Tag: 子育てと仕事の両立

317月

仕事はどこでもできるから、仕事をしながら10日間の子連れキャンプに行ってきた

7月17日(金)〜26日(日)の9泊10日で、子どもたち2人を連れて、キャンプをしてきました(妻は、うち3日間のみ参加)。

週末は、asobi基地アウトドア部のasobi基地キャンプ前期後期の開催。

中日の平日は、仕事をしたり、のんびりしたり。

実は、その直前の7月15日・16日は、子連れでスパリゾートハワイアンズ取材に行っていたので、計12日間、自宅(職場)にいない状態で、仕事をしていました。

“流れるアクアリウムプール”登場! スパリゾートハワイアンズ「フィッシュゴーランド」で南国の魚と泳いできたよ(1/3) – ハピママ*

土日祝日を2回含んでいるので、働いたのは賞味5日6日というところですが、やってみないとわからないことは多かったので、整理してみたいと思います。

 
yagivamp-01

フリーだからできる、というものでもない

「10日間の子連れキャンプだって?そんなの、フリーランスだからできるんだろ」

と思った会社員のあなた、半分は正解ですが、半分は間違っています。

フリーランスだって、仕事が山のようにある状態では、子連れキャンプになんか行けません。

後述しますが、よほどフルチューンしたMacBookProでも持っていない限り、自宅(職場)よりも仕事の処理能力が低下してしまうし、そもそもアウトドアで1週間以上となると、バッテリーの問題があります。

仕事量は、可能な限り減らす必要があるんです。

でも、普段やっている仕事を、そのまま誰かに投げるのでは、他の誰かに負担を掛けることになってしまって、リラックスできません。

急に慣れない仕事に取り組むことになれば、ミスや、判断できない事柄が多発します。

結局、しわ寄せは自分に来ます。キャンプに来ているのに、朝から晩まで対応に追われる、なんて事態にもなりかねません。

 
10904603_904278682978772_3845690852723013383_o

自分にしかできない仕事だけをやる

私は普段から「自分にしかできない仕事だけを担当し、それ以外は、お金を払ってでも他の誰かに振る」という意識を強く持っています。

結果的に、そのほうが成果が出るので、報酬も上がります。

特に、企業と一緒にグループで取り組んでいるディズニー関係の仕事は、この1年間で報酬が2倍以上になりました。

理由は様々ありますが(運ももちろんあります)、最も大きいのは、私自身のマルチタスク能力がそれほど高くない要因です。

物理的・精神的に余裕があれば、しっかり価値を出さなければいけない部分に、専念できるようになり、成果を最大化できる、というわけです。

逆に仕事量に追われるような状況を作ってしまえば、全てが中途半端になってしまい、鳴かず飛ばずに陥るのは間違いありません。

この辺りの見極めや、収入効率を上げるための弛まぬ努力が、フリーランスの生命線なのかな、と最近では思うようになりました。

 
yagivamp-03

10日間のキャンプ生活は……以外と違和感なく時間が過ぎていく

どんなにアウトドア好きでも、1週間以上のキャンプ生活というのは、なかなか経験がないのではないでしょうか。

年間5回〜10回程度はキャンプに行く私も、初めての経験でした。

週末はキャンプイベントの開催で、30人・40人がいるので、もちろん退屈しません。

平日は、周囲のキャンパーたちも一斉にいなくなり、ほぼ私と子どもたちで貸し切りの状態になりますが、それほどストレスを感じる事柄もなく、マイナスの感情に陥る状況もなく、淡々と時間が流れていきました。

何しろ、滞在先が素敵なんですよ。本当に自然豊かで、静かで、空気が美味しくて。

夜なんか、焚き火を前に、お酒を飲みながら、ローチェアにもたれていると、全身の力がどこまでも抜けていってしまうようでした。

唯一、蚊に刺されるのだけは、ちょっと困りました。

それほど数がいるわけじゃないんですが、1日1日、確実に刺されていって、10日間もいるとかなり悲惨なことになります。

蚊取り線香を焚いても、とくに平日は人間がうちらしかいないので、そりゃ狙われるわけです(^^;;

