ブロガーのみなさん、年末のまとめは本当にPV数ランキングなんかでいいんですか?


「誰かに何かを伝えたい」という思いを最優先に発信しているなら、PV数よりも、平均ページ滞在時間のほうが適正な指標になる可能性があります。しかもおもしろいことに、ランキングのラインナップは、自分にとって渾身の記事ばかりに。結果として、読み手にとっても興味深いまとめ記事になりますよ。

 

「誰かに何かを伝えたい」と発信しているならPV数は最適な指標ではない

年末になると、ブログメディアの年間PV数ランキングを見かけます。が、ちょっぴり疑問なのは、あなたのブログは、本当にPV数で成果を測定できるんですか? ということなんです。

年間の総括記事そのものでアクセス数を稼ぎたい場合は、まぁPV数ランキングは悪い選択ではないでしょう。この記事にこんだけPV数がありました、という事実は、それなりに人を誘因する材料になるからです。

でも個人的には、年間の総括記事は、(そのものが読まれるにこしたことはない、とはいえ)どちらかと言えば、1年間のメディア運営を振り返る意図があります。

例えば、アドセンスをクリックしてもらうためにブログを運営しているなら、PV至上主義も理解できます。PV数が多ければ多いほど、収益が上がる仕組みだからです。

でも多くのブロガーは、収益は副次的なもので、「誰かに何かを伝えたい」と思って発信しているのではないでしょうか。僕自身もそうです。

他人に伝えられているか?を推測する指標としては、PV数は最適とは言えません。例えば、自分自身がブログ記事等を見ているときを思い浮かべてほしいのですが、魅力的なタイトルだと思ってクリックしたものの、中身にがっかりしたり、読みにくかったりして、数秒で閉じてしまうケースもありますよね。

 

ページ滞在時間を指標に、熟読されたかどうかを知る

そこで提案したいのが、年間ページ滞在時間ランキングです。誰かに何かを訴えかけられるような、はっきりとした価値のある記事であれば、熟読され、ページ滞在時間が伸びます。

もちろんこれも、パーフェクトな指標ではないですよ。

例えば、WordPressの機能がわからなくて、Google検索で調べものをするとします。こういうのは、知ってるか知らないかの単純な問題であるケースが多いので、解決できれば、そのページはさっさと閉じられてしまうでしょう。

当然ながら、ページ滞在時間は短くなります。が、誰かの課題を解決したという意味では、その記事は役に立っていると言えます。

発信しているコンテンツの性格は考慮しなければいけません。が、「誰かに何かを伝えたい」と思って発信しているのなら、PV数よりは効果的な指標になりえます。

※また、コンテンツの量(記事の長さなど)は、よほど極端な場合をのぞき、あまり考慮する必要はないと感じています。人は自分が気になっている部分にしか注意を払わないので、記事が長かろうが、短かろうが、コンテンツに触れる時間はそんなに変わらないようです。量より質のほうが、滞在時間に影響を与るというのが実感です。

(疑問に感じる方は、ぜひ自分のブログで、コンテンツの長さとページ滞在時間の関連性をチェックしてみてください。意外なほど関連性が薄い事実に、驚くんじゃないかと思います)

 

おもしろいことに、ラインナップは自分にとって渾身の記事ばかりになる

論より証拠、実際に平均ページ滞在時間ランキングを紹介します。

まずは【子育て&ワークスタイル/2013年平均ページ滞在時間ランキング】から。

1. 僕がフリーランスを天職だと感じるのは、我慢せずに自分らしく生きられている実感があるから

平均ページ滞在時間|00:07:15(1,298PV)

僕がフリーランスを天職だと感じるのは、我慢せずに自分らしく生きられている実感があるから

2. 「やってて楽しいこと」が少ない人は趣味を仕事にできない

平均ページ滞在時間|00:07:06(10,137PV)

「やってて楽しいこと」が少ない人は趣味を仕事にできない

3. 夫婦仲がうまくいかないのは言葉足らずが原因

平均ページ滞在時間|00:06:33(26,131PV)

夫婦仲がうまくいかないのは言葉足らずが原因

4. ペットの死に際して子供たちに伝えたかったこと

平均ページ滞在時間|00:06:09(4,783PV)

