著名人でない僕でも、1ヶ月でSNSフォロワーを300人増やせます。


当WEBマガジン『Handmade Future !』は、11月の半ばにスタートしたばかりです。12月度は約75,000PVを獲得できました。

2012年12月度運営報告|75,187PV、69,833UU、売上13,857円

中期的な展望では、半年〜1年で月間約30万PVを目標としています。そのための戦略として、当ブログの第一の評価指標を、ソーシャルプルーフの増大においています。

ソーシャルプルーフとは – はてなキーワード
あるものに対して賛同者が多くなるにつれて、そのあるものが信頼性を持つようになること。社会心理学の用語のひとつ。

つまり、サイドバー上部に表示されているTwitterとFacebookページのフォロワーを増やす、という明確な目的を持って運営しています。

[box type=”info” ]※なお、アクセスの流入元という意味では、ソーシャルメディアに過度の期待はできません。なぜなら、投稿がクリックされる割合(CTR)は、平均1%がいいところだからです。クリックしてくれた1%の人のうち、さらに記事を気に入って何かしらアクション(RTや「いいね!」等)を起こしてくれる人数を考えれば、フォロワー数が5桁に近づいてこなければあまり意味がありません。

ソーシャルプルーフ増大を除いたメリットは、「記事をポジティブに捉えてくれた方がこんなにいる」という実感が得られる以外にないだろうと考えています。これはこれで、もちろんとても嬉しいことですけどね。[/box]

 

とはいえSNSのフォロワーを増やすのは意外に難しい

知名度の高い人、あるいは常に有益な情報発信ができたり、鋭い洞察の元に発信できたりする人を除けば、ソーシャルメディアのフォロワーを増やすのは困難です。経験上、ほとんどの有名企業でも大差ありません。(ノウハウがない場合には)お金を投じてキャンペーンを打つしか手段がないのが実情です。 企業のソーシャルメディア担当者は、常に頭を悩ませていると思います。

いくらツイートしても、ちっともフォロワーが増えていかない、というのは、一般人の誰しもの実感。もちろん僕も一般人の部類なので、普通に発信しているだけではフォロワーは増えません。それでも12月度には、TwitterとFacebookページを併せて、約300人の方にフォローしてもらえました。

2013-01-09_0601

Twitter約50人+Facebookページ約250人です。

※重複している方もいるはずですので、延べ人数です

 

記事直下でコール・トゥ・アクション

ソーシャルメディアをフォローしてもらうために、たった一つのことを徹底しています。各記事の一番下でのコール・トゥ・アクションです。

記事直下は、読み手が最もアクションしてくれやすい場所です。記事内容に共感してくれたり、メリットを感じたりしてもらえた場合は、なおさら行動してくれる可能性が高まります。

具体的には、ソーシャルメディアをフォローするメリットを添えつつ、フォローを呼び掛けます。

[box type=”note” ]【フォローするメリットの例】
・当サイトでは●●についての情報をお届けします
・●●について発信しているのはソーシャルメディアだけです
・更新情報を受け取るにはTwitterが便利です
など[/box]

たったこれだけ。

あとは、読み手にとって何かしらメリットのある記事を、丁寧に量産していくだけです。

 

年間で考えれば数千人の増加

きちんとアクションを呼び掛けている限り、PVが増えれば増えるほど、着実にフォロワーは増えていきます。

1ヶ月300人でも、年間では3,600人の増加です。実際にはサイトの成長とともにフォローしてくれる方も増えていくので、場合によっては5,000人〜10,000人のフォロワーを獲得できる可能性もあります。

やるべきことは大した手間もかからず、シンプルです。ぜひ、コール・トゥ・アクションを実践してください。

記事はいかがでしたか?
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (3 件の評価, 平均 2.00)
Loading...


話題の記事