 
11709878_904278959645411_6417401222204144687_o

仕事上のストレスは……改善の余地あり

日常にそれほど大きな問題がなかった一方、仕事面は満足とは言えませんでした。

理由は2つで、「脆弱なインターネット環境」と「古くて熱暴走するMacBook Air」。

何しろ山奥なので、インターネット環境は劣悪です。

iPhoneのSoftBank回線はほぼ使い物にならず、WiMAXのau LTEに頼っていたんですが、この月は外出先での仕事が多かった影響で、制限使用量の7GBをオーバー。

以降はかなりストレスを感じる状況でした。というか、ほぼ仕事になりませんでした。

追加料金を払ってもいいから、au LTEも無制限にしてほしい……。

もう1つ、私が使っているノートパソコンは、MacBook Airの11インチ、Mid 2011。

もともと、それほどスペックの高いマシンではないのに加え、冷却ファンが動かず、ちょっと作業を続けていると、熱を持って、ロクに動かなくなります。

時には、メール1通書くのにも苦労する有り様で、これは買い換え時かなと。

もともと、東京ディズニーリゾートのプレスデーの現地速報で、RAW現像する必要があり、MacBook Proを必要としていたところでした。

バッテリーについては、BTL-RDC6と、Ankerのモバイルバッテリー2個を持っていって、トイレで充電して、iPhoneやMacBook Airに給電していました。

最悪、モバイルバッテリーなら、盗まれてもダメージは最小限ですから。

 
IMG_5045

浮き沈みしながらも楽しんでいた6歳と、赤ちゃん返りした3歳

最後に、子どもたちの様子にも触れておきます。

うちの子たちは野生児なので、屋外での生活には特に問題はありませんでした。

が、精神面では色々と変化がありました。

6歳の娘は「さよなら」が嫌い。前半のキャンプイベント終了とともに、母親が帰ってしまうのもあり、「おうちに帰りたい」と泣く場面もありました。

ただ、感情を表に出すからか、立ち直りも早く、後半のキャンプイベントに向けて「早く次が始まらないかな」になり、いざ始まると全力で楽しみ、イベントが終わる頃になると「3回目はないの?」とベソをかいていました。

一方、あと3ヶ月で4歳になる息子は、常日頃からそうなのですが、我慢してしまうんです。

「おうちに帰りたい」と泣くことはありません。が、片方の親と離れて、2週間近くいるのは、かなりのチャレンジ。

ダメージが徐々に蓄積されていったようで、後半には感情が爆発することもありました。

赤ちゃん言葉を使って抱っこをせがんだり、ワザと「あれ買って」「これ買って」とだだをこねて、ギャン泣きして、愛情を確認するようになりました。これは今、自宅に帰ってきてからもそうです。

なるほど下の子にはまだ大変だったか、と思いつつも、まあ、たっぷり甘えられる環境なので、徐々に取り戻してくれればいいかな、と微笑ましく見ています。

182月

6歳と3歳半の子育て中だけど、育児をクリアした感が半端ない

近頃、ふと気づく。

一時期、あれだけたくさん書いていた、子育てネタのブログ記事を、ここのところは一切「書こう」という気にならない。

子育てと仕事は両立できる?|子育て中の両親には「仕事量半分」で働ける権利を。

やぶ蛇にならないように戦略的に子供の気持ちを無視しようとする親

三歳児神話の正否はどうでもいい。我が子に「保育園にいるのと、家にいるのと、どっちがいい?」と聞いてみよう!

始めて遭遇する子育てへの驚きや、世間の理不尽さ、社会システムの古さなどを、目の前の深刻な問題として、それほど感じなくなったからだ。

私は現在、もうすぐ6歳になる娘と、3歳半の息子の子育て中だ。

が、すでに育児をクリアしてしまった感がある。

いや、正しくは、育児の準備が「万端、整った」と言うべきなのかもしれない。

疲労とストレスで発狂寸前になったり、育児ノイローゼになったり、産後クライシスに陥ったり……といった、致命的な問題は解消され、子どもたちとしっかり向き合う余裕があるのを、実感する。

 

子どもが生まれて3年間はまったく余裕がない

2009年に最初の子どもが生まれてから、3年間は、いま思い返しても、本当に苦労したと感じる。

子どもが生まれてすぐに、妻一人で子育てをするのは物理的に無理がある、と気づき、私は当時の仕事を辞め、フリーランスになった。

独立するための何の準備もしていなかったし、自分が何で稼げるのかもわからなかったから、まあ紆余曲折あった。

2011年に、二人目の子どもが生まれて、保育園に行けるようになるまでは、余裕というものがまったくなかった。

記憶が薄い。

たった数年前なのに、はるか遠い昔の出来事のような気さえする。

 