ペットの死に際して子供たちに伝えたかったこと

5. 尾崎豊のように窓ガラスを割ることなく、早くから自分らしく生きることに全力を注ぐために

平均ページ滞在時間|00:05:52(10,170PV)

尾崎豊のように窓ガラスを割ることなく、早くから自分らしく生きることに全力を注ぐために

6. 子育てと仕事は両立できる?|子育て中の両親には「仕事量半分」で働ける権利を。

平均ページ滞在時間|00:05:34(9,481PV)

子育てと仕事は両立できる?|子育て中の両親には「仕事量半分」で働ける権利を。

7. [パパ育]母親が1人で“子育ては自分の役割”という意識を持った時点で敗北決定

平均ページ滞在時間|00:05:08(3,340PV)

[パパ育]母親が1人で“子育ては自分の役割”という意識を持った時点で敗北決定

8. 現実問題として育児休暇なんて取れない

平均ページ滞在時間|00:05:03(3,748PV)

現実問題として育児休暇なんて取れない

9. 37.4℃を超えたら一律で子供を帰宅させる保育園。クレームをつける親はモンスター?

平均ページ滞在時間|00:04:42(10,844PV)

37.4℃を超えたら一律で子供を帰宅させる保育園。クレームをつける親はモンスター?

10. 僕が子供を仕事に連れて行きたい5つの理由

平均ページ滞在時間|00:04:39(2,745PV)

僕が子供を仕事に連れて行きたい5つの理由

 
最も熟読されている記事のPVは、わずか1,300ほど。3,000〜4,000PV程度の記事も目立ちます。

いやー、これ、自分でも驚くんですけど、渾身の記事ばかりなんですよね。狙って書いた記事というよりは、日常の中から出てきた気づきだとか、疑問だとかをベースに、心情を吐露したものが多い。

ちなみに、PV数でランキングを作ると、こんな感じになります。

【子育て&ワークスタイル/2013年アクセス数ランキング】
1. 母親にも「もう無理!」と声を上げて投げ出す権利がある|64,485PV
2. なぜパンツをはく必要があるのか子供に説明できない|27,030PV
3. 夫婦仲がうまくいかないのは言葉足らずが原因|26,131PV
4. 子供の多様性の行方。保育園で見たのは「異様な光景」か「ベストな方針」か|19,115PV
5. 37.4℃を超えたら一律で子供を帰宅させる保育園。クレームをつける親はモンスター?|10,844PV
6. “産後クライシス” は原因不明の難病ではないよ。|10,625PV
7. 尾崎豊のように窓ガラスを割ることなく、早くから自分らしく生きることに全力を注ぐために|10,170PV
8. 「やってて楽しいこと」が少ない人は趣味を仕事にできない|10,137PV
9. 子育てと仕事は両立できる?|子育て中の両親には「仕事量半分」で働ける権利を。|9,481PV
10. 17,200時間、地球約17周の無駄について。|7,346PV

顔ぶれがかなり変わります。

 
もう一つ、【情報発信スキル/2013年平均ページ滞在時間ランキング】もやってみましょう。

1. 個人ブログメディアの作り方|ニッチ分野における情報収集の3つの基本

平均ページ滞在時間|00:07:43(1,508PV)

個人ブログメディアの作り方|ニッチ分野における情報収集の3つの基本

2. 開始1ヶ月で7万PV|『はてなブックマーク』で読まれる記事を書く訓練をしよう。

平均ページ滞在時間|00:07:23(1,153PV)

開始1ヶ月で7万PV|『はてなブックマーク』で読まれる記事を書く訓練をしよう。

3. 東京ディズニーリゾートとソーシャルゲームの違い

平均ページ滞在時間|00:07:06(249PV)

東京ディズニーリゾートとソーシャルゲームの違い

4. mixiとLINEが1記事10万PV以上を生む衝撃

平均ページ滞在時間|00:06:59(3,219PV)

mixiとLINEが1記事10万PV以上を生む衝撃

5. 書評ブログがトレンドになる可能性|“本を推薦できる人”の存在価値が高まっている

平均ページ滞在時間|00:06:53(734PV)

