249月

『子連れ貧乏のノマドライフは難しい』シリーズが凄くおもしろいので、絶対読んだほうがいいよ。


ペティ民子さんの『子連れ貧乏のノマドライフは難しい』シリーズが、すごくおもしろいです。

旦那さんと、4人の子どもを連れて、「家」も「子どもたちの学校」も離れて、車で放浪に出たんです。

特に、義務教育に疑問を感じている子育て中の親は、必見。

絶対に読んだほうがいいですよ。

 

13,000いいね!記事の著者、ペティ民子さん

「子どものころ死ぬほど勉強させられたから、いま幸せです」という人に、会った経験がない。という記事が、少し前に4万PVほど読まれました。約5,000いいね!。

「子どものころ死ぬほど勉強させられたから、いま幸せです」という人に、会った経験がない。

実はこの記事を書くきっかけになったのは、記事内にもリンクがあるんですけど、

好きなことで食べていける大人になるために必要なこと

好きなことで食べていける大人になるために必要なこと』という、ペティ民子さんの記事です。

これが、ふと気がついたら、13,000いいね!を越えていました。

多くの人に読まれるべき記事だと思っていたので、当然の結果だと思います。Twitterやはてブでは話題にならないのに、Facebookでバズったということで、届くべきところへ届いた、という感じですね。

いやー、良かった良かった(私が紹介したのがどんな影響だったかは分からないですけどね)。

 

『子連れ貧乏のノマドライフは難しい』シリーズが凄くおもしろい

実は、もう1シリーズ、読んでほしい記事があるんです。

ペティ民子さんは熊本県出身、米国在住、4人の男の子の子どもを持つ母親。旦那さんはアメリカ人です。

私は、ちょっとしたことからペティ民子さんとWeb上で知り合いました。すごく子育ての考え方や、価値観に、共感する部分が多いんですよね。

私にとっては、道なき道をゆく先駆者というか、先輩のような存在です。ペティ民子さんの子どもたちのほうが年長なので、我が家の子どもたちのこれからを考えるのに、すごく示唆をもらっているんです。

で、そのペティ民子さんが近頃なにをしていたかというと、自宅を手放して、車での放浪の旅ときています(今はサンディエゴにとりあえず落ち着いているとのこと)。

なにしろ、子どもたち4人を連れての旅。若者の冒険や、老夫婦の余暇とは訳が違うわけですよ。

この旅行記『子連れ貧乏のノマドライフは難しい』シリーズが、おもしろいのなんのって。

もともと私は旅行記が好きなのもあると思うんですけど、むさぼるように読んでしまいました。おすすめ。

ホームレス初日の気持ち in オレゴン

子連れ貧乏のノマドライフは難しい - 障害編

子連れ貧乏のノマドライフは難しい - ベイエリア編

子連れ貧乏のノマドライフは難しい - 南カリフォルニア編

以降は、記事の末尾にあるリンクをたどって、シリーズを読破できると思います。

ね、読み出したら止まらないでしょう?

やっぱり、実体験に勝るものはないというか。リアリティを感じられるルポはたまらないですよね。

しかも波乱&トラブルの連続で、「この先どうなるんだろう」というドキドキ感がたまらない、というオマケ付き。

家も定職も離れて、気ままな放浪の旅に出る。しかも、子どもたちと一緒に。

こんなシチュエーションにそそられるのは、私だけ?

Share this Story
記事はいかがでしたか?
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (まだ評価はありません)
Loading...




寄金佳一 デジタル販売記事
urepia-banner3のコピー writing-bannerのコピー



話題の記事





最新記事はSNSをチェック

TOPページ サイトマップ 更新履歴