[口コミレポート]子供も楽しめる岐阜県高山市・飛騨民俗村「飛騨の里」


飛騨の古い民家や生活用具を後世に伝えるために作られた民俗村「飛騨の里」。竹馬や駒、水辺の生き物への餌やりなど、童心に返れる遊びができるのが印象的で、子連れレジャーにもおすすめです。

大人だけではなく、子どもたちものびのびと楽しめます。

 

飛騨の文化遺産が凝縮された「飛騨の里」

10月の半ばに、福井県鯖江市での講演の帰りに、岐阜県高山市まで足を伸ばしてきました。妻と、4歳の娘、2歳の息子が一緒でした。

できれば奥飛騨や白川郷へも行きたかったのですが、首都圏へ帰る道中ということで、遊べるのはせいぜい2〜3時間ほど。

ならばということで、高山市街にあって気軽に楽しめそうな「飛騨の里」に立ち寄ることにしました。
hidanosato03

hidanosato23

水車があったり、
hidanosato20

鐘を突いてみたりできます。
hidanosato08

見てのとおり、飛騨の古い民家や、生活用具など、文化遺産が凝縮されていて、見所たっぷり。
hidanosato05

hidanosato06

hidanosato21

hidanosato22

時節柄、紅葉もなかなか綺麗でした。本格的な見頃は、11月に入ってからでしょうね。
hidanosato18

hidanosato19

 

竹馬や駒、水辺の生き物への餌やりなど童心に返って遊ぶと楽しい

もっとも、こういう文化遺産は、水車や鐘を除けば、幼児の子どもたちにとっては、あまり楽しいものでもありません。

ところが意外にも、子どもたちもなかなか楽しんでいました。

「飛騨の里」に入って早々、子どもたちがなにやら発見。
hidanosato01

グッと身を乗り出してのぞき込むと、
hidanosato12

池に鯉がたくさん。目の前に、餌が売っていて、餌やりができるんです。
hidanosato02

ジーッと、動かない。そして「餌やりしたい!」の要求エンドレス。(^^;;
hidanosato13

あるいは、その向かい側にある、遊び場。竹製の水鉄砲で遊べたり、
hidanosato11

hidanosato10

竹馬で遊べたり、
hidanosato16

hidanosato15

hidanosato14

hidanosato17

独楽を回して遊べたりします。
hidanosato04

子どもたちにとっては、作り込まれた既製品のオモチャよりも、こういうシンプルな遊びが一番楽しいんですよね。夢中で遊んでいました。

親も童心に返って遊ぶと、なかなかどうしておもしろい。

時間はあっという間に過ぎ去りました。

紅葉の季節、子連れファミリーの旅行で飛騨高山へ足を運ぶ機会があったら、ぜひおすすめです。

記事はいかがでしたか?
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (まだ評価はありません)
Loading...


話題の記事