1012月

2013年総決算! 世の中に意見や思いをぶつけたら(良くも悪くも)手応えがあった記事ベスト10


『Handmade Future !』のオピニオン、政治、ソーシャルグッドカテゴリの記事のうち、2013年に平均ページ滞在時間が最も長かった10記事を紹介します。

大半の記事は、公開してもほとんど見向きされません。でも、これらは熟読してもらえた記事たちです。Web上で5分も10分もかけてじっくり読んでもらえたのなら、何かしら感じてもらえたはずです。

 

オピニオン、政治、ソーシャルグッド/2013年平均ページ滞在時間ランキング

1. 【前編】待機児童ゼロに潜むリスク|asobi基地・小笠原 舞 “女性の権利は語るのに「こどもにとって」は議論しない日本社会”

平均ページ滞在時間|00:09:30(20,990PV)

【前編】待機児童ゼロに潜むリスク|asobi基地・小笠原 舞 “女性の権利は語るのに「こどもにとって」は議論しない日本社会”

この記事を読んだ政治家がわざわざ連絡をくれる、と小笠原舞さんが言っていました。もうすぐ9000いいね!に届きそうです。

僕自身にとっても、大きな意味を持つ記事。現場主義でいい取り組みをしている人は、活動に心血を注ぐあまり、マーケティングがおろそかになりがち。

共感できる人の発信を、培ってきたスキルと経験でサポートする。こんな渾身の仕事を増やしていきたいですね。

 

2. 「検索の次」の時代が来る|Gunosyが神速で取り組むべき2つの課題

平均ページ滞在時間|00:07:12(7,510PV)

「検索の次」の時代が来る|Gunosyが神速で取り組むべき2つの課題

人によって、必要な情報、価値のある記事は違う。だから、情報流通にGoogle登場以来の革命が起きるとしたら、ある記事の価値を、検索エンジンが一律で評価するのではなく、個人それぞれの基準で評価できるようになったとき。

Gunosy単体に限って言えば時期尚早だったかもしれないんですけどね。でも、「検索の次」が見えたのは事実。未来を感じさせてくれただけでも、Gunosyを評価したいと個人的には思います。

 

3. 僕はこうして投票先を決めた。

平均ページ滞在時間|00:06:52(13,475PV)

僕はこうして投票先を決めた。

選挙権を得てから10年以上、一度も納得して投票できた経験がないんですが、はじめて納得できた(かもしれない)んです。政策ではなく「人」を最優先に判断する、という方法で。

津田大介さんのツイートのおかげで、(題材の割には)PV数も伸びてます。

 

4. 【後編】待機児童ゼロに潜むリスク|asobi基地・小笠原 舞 “一人では変えられない社会も、それぞれが自分事として取り組めばいつかシフトチェンジする”

平均ページ滞在時間|00:06:37(2,607PV)

【後編】待機児童ゼロに潜むリスク|asobi基地・小笠原 舞 “一人では変えられない社会も、それぞれが自分事として取り組めばいつかシフトチェンジする”

小笠原舞さんのインタビュー記事の後編です。前編で問題提起したうえで、じゃあ自身はどうやって課題に取り組んでいるのかを聞いています。

 

5. こどもたちが本来の力を発揮できる場! asobi基地@代々木公園レポート

平均ページ滞在時間|00:06:14(602PV)

こどもたちが本来の力を発揮できる場! asobi基地@代々木公園レポート

小笠原舞さんが代表をつとめるasobi基地のレポート。写真満載です。

 

6. 僕は若者に「選挙に行け」とは言えない|津田大介 – ウェブで政治を動かす!

平均ページ滞在時間|00:06:14(24,023PV)

僕は若者に「選挙に行け」とは言えない|津田大介 – ウェブで政治を動かす!

不完全なシステムなのに、まるで「投票さえすれば世の中を変えられる」かのように偽るのは、フェアじゃない。だから改善するべきなんじゃないの、という問題提起。

津田大介『ウェブで政治を動かす!』を読んで感じたことを綴っています。

 

7. こどもたちが商店街で売り子に!『asobi基地 x 商店街 お店屋さんに変身!』レポート

平均ページ滞在時間|00:05:53(494PV)

こどもたちが商店街で売り子に!『asobi基地 x 商店街 お店屋さんに変身!』レポート

こちらもasobi基地のレポート。ですが、今まで何回も参加していて、いちばんいい企画だったかも。もちろん写真満載です。

8位(下)の記事に繋がるんですけど、こどもたちには社会を実感してもらいながら育ってほしいんですよね。大学を卒業してから社会を知り始めるんじゃ、20代がもったいないから。

 

8. 尾崎豊のように窓ガラスを割ることなく、早くから自分らしく生きることに全力を注ぐために

平均ページ滞在時間|00:05:52(10,170PV)

尾崎豊のように窓ガラスを割ることなく、早くから自分らしく生きることに全力を注ぐために

コンビニ冷蔵庫に入って炎上した若者の問題に端を発して。彼らをバッシングする気になれない一方、社会のあり方が変わった今、社会を学ぶ過程を変えるべきなのかもしれないと親として思います。

早くから世の中の仕組みや多様性を見せ、自分らしく生きるためのスキルを教えることができれば、若者のうちから自分らしく生きることに全力を注げるんじゃないでしょうか。

 

9. ダイバーシティとは?|「多様性を受け入れる」とはマイノリティの意見をすべて受け入れて徹底的に妥協点を探ることではない

平均ページ滞在時間|00:05:32(2,584PV)

ダイバーシティとは?|「多様性を受け入れる」とはマイノリティの意見をすべて受け入れて徹底的に妥協点を探ることではない

マイノリティの存在は尊重されるべき。でも、多様性の名のもとに権利を口うるさく主張して、足を引っ張り合う窮屈な社会にはしたくないですね。互いの価値観の違いを認め合える社会が理想です。

 

10. Googleリーダー利用者は時代遅れ。勇気を持って新しいスタイルを模索するべき

平均ページ滞在時間|00:05:30(15,686PV)

Googleリーダー利用者は時代遅れ。勇気を持って新しいスタイルを模索するべき

“時代遅れ” と書いたので批判も多かったですね。ただ、マジョリティから見れば、RSSリーダーを使う人なんて「は? なんでそんな面倒なことやってんの??」なのは事実です。本当にRSSリーダーが必要なの? と立ち止まって考えるにはいい機会だったと思います。

僕自身、メディア運営に必要な分をのぞけば、よほど見逃したくない趣味の話題くらいしかRSSリーダーを使わなくなりました。

Share this Story
記事はいかがでしたか?
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (まだ評価はありません)
Loading...




寄金佳一 デジタル販売記事
urepia-banner3のコピー writing-bannerのコピー



話題の記事





最新記事はSNSをチェック

TOPページ サイトマップ 更新履歴