111月

ブログのアクセス数を増やすには?|全6種の流入元別「傾向と対策」


あなたのブログの読者がどこからやってくるか、すべて把握できていますか?

ブログのアクセス数を増やすには、地道な努力はもちろん、努力する方向性を誤らないための的確な分析が重要です。

昨今、ブログの流入元は多岐に渡り、当然ながら傾向と対策もそれぞれ異なります。ブログをもっと多くの人へ届けたい方は、ぜひ当記事を参考にして、対策できていない部分がないかチェックしてみてください。

 

1. Google検索

ブログのアクセス数の土台となるのは、Google検索です。価値のある記事を書き、その事実をしっかりGoogleに伝えることができれば、Google検索であなたの記事を探し当てた読者が、読みに訪れてくれます。

Google検索による流入は、瞬間的に多くのPVを稼ぐのは難しいですが、長期間に渡って安定する傾向があります。あなたのブログのPVを底上げしてくれます。

対策

なんと言っても、「誰かしらにとって有益な記事を書くこと」と「記事の価値をわかりやすくGoogleに伝えること」が最大の対策になります。これをSEO(検索エンジン最適化)と言います。

専門知識を必要としない(しかし確実に成果が出る)レベルでのSEOについては、以下にまとめてあります。

Handmade Future ! – たった5分。検索上位表示を実現する3つのステップ

コツを要約すると、

  1. そもそもその情報を必要としている人が多いのか調べる(検索ボリュームのチェック)
  2. そのキーワードで検索する人が求めている情報と、書こうとしている記事内容が合致しているか調べる
  3. SEOの難易度を把握して、どのキーワードで記事を書くのか決める
  4. タイトルでしっかり訴求する
  5. メタ情報を確実に入力する

です。参考にしてください。

 

2. ソーシャルメディア(Twitter、Facebook等)

ブログの土台がGoogle検索だとすれば、その上にどれくらいの高さの建物が建つかを決めるのは、ソーシャルメディアです。大抵は半日ほどで流入が止まってしまいますが、その分、瞬間的に大量のPVを獲得しやすい傾向があります。

ソーシャルメディアを利用しているユーザは、情報収集や情報発信の意欲が強い傾向があります。役立つ、おもしろい等、なにかしら有益だと思えば、記事を拡散してくれやすく、重視すべき存在です。

対策

第一に、いい記事だと感じたら即座に拡散できるよう、使いやすいソーシャルボタンを設置しておきます。情報爆発の昨今、この一手間の簡略化があるかないかで、大きく成果が変わってきます。

第二に、的確なタイトルを付けること。これはGoogleの検索結果画面でも同様ですが、その記事を読んで得られる価値を即座に伝えられなければ、たくさんの選択肢の中から選んでもらえません。

Handmade Future ! – タイトルでは「記事を読んで得られるメリット」を伝える

上の記事にまとめてありますので、参考にしてください。

 

3. RSSフィード

発信を続けて、ファンがついてくると、RSSフィードの購読者が増えてきます。一度購読してもらえれば、その人には確実に最新記事を届けることができます。

RSSリーダーの利用は少々ハードルが高いので、絶対数はそれほど多くありません。が、彼らは情報収集に非常に熱心な層であり、WEB上で大きな影響力を持つケースも少なくありません。RSSフィードの購読者数が、ブログの本当の強さを決めると言って過言ではありません。

対策

第一に、丁寧な発信を持続させること。RSSフィードの購読者は、そう簡単には増えません。例えば5記事や10記事がバズったくらいでは、大した増加は見られません。めげずに発信し続けてください。

第二に、有益な情報を発信すること。特に、専門性が高かったり、貴重であったり、「ここでしか読めない」と感じてもらえれば、RSSフィードを購読してもらえる可能性が高まります。

 

4. はてなブックマーク

たくさんの『はてな』ユーザにブックマークされると、はてなブックマークのホットエントリーとして表示されます。このページからの流入があるだけでなく、情報収集・情報発信に熱心なユーザが多いため、ソーシャルメディア拡散の起点ともなります。

たくさんのブックマークや、ソーシャルメディアでの拡散は、記事の被リンク(あるいはそれに準じた)扱いとなるため、Google検索で上位に表示されやすくもなります。

対策

有益な記事を書く以外にありません。また、各種ノウハウやライフハック、ケーススタディは「必要なときのためにブックマークしておこう」という心理が働くので、ブックマークされやすい傾向があります。

Handmade Future ! – 開始1ヶ月で7万PV|『はてなブックマーク』で読まれる記事を書く訓練をしよう。

はてなブックマークの仕組み、ブックマークされやすい記事の書き方については、上記で紹介しています。

 

5. Yahoo! ニュース、NAVERまとめ

ブログ記事がYahoo!ニュースの参考記事としてピックアップされるケースがあります。また、他メディアやブログ、NAVERまとめで引用元として紹介されるケースもあります。どれも自動的にピックアップされるわけではなく、人の手を介して選択されます。

特にYahoo!ニュースの場合は影響力が段違いで、トップページ(Yahoo!トピックス)で紹介されると、1時間で9,000PV以上ものアクセスが殺到する場合もあります。他メディアやNAVERまとめでも、Yahoo!には格段に劣るものの、メディアや記事の影響力に応じて流入があります。

対策

人力でピックアップされるため、優れた記事を書き、それが目に止まるようにするのが基本戦略です。ソーシャルメディアやはてなブックマークなどで広く拡散されたり、Google検索で上位表示されたりすると、有利になります。

また、Yahoo!ニュースの場合、ニュースサイトですので、時事ネタが中心に取り上げられます。時事ネタについて的確な分析を加えた記事を書くことができれば、ピックアップされる可能性が高まります。

このような本もあるのですが、現実的には、これだけを狙って記事を書くのは極めて困難です。しっかりしたブログメディア運営のご褒美、として捉えるのがいいのではないかと個人的には思います。

 

6. パーソナライズ&キュレーション系サイト

昨年末あたりから、ニュースを個人の嗜好、興味関心に沿ってカスタマイズして届けてくれる『Gunosy』というサイトからの流入が目に見えて増えてきました。まだ全体として見れば僅かな割合ですが、おそらく今後、こうしたパーソナライズ&キュレーション系サイトからの流入が増加してくると思われます。

記事の内容に興味がある可能性が高い人へ、自動的に届けてくれるわけですから、これらキュレーション系サイトはブログメディアにとって大きなメリットがあります。実際に僕も、「なるほど、こんなブログがあったのか」とRSSリーダーに登録したケースが出始めています。

対策

これらサイトは、個人の嗜好、興味関心を把握するために、それぞれが利用しているTwitterやFacebook、はてなブックマークの情報を(ユーザ許可のうえで)取得しています。

『Gunosy』のケースで言えば、今のところ、はてなブックマークで話題になった記事が紹介されている傾向があります。各種サービスで広く拡散されると、ピックアップされる可能性が高まるのでしょう。

 

ブログは嘘をつきません

いかがでしたでしょうか? 自身のブログを見直して、もし対策が不充分な流入元があったら、ぜひ改善に取り組んでください。方向性さえ誤らなければ、努力した分だけ着実に成果が出るのが、ブログのいいところです。

後回しにせず、今すぐにやりましょう! きっとみなさんのソーシャルグッドな取り組みが、より多くの人に届くようになりますよ。

Share this Story
記事はいかがでしたか?
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (まだ評価はありません)
Loading...




寄金佳一 デジタル販売記事
urepia-banner3のコピー writing-bannerのコピー



話題の記事





最新記事はSNSをチェック

TOPページ サイトマップ 更新履歴