子どもたちを中心に据えて、人生を組み立て直す

とは言え、人は学ぶ。

傾向が掴めれば、対策ができる。

問題点がわかれば、解決に向けて、一つひとつ行動もできる。

下の子が2歳になる頃には、上の子を育てた経験が活きて、慌てたり、ストレスを感じたりすることがなくなくなった。

 

生活サイクル、仕事など、人生のさまざまな要素を、子どもたちを中心に据えて、ゼロから組み立て直した。

これは、子育てを人生いちばんの楽しみにしている私にとっては、自然な成り行きだった。

誰だって本当は、仕事なんか、できればしたくない。

そんな優先度の低いものを中心に据えて、どうしたら子育てと両立できるか、頭を悩ませるなんて、どうかしている。

当時の私は、そんな感覚だった。

 

「保育園に行きたくない」と言い出したら「行かなくていいよ」と言える

子どもたちが「保育園に行きたくない」と言い出せば、「じゃあ、行かなくていいよ」と軽く言える環境にした。

基本、在宅ワークだし、外出の仕事があっても、ほとんどのケースで同行させられる。

子どもたちを日本中あちこち連れ回したり、やりたい習い事に通わせてあげられるだけの、それなりの収入も、確保できている。

この先、たとえば一般的には「小1の壁」などと言われるが、我が家は、まったく困らない。

 

子どもたちの成長を、落ち着いて見守っていく態勢が整った

もちろん、子どもたちの成長にともない、その時々で、さまざな問題が出てきたり、困難に直面したりはするだろう。

が、古い社会システムと、古いライフスタイル、旧来的な常識……子育てを困難にしている問題を、根本から無効化した我が家にとって、ちょうどいい高さの、乗り越えるべきハードルだと、素直に思える。

“対処療法ではなくて、問題の根を根本的に取り除かないと、気が済まない”

元来、私は、そういう性質なのだと思う。

おかげで、子どもたちとしっかり向き合う余裕もあるし、仕事に打ち込む時間もある。

いざ、地に足をつけて、子どもたちの成長を見守って行こう……いま私は、そんな気分でいる。

 

人生における優先順位を間違えてはいけない

私は、今まさに育児に困っている人たちには、あまり多くを言える気がしない。

私自身がうまくいっているのには、幸運だった面もある……と、間違いなく思うからだ。

真似をすればいい、と気軽に言えるわけもない。

 
ただ、もしあなたが若者で、これから結婚や育児に向き合おうとしているなら、優先順位を間違えてはいけない、とアドバイスしたい。

大切なのは、古くさい常識から逸脱せずに生きることではない。

あなた自身が最も大切にしているもの、大切にすべきものを、正しく見極め、決して手放さないことだ。

人間、自分らしささえ失わなければ、人生を楽しむことができる。

44月

現実問題として育児休暇なんて取れない

今朝方、こんなツイートを見まして、つい自分自身のときを思い出してしまいました。

現実問題として、そうなってしまう残念な会社はまだまだ多いですよね。

 

結果としてフリーに辿り着いた

僕は今でこそ、子育てを人生の中心にするために、フリーで働いています。

経済的には満足とまではいきませんが、それ以外は非常にうまくいっています。

でも、最初からフリーで子育てしようなんて思っていませんでした。

それまでフリーで働いた経験はなかったし、準備もまったくしていませんでした。

経済的にも、なんだかんだ言って社員のほうが安定しているのは事実でしょう。

だから、妻が妊娠して、ワークライフバランスを見直したときに、真っ先にやったことは会社との交渉でした。

「育児休暇とまでは言わずとも、せめて残業なしにしてくれないか、給料は下がってもいい」と。

会社の回答はNO。周囲への示しがつかない、といったような理由でした。

僕のケースでは嫌味を言われたり、辞めろと圧力を掛けられたりということはなかったですけど、じゃあ仕方ないな転職するしかないと決断しました。

それから仕事を探したんですけど、僕の当時のスキルや実績では、とてもこちらから会社を選べる状況ではなく、「育児を人生の中心にしながら働く」という条件に合った仕事は見つかりませんでした。

