スマホ最適化、やるなら今! 現在は解消されているレスポンシブ・レイアウトの3つのデメリット


WordPressで運営しているブログのスマートフォン最適化には、レスポンシブ・デザインがおすすめです。

1年前にはデメリットとされていた、信頼性、選択肢、広告やコンテンツがはみ出す問題、ノウハウの蓄積不足も、現在は大部分が解消されています。

 

モバイル専用サイトでは「自分らしさ」を出しにくい

「オピニオン系ブログでもモバイルからのアクセスがパソコンを明確に上回るようになった」という記事を書きました。

あなたのブログ、知らないところで「何これ見にくい」って酷評されてますよ。

モバイル(スマートフォン&タブレット)からのアクセスが過半数なのであれば、スマホ最適化に本腰を入れない理由はありません。というよりむしろ、パソコン環境は後回しにして、モバイル環境を基準にカスタマイズしなければ、本末転倒ですよね。

スマートフォン、タブレットに対応するには、大きく2種類の方法があります。一つは、現在主流の、モバイル用のサイトを用意する方法です。

ただ、僕のように個人規模で運営していて、本格的なWebデザインの知識がない場合、思ったようにカスタマイズできません。WrordPressのプラグインで、モバイル用サイトを自動生成してくれるものもありますが、オリジナリティのない画一的な見た目になってしまいがちです。

ブログ運営をしている人は、少なからず、「自分のサイトらしさ」を追求しているはずです。パソコン環境では積極的にカスタマイズしているのに、スマホではどうでもいいという人は少ないでしょう。モバイルからのアクセスが過半数を越えたとあっては、なおさらです。

 

レスポンシブデザインがおすすめ

そこでおすすめなのが、もう一つの方法、レスポンシブ・デザインの採用です。レスポンシブは、閲覧環境によって(ブラウザの横幅によって)、デザインを保ったままでシームレスに変化します。

『Handmade Future !』はレスポンシブ・デザインを採用しています。パソコンで開いて、ブラウザの横幅を狭くしてみてください。まずサイドバーが消え(正確には、記事下に移動する)、次にタブレット用デザインになり、最後にスマホ用デザインに変化していきます。

このように、WordPressで構築したブログであれば、レスポンシブ・デザインのテーマを採用しさえすれば、「自分のサイトらしさ」を維持したまま、スマートフォンに対応できます。

 

現在はレスポンシブデザインのデメリットはほとんど無い

1年前はまだ、レスポンシブデザインのデメリットを気にして、導入に踏み切れない人が多くいた印象です。

が、現在は、当時存在したデメリットは、ほぼ解消されています。

 

1. HTML5の信頼性が低く、選択肢も少ない問題

当時はまだ、レスポンシブの根幹となるHTML5は、比較的新しい技術であり、使いこなせるWebデザイナーが少ない事情がありました。見た目は良くとも、レンダリングがうまくいかず、許容できないくらいサイトが重くなってしまうケースも存在しました。

また、そもそもレスポンシブ・デザインを採用しているテーマの数が少なく、好みのテーマを選ぼうにも、選択肢があまりありませんでした。

が、これらについては、時間が解決してくれています。現在は、信頼性の高いレスポンシブデザインのテーマが多数リリースされていて、充分に「自分らしさ」を追求できるはずです。

layout:responsive – attributes | ThemeForest

 

2. 広告やコンテンツがはみ出しちゃう問題

テーマがシームレスに変化できても、広告や一部コンテンツはそうはいきません。パソコン用に、大きなサイズの広告や、YouTube動画を貼付けても、スマートフォンで見ると枠をはみ出してしまって格好悪くなってしまう状況がありました。

逆に、スマートフォンにサイズを合わせてしまうと、今度はパソコンで見たときに小さすぎて、格好悪かったり、思ったように効果を発揮できなかったりしてしまうわけです。

PHPコードを利用して、ユーザエージェントを判定して表示するコンテンツを切り替えるなどの方法もあったのですが、手間がかかり、あまり知識がないと使いにくいという大きな課題もあり、完璧とは言えませんでした。

この点についても、現在は各方面でレスポンシブ対応を強化しているため、ほぼ問題にならなくなっています。

Google Adsenseは、レスポンシブ広告を登場させています(『Handmade Future !』でも利用しています)。YouTube動画なら、テーマのほうで対応し、動画埋め込み機能をサポートするケースが大半です。

 

3. 慣れていないので扱いにくい問題

たぶん、最も根本的なデメリットはこれだと思います。そもそも、スマートフォンが普及しだしたのがここ数年であり、スマホ最適化と言っても思うように具体像を掴めません。僕自身、1年前はそうでした。

なおかつ、レスポンシブデザインという新しい技術となると、「うーん、メリットはわかるけど、とりあえず様子見かな」となってしまいがちです。

現在は、インターネット上に、レスポンシブデザインに関するノウハウが蓄積されてきているので、どうしていいかわからない状況が出てきても、Google検索で大部分を解決できます。

モバイル環境をメインに構築する必要に迫られた今のタイミングで、読み手をうんざりさせないうちにチャレンジするのを、個人的にはおすすめします。

なぜなら、運用しているうちに慣れます、というのが、ここ1年間レスポンシブデザインをカスタマイズし続けてきての実感だからです。

ちなみに、『Handmade Future !』のスマホ最適化ノウハウは、こちらに整理しました。

世界中でRating4.78の高評価を受けるWordPressレスポンシブ・テンプレート『Sahifa』|スマホ最適化カスタマイズまとめ

必要ないパーツや機能を徹底的に排除する、サイドバーを極力短くする、文字を大きめにする、Google AdSenseは記事タイトル下&記事直下がベスト、など、1年間カスタマイズをし続けてきて検証できた情報を掲載しています。

記事はいかがでしたか?
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (まだ評価はありません)
Loading...


話題の記事