書評ブログがトレンドになる可能性|“本を推薦できる人”の存在価値が高まっている

6. WordPressの使い方。初心者が必ず押さえておきたいプラグイン7つ

平均ページ滞在時間|00:06:34(16,037PV)

WordPressの使い方。初心者が必ず押さえておきたいプラグイン7つ

7. Twitterで価値のあるフォロワーを確実に増やすたった3つのステップ

平均ページ滞在時間|00:06:28(14,479PV)

Twitterで価値のあるフォロワーを確実に増やすたった3つのステップ

8. 検索上位を実現するたった3つのステップ

平均ページ滞在時間|00:06:25(4,455PV)

たった5分。検索上位を実現するたった3つのステップ

9. ブログを自己満足で終わらせないために意識するべき7つのポイント|田端信太郎『MEDIA MAKERS』より

平均ページ滞在時間|00:06:22(3,739PV)

ブログを自己満足で終わらせないために意識するべき7つのポイント|田端信太郎『MEDIA MAKERS』より

10. ブログで稼ぐ2つの基本モデル|「PV依存モデル」と「インバウンドマーケティングモデル」

平均ページ滞在時間|00:05:53(2,977PV)

ブログで稼ぐ2つの基本モデル|「PV依存モデル」と「インバウンドマーケティングモデル」

3位と5位なんか、それぞれ249PVと734PV。ここまでPV数が少ないのは自分でも驚いちゃいますけど、記事自体はやはりそれなりに自信のある内容です。

PV数のランキングはこちら。

【情報発信スキル/2013年アクセス数ランキング】
1. ジョブズ(天才)じゃなくてもできる、伝えるプレゼンテーション7つのコツ|32,185PV
2. 一目で惚れる。WordPressの厳選レスポンシブ・テンプレート5つ|18,258PV
3. たった5分。検索上位を実現するたった3つのステップ|17,946PV
4. 一目瞭然。読まれるブログ記事の書き方|17,241PV
5. WordPressの使い方。初心者が必ず押さえておきたいプラグイン7つ|16,037PV
6. Twitterで価値のあるフォロワーを確実に増やすたった3つのステップ|14,479PV
7. 田中ゆうたろう杉並区議はなぜ炎上したか?|8,988PV
8. Amazonアソシエイトの使い方。ブログを収益化する7つのコツ|7,369PV
9. 必見。Googleが公式にAdWords広告ランクの仕組みを解説|6,309PV
10. Gunosyは情報収集を助けるだけではない。「ブログで食う」の実現性を高めてくれている。|4,913PV

 

熟読されている記事ランキングのほうが、興味深くない?

いかがでしょうか。

僕自身もランキングを作成してみて意外だったんですが、熟読されている記事ランキングのほうが、記事を読んでみたくなりませんか?

僕は、単に「たくさんの人に読まれた記事です」というよりも、「PV数は少ないけれど、読んでいる人は熟読している」記事のほうが、断然気になります。

もちろん最強なのは、PV数が多くて熟読されている記事ですけどね。

 

PV数では測れない記事の価値を掘り起こす

ちょっと真面目な話もしておくと、メディア運営者として、特にページ滞在時間に着目する理由は、“たくさんの人に読まれてはいないけれど、価値のある記事” をしっかり掘り起こして、コンテンツ制作の方向性が適正かどうか、再確認するためです。

特に、検索流入がメインの記事は、SNSでバズったケースより、PV数が少なくなりがちです。

でも、検索流入がそれなりにあるということは、その記事に価値がないわけではない。

一概に、PV数が少なかったから失敗、とは言えないわけです。

ふつうは、自分が書いた記事で誰かが影響を受けた事実は、なかなか知れないものです。ゆいいつ、平均ページ滞在時間が、「熟読してくれたのなら、それなりに印象に残ったはずだ」と推測する指標になりえます。

Web上で一つの記事を10分近く読むって、なかなかすごいことだと思いませんか?

ということで、みなさんもぜひ、年間PV数ランキングなんかやめて、平均ページ滞在時間ランキングにしましょう。僕は平均ページ滞在時間ランキングのほうが読みたいですね。

記事はいかがでしたか?
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (まだ評価はありません)
Loading...


話題の記事