雇用保険の期間も切れそうだし……これはもはや、自分の手で稼ぐほかにないな、と思い切り、フリーになったわけです。

 

職を失っても、最も大切なものは守れる

ツイートを引用させていただいた@199papaさんは、「退職意志が無いなら絶対やめとけって答えます。」と書いています。

僕も同意で、人生における物事の優先順位を考えたときに、明確に「現在の仕事」よりも「子育て」が上位にくるのでなければ、現実問題としては(よほど運が良くなければ)茨の道です。

ただ逆に言えば、子育てが最優先と胸を張って言える方なら、たとえ職を失っても、自分にとって最も大切なものは守れます。

再就職がうまくいかないかもしれないし、経済的に不安定になるかもしれない。

正直、僕自身がフリーでそこそこやれているのも運でしかありません。

たまたま、それまで取り組んできたことが、まったく意外な方法で、形になっただけのことなんです。

でも、もし形になっていなくても、「あのとき会社を辞めなければよかった。子育てを最優先にするべきではなかった」なんて絶対に思わない自信があります。

あと一つ、これも運になるのかな、妻のサポートは必須ですよね。稼げなくなったら離婚話を切り出された、なんてパートナー関係じゃ、とてもやっていけません。

子育てが最優先という価値観に同調してくれる、もしくは反対しない(口出ししない)パートナーは必須だと思います。その点、僕は恵まれています。

感謝しないといけませんね。

81月

子育て中の両親には「仕事量半分」で働ける権利を。

こんにちは。寄金です。僕には3歳と1歳の子供がいます。子供たちが大好きです。

ざっとライフサイクルを書いておくと、朝は4時〜5時に起床します。

できる限り、外部サイトへの寄稿記事や、ブログ記事を書き、6時過ぎに妻と子供たちを起こします。

みんなで朝食を食べ、保育園と仕事へ送り出し、また作業を再開します。

外出の用事がなければ、17時くらいには仕事を中断して、夕飯の準備に取りかかります。

実は我が家は8人と4匹の大家族なんですが、全員分を作ります。

妻が子供たちを保育園から連れて帰ってくるのが18時半。

夕飯を食べ、子供たちを風呂に入れ、寝かし付けながらそのまま一緒に眠ってしまいます。

就寝は21時〜22時くらいですね。

睡眠不足には弱いので、6時間は眠れるように調整して、翌朝4時〜5時に起床という感じです。

 

朝4時起床〜21時就寝で、子供最優先に生活している理由

なぜこんな生活をしているかというと、第一に、やりたいから。

好きこのんでやっているという面が一番強いです。

第二に、幼少期はその子の人生のある一部分を決めてしまうから。

自分自身を振り返っても(ま、記憶があるわけじゃないですけど)、小さい頃に目一杯甘えられてこそ、立派に自立できるんじゃないだろうかと思っています。

少なくとも小学校に入るくらいまで、できれば中学校へ行くまでは、子供たち最優先でいたい。

 

「共働き」かつ「フルタイム勤務」は、子供を犠牲にしなければ成り立たない

第三に、こうでもしなきゃ、共働きでは物理的に無理があるから。

我が家の場合、妻が実家の自営業の手伝いをする必要があるので、仮に僕の年収が3,000万円だったとしても、共働きになります。

共働きの場合、フルタイムで正社員として働きながら子育てなんて、不可能ですよ。

無理矢理やっている人はいますが、それは泣く泣く犠牲を払って成り立たせているだけです。

例えば現在、うちの子供たちは21時過ぎには就寝しています。

朝6時過ぎ起床を考えると、睡眠時間8時間以上を確保するためにギリギリのラインです。

が、これは妻と子供たちが18時半に帰宅した時点で、夕飯の支度がととのっているから可能です。

もし僕が東京で働く正社員で、残業と通勤時間を含め帰宅が21時頃だったとしたら、妻は一人で夕飯の支度に取りかかることになります。

どんなに頑張っても30分以上はかかり、食べ終えたときには20時を過ぎているはずです。

これでは、子供たちを風呂に入れている間に21時は回ってしまいます。

ついでに言うと、夕方の子供たちは眠かったり、お腹が空いていたりして機嫌が良くありません。

特に1歳の下の子は、僕が炒め物など夕飯の仕上げをしていると、足にかじりついて泣きわめきます。

これじゃあ危なくて炊事ができないし、泣き叫ばれるのはかなりのストレスです。

多少は何か食べ物をあげるんですけど、あんまりあげ過ぎると夕飯を食べなくなるんで、たくさんはあげられません。

こんな状況の中で、一人で夕飯の支度をするのは、すさまじい負担。

イライラして怒鳴り散らす事態になるか、子供たちに我慢させるか(泣いても無視していれば、泣かなくなります。サイレント・ベビーですね)。

どちらにしても、子供が受ける影響を考えれば、好ましい状態じゃないですよね。

 

