇

アレルギーの間接的な原因となるTNFαという免疫物質を抑制すると言われる。

同「患者さん自身の評価」調査によると、効果があったと答えたのは18%。効果無し36%、不明45%。

 

シジュウム茶

シジュウムはポリフェノールの一種であるタンニンが最も多く含まれている植物とされる。甜茶と同じく、化学伝達物資遊離抑制作用が期待される。

同「患者さん自身の評価」調査によると、効果があったと答えたのは40%。効果無し40%、不明20%。

 

○民間医療の抱える問題点

確かにストレスの改善がはかられ、体への有害成分が含まれていなければ民間医療に問題は無いとも考えられます。しかし、花粉症に効果があるといったことを公言し販売するなら、その疾患に対する有効性を示す必要がありますが、残念ながら民間医療の多くに十分な効果の根拠があるとは言えません。

通常の薬物の開発では、患者さんにも投与する医師にもわからないようにしたその薬物と偽薬を投与し、それぞれの効果を評価した後に、投与されたものが本当の薬物だったのか、偽薬だったのかを明らかにして薬物の有効性を調べる盲検試験というものが行われます。この時、偽薬でも医師から投与された場合、ある程度の「有効性」が認められることが少なくありません。これをプラセボ効果と言いますが、特にアレルギー性鼻炎(花粉症を含む)ではプラセボ効果が高いことが知られています。偽薬が30%を越える高い有効性、すなわちプラセボ効果がみられた報告もあります。薬物の治療効果を証明するためにはこのような盲検試験が必要です。

その他、安全性が危惧される民間医療も指摘されています。例えば、薬草療法で比較的広く用いられているephedraは重篤な心血管障害、神経障害を引き起こす可能性があり、また、医療機関での処方によらない漢方薬には重金属や毒性物質の汚染の可能性があること、同じ薬草でもそれぞれの産地によって組成の違いがあることなども意外に知られていません。民間医療が持つ危険性の情報は、患者さんにほとんど情報は伝わっていません。

また、患者さんが代替医療に頼った結果、通常の医療に対する受け入れが低下してしまい、コンプライアンスが低下してしまうことが指摘されています。

厚生労働省 – 花粉症の民間医療について

 

副作用がなければ挑戦する価値はあるが、医療機関を受診するのが先決

民間療法のほとんどは、プラシーボ効果との区別が難しいレベル(効果を実感した割合が30%以下)ということのようです。

鼻スチームやシジュウム茶、(今回は取り上げていませんが)漢方等は比較的効果を実感できるようですが、それでも良くて2人に1人の割合。副作用がないのであれば挑戦する価値はありますが、「これさえあれば解決!」とはいきませんね。

確実に症状を軽減できるのは、マスクや眼鏡の着用、帰宅時の洗顔やうがいなど、アレルギーの原因となる花粉をなるべく遠ざけるセルフケア。

そして対処療法では、花粉飛散開始とともに初期治療を始めることにより、症状が出てから治療するより効果が高いことが分かっているそうです。 ヤバイ! と察知したらなるべく早めに医療機関を受診するのが先決と思われます。

なお、2年以上続ける必要がありますが、花粉の抽出液を月1回程度注射して体を慣らしていく減感作療法で、根治も可能だそうです。うーん、これはちょっとハードルが高いですかねー。

さて、今年はどうやって乗り切ろうか……。


甜茶・シジユウム・シソ茶10

いや、ぜんぶ混ぜればいい、ってもんでもないような。(^^;)

TOPページ サイトマップ 更新履歴