94月

[おすすめ]雨天時に重宝。ボーネルンドの室内あそび場『キドキド』が楽しい


雨の日のこどもの遊び場におすすめ『KID-O-KID(キドキド)』

土日がまるごと雨予報だと、子持ちのお父さんお母さんは頭が痛いですよね。4歳と1歳の子供がいる我が家ももちろんそうです。ずっと家の中に閉じ込めておいたらストレスが溜まって大変なことになるし、かと言って悪天候の中で外出するのは「勘弁して……」と言いたくなるほど労力を使うし。

こんなとき我が家ではよく、「KID-O-KID(キドキド)に行こっか」という話になります。上の子が生まれてから、(ポイントカードによると)20回以上行っているんですが、いつも子供たちは大はしゃぎして全力で遊んでます。ほんの1時間〜2時間くらいなのに、ぐったり疲れて、帰宅するとあっという間にお昼寝に入るほど。

キドキド(KID-O-KID)- 雨の日も親子で楽しめる室内遊び場 by ボーネルンド –

ちょうど先週末が台風並の悪天候という予報だったので、いってきました。横浜市在住なので、横浜みなとみらい店の様子を写真で紹介します。

 

『KID-O-KID(キドキド)』内の様子

kidokid2

 
kidokid3

 
kidokid4

 
kidokid5

 

いろいろな遊び道具

kidokid6

 
kidokid7

 
kidokid8

 
kidokid9

 
kidokid10

 
kidokid11

 
kidokid12

 
kidokid13

 

“遊びの素材”ばかり。子供の成長を実感できる

子供って、大人ではちょっと考えられない成長の仕方をします。昨日できなかったことが、今日にはいきなりできるようになるんです。

特に上の4歳の子は、1歳くらいからキドキドに通っているので実感するんですけど、成長と共に身体能力が上がったり、器用になったりするほどに、遊び方がどんどん変わってきます。子供の成長を実感できて、見ているのが楽しいですね。

世の中の市販のおもちゃのほとんどは、遊び方が決まっています。例えば我が家には『アンパンマンパッド』という、タブレットのおもちゃがあります。いろいろなゲームができるんですけど、別の見方をすれば「用意されたゲームしかできない」んです。投げて遊んだり、おままごとの道具にはできません。だから、ひととおり遊んでしまうと、うちの子はあっという間に飽きてしましました。

ところが、キドキドにある遊び道具は、基本的に“遊びの素材”です。子供が自由に発想して遊べるので、ちっとも飽きがこないんですよね。(危険行為でなければ)何をやっても、どんな遊び方をしてもOK。キドキドに行くよ、と言うと、うちの子はいつも目を輝かせて大喜びします。

ショップリスト | キドキド(KID-O-KID)- 雨の日も親子で楽しめる室内遊び場 –

いま、全国に17カ所あるそうです。雨で子供の遊び場に困ったら、近くのキドキドへ行ってみてはどうでしょうか。おすすめです。

Share this Story
記事はいかがでしたか?
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (まだ評価はありません)
Loading...




寄金佳一 デジタル販売記事
urepia-banner3のコピー writing-bannerのコピー



話題の記事





最新記事はSNSをチェック

TOPページ サイトマップ 更新履歴