精神論では何も解決しない

子育ての経験のない方は「そんなん子育てしていたら当たり前だろ」と言うかもしれません。

が、これは精神論で何とかなる問題じゃない。

例えば妻は、今年の抱負で「できる限り子供たち怒らないようにしたい」とブログに書いていました。

怒りたくて怒っているんじゃないんです。

うちの妻は、先ほど触れたとおり実家の自営業の手伝いをしていて、割と働き方に自由があります。

それでも疲労とストレスで、常にギリギリの状態にあって、感情のコントロールが限界を超えてしまうケースが多々ある。

僕は「親はそれくらいできて(できなくてもやって)当然」というスタンスでいますけど、(僕も含め)現実問題としてどうにもならないことがあるわけです。

精神的な強さだったり、積み重ねてきた経験であったりは、もうその時点で持っているものでやるしかないわけです。

昨今、親が子供を放置したり、虐待したりして殺してしまう事件が報道されます。

そのたびに世間は強烈にバッシングするわけですが、僕も妻も、環境によっては誰にでもあり得るよね、と思ってます。

特に一人目の子供が3歳になるくらいまでは、未知の体験の連続で、信じられないくらいのストレスでした。

新生児の頃はとくに、なんで泣くのかわからない、どうしていいのかわからない、おまけに極度の寝不足(昼夜問わず、約3時間ごとに授乳)と、極限にまで追い詰められます。

親だからやって当然、は心構えとしてはその通りです。

が、「子育てはそういうものだから」「昔からそうだから」の一言で困難な状態を放置するのは、思考停止以外のなにものでもない、というのが持論です。

社会の仕組みとして改善できるのであれば、改善すればいいんです。

 

子育て中の両親に、労働時間を半分にできる権利を。

現実問題として無理じゃん、という意見は当然出てくるんですが、ここではいったん置いておきます。

重要なのは、どんなに現実離れしていてもいいから、理想の状態を思い描くこと。

なぜなら、制約の中でどうこうしようと足掻いても、いい案は生まれてこないからです。

もし、理想像が魅力的なものなら、賛同する人が集まります。

人が集まれば、じゃあどうやって高いハードルをクリアして行こうかと、行動に繋げられます。

物事を動かす何かのきっかけになるかもしれません。

僕は、子供をだっこしてゆっくり会話する時間を確保するために、子育て中の両親には、仕事量を半分にできる権利を与えるべきだと思います。

理由は書いてきたとおり、子供を犠牲にしなければ仕事と子育ての両立は不可能だからです。

半分の労働時間で得た収入では足りない分は、(上限を決めて)補助すれば、最低限の生活も確保できます。

財源は悩ましいところですが、ひとまず置いておきます。

 

みなさんはどう思いますか?

少なくとも、現在の「子育てと仕事の両立」は、何かしらの犠牲の上に成り立っている事実は、疑う余地がありません。

その犠牲を許容できる人、できない人と、様々な価値観があるわけですが、犠牲を少なくできるとしたら、その方向性に反対する人は少ないはずです。

問題は方法ですよね。

どうやって無理なく両立させるのか。

どんなブレイクスルーが必要なのか。

例えば、子供が生まれてから10年間、仕事の面では何かしら妥協するとします。

僕の案は労働時間半分ですが、これは雇用主にとっては労働力が中途半端に減るわけで、頭の痛い問題になるのは想像に難くありません。

だとしたら、10年間一切仕事をしないという方法もあるかもしれません。

ただ、この場合、再就職が高いハードルになりますし、一切仕事をしなくなるとスキルも劣化します。

みなさんはどう思いますか? 子育てに後悔しないために、どんな働き方がしたいですか? TwitterやFacebookで、ぜひ意見を聞かせてください!

TOPページ サイトマップ 更新履歴