105月

グノシーはスマホにプリインストールされてこそ真価を発揮できる


ニュースをパーソナライズして配信するサービスの『グノシー』が、auのスマートフォンにプリインストールされるようだ、というニュースが出ていました。 ※Gunosyは2014年3月にKDDIから出資を受けています。

グノシー、au夏モデル端末にプリインストール 一般ニュース機能をごっそり削除か | アプリオ

Twitterでは、「プリインうざい」という意見をけっこう見かけるんですよね。

私もいらないので、すごくよくわかるんですが。

ただ、グノシーのようなプロダクトには、これ以上のベストはないはずなんですよねー。

 

グノシーは検索キーワードを考えるのが面倒くさい人向けのプロダクト

実は私、昨年(2013年)の1月に、

「検索の次」の時代が来る|Gunosyが神速で取り組むべき2つの課題

革新的なプロダクトなので、称賛するのはイノベーターやアーリーアダプターですが、Gunosyを本当に必要としているのはアーリーマジョリティ&レイトマジョリティだという点は、意識する必要があります。

つまりGunosyは女子高生だとか、主婦だとかに使われるようになるべきプロダクトです。検索キーワードを考える手間が省けるのを手放しで歓迎する層こそ使ってもらえるようにするべきです。スマートフォンにパッケージとして組み込まれるくらいを目指してなんぼのモノでしょう。

スマートフォンにパッケージとして組み込まれるくらいを目指してなんぼのモノでしょう。」と書いております(そのとおりになったので、ちょっと嬉しい)。

「グノシーがイノベーターやアーリーアダプター向けのプロダクトではない」とはどういうことかというと、これはもうかなり初期の段階から開発元が明言していまして、

「これまでのネットでは、情報を検索する際に『キーワード』を考える必要がありましたが、これってネットリテラシーの高い人をさらに高くするためのやり方だと思うんです。『Gunosy』が目指すのは、必ずしもそうでなくて、普通の人でも有益な情報がすぐに得られる仕組みを作ることなんです」(関氏)
「精度高すぎ」と話題のニュースキュレーション『Gunosy』は、どんな設計思想で作られているのか?

そもそもグノシーの思想そのものが、検索キーワードを考えるのが面倒くさい(難しいと感じる)人向けのプロダクトになっているわけです。

だから、

こういった意見もあるんですけど、私は的外れなんじゃないかな、と思っています。

なぜなら、グノシーにとっては “スマホにプリイン” が、とりあえずのゴールと言いますか、本当の意味でのスタートラインだからなんです。

 

グノシーのauプリインストールに批判的なのはITリテラシーの高い層

グノシーがauスマホにプリインストールされると聞いて、反応するような人たちは、ITリテラシーの高い層だと推測できます。

たとえばうちの妻なんか、そもそもグノシーなんて知りませんからね。

こうした意見が出るのは、グノシーの登場をいちはやく好意的に迎えた過去があったからなんでしょうね。

でも、本当にグノシーの恩恵を受けられるのは、みなさんのようなITリテラシーの高い層ではなくて、アーリーマジョリティやレイトマジョリティだというのは、やはり事実でしょう。

だって、積極的に情報収集をする人たちにとっては、どんどん「使えないアプリ」になっていきましたよね。

 

市場の7割に必要とされるか?が本当の勝負

グノシーのようなプロダクトは、大げさに言えばGoogleやRSSフィードの代役になる可能性を秘めています。控えめに言っても、補助ツールにはなります。

目指すべきは、「Googleに肩を並べる」ような立ち位置なんです。

加えて、本当にグノシーの恩恵を受けられるアーリーマジョリティやレイトマジョリティは市場の7割を占めると言われるわけだから、やはりスマホにプリインストールが理想なんですよ。

もちろん、使わない人がいるというのはわかるんですけど(私もまず使いません)、

問題は、圧倒的大多数を占めるアーリーマジョリティやレイトマジョリティにとって、不要かどうか。

少なくとも開発元や、KDDIは、「アーリーマジョリティやレイトマジョリティに必要とされるはずだ」と判断しているわけです。

 

とはいえ……

ぶっちゃけ、成功するかどうかはわからないですけどね。

けっこう、見切り発車もいいところだと思いますよ。

「アーリーマジョリティやレイトマジョリティにはまだ早かった」という結果だってあるんじゃないでしょうか。

あるいは、「もう情報なんかイラネ」と元も子もない反応が返ってくるかも。

成功するにしても、失敗するにしても、情報爆発の時代の行く末を占う意味で示唆が多く、かなり注目です。

Share this Story
記事はいかがでしたか?
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (2 件の評価, 平均 3.00)
Loading...




寄金佳一 デジタル販売記事
urepia-banner3のコピー writing-bannerのコピー



話題の記事





最新記事はSNSをチェック

TOPページ サイトマップ 更新履歴