個人ブログメディアの作り方|ニッチ分野における情報収集の3つの基本


メディアの一つの側面として、「世の中に散らばっている情報を集約し、整理して発信する」機能があります。

例えば僕が運営しているFutureCenterNEWS JAPANは、僕自身がフューチャーセンターについてもっと詳しく知りたいと思い立ったときに、どこを見渡しても情報がまとまっていなくて困ったので、「ならば自分でまとめてしまえー!」と始めたメディアです。

2013-02-07_0946

現在でこそ、取材記事や、オピニオン記事などオリジナルコンテンツの発信も始めていますが、当初はシンプルに情報を集めて整理しているだけでした。たったこれだけのことでも、ずいぶんと多くの方に「役に立つ」と言ってもらえました。

意外に思う人もいるかもしれませんが、メディアと言っても必ずしもオリジナルコンテンツにこだわる必要はありません。例えばスマートフォン専門のブログメディアなら、各社のプレスリリースを集約して発信するだけでも、それなりに人々の情報収集を助けられるのです。

つまり「世の中に散らばっている情報を集約し、整理して発信する」だけで、誰にでもブログメディアは作れます。学生団体やNPOの方々は、取り組む課題に関するメディア発信にぜひ挑戦してほしいと思います。

 

ニッチ分野でこそ個人ブログメディアが活きる

もし、これから個人ブログメディアを始めようとするのなら、ニッチな分野・題材を扱うのをおすすめします。なぜなら、上記の例のスマートフォンのようなメジャーな題材は、大手メディアが発信するからです。

大手メディアの手が回りきらないような、ニッチな題材を扱ってこそ、個人ブログメディアの存在価値があります。

「情報がもっと集約・整理されていたら便利なのに」という直感に、素直に従ってください。

 

基本は「Googleアラート」「Twitter検索」「Googleリーダー」

ところで、あるニッチ分野の最新の動向をチェックするのに、みなさんならどうしますか?

例えばiPhoneについての情報なら、放っておいても大手Webメディアが発信してくれます。情報収集にはそれほど苦労しません。でも、『Apple TV』のみの情報だけを取りたいとしたら、ちょっと工夫が必要ですよね。

Google検索では最新の情報を取りにくいですし、はてなブックマークではニッチな題材は上がってきません。

恐らく現状でベストだろうと思って僕が活用しているのは、「Googleアラート」「Twitter検索」「Googleリーダー」の3つです。補助的にいろいろ利用する場合もありますが、原則的にこの3つが軸になります。

 

Googleアラート

インターネット上のあらゆる情報は、Googleのクローラが見つけ出してくれます。

通常のGoogle検索では最新情報に弱いので、あるキーワードで新しい検索結果が追加されたら知らせてくれるGoogleアラートを活用します。

Google アラート – ウェブ上の面白い新着コンテンツをチェック
あくまでも検索結果に追加されてから知らせてくれる機能なので、長いときには数日のタイムラグが発生しますが、これで大半の情報は網羅できます。

 

Twitter検索

リアルタイム性では何と言ってもTwitterです。ほんとうはFacebook等も活用したいのですが、充分な検索機能がなく、また友人限定で発信している人も多いので、実用的なのはTwitterのみです。

Hootsuiteなどのツールを使い、検索フィードをタイムライン状に表示させて日常的にチェックします。

2013-02-07_1014

なお発信者視点に立つと、情報収集に熱心な人はこうしてキーワード検索をしているので、フォロワーの数が少なくてもめげずに発信するべきです。

Social Media Management Dashboard – HootSuite

Googleリーダー

Googleアラートが知らせてくれたり、Twitter検索で見つけたりした、有益な情報を発信してくれそうな個人ブログやWebサイトは、Googleリーダーに登録しておき、日常的にチェックします。

Googleリーダーの活用方法は『情報収集の基本。Googleリーダーを使おう』にまとめました。参考にしてください。

 

それはたぶん「あなたにしかできない」こと

いかがでしょうか。この程度の作業なら、誰にでもできますよね。

個人メディアの役割は、これからどんどん拡大していきます。国や行政だけでは解決しきれない社会的課題を、個人や地域コミュニティやNPOが担う必要があるのと同じように、大手メディアが扱わない分野の情報発信は、課題に気づいたあなたの「じゃあ自分でやっちゃおう」に掛かっているのだと思います。

あなたが発信を始めなかったら、その分野における課題解決のスピードは停滞したままかもしれません。「これは自分にしかできないことなんだ」くらいに思っておくと、メディア運営にやり甲斐を感じられ、楽しくなります。

個人ブログメディア運営に挑戦してみませんか?

記事はいかがでしたか?
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (2 件の評価, 平均 4.00)
Loading...


話題の記事