アンドロイドしか知らないdocomoユーザにiPhoneの良さを3つだけ教えます。


ドコモユーザのみなさん、おめでとうございます! ついにNTT docomoからiPhoneが発売されるみたいですね!!

【9/11追記 公式発表来ました。】
報道発表資料 : NTTドコモとApple、日本でiPhoneを9月20日(金曜)より提供開始 | お知らせ | NTTドコモ

え、「なに勝手に盛り上がってんの?」って?

だって、やーっっっとのことでAndroidを脱して、iOSが使えることになったんですよ!! 他人事ながら、おめでとうと言わずにはいられません。

事の重大性がよくわかっていらっしゃらないドコモユーザの方のために、単なるイチiPhoneユーザ(歴3年)である私が、iPhoneに機種変更するべき3つの理由を紹介したいと思います。

細かな点でいろいろな意見があるとは思いますが、私にしてみればこの3つの理由だけで充分ですね。

 

1. フリーズしない

わたくし、iPhoneを3GSの頃から、かれこれ3年以上使っていますが、今までに一度もフリーズして再起動した経験がありません。電池を抜いた経験もありません。Androidユーザの方は、ぜっったいに信じられないでしょうが、これが現実です。

普通に使用している限り、滅多なことではiPhoneはフリーズしません! もちろん勝手に再起動したりもしません!!

ね、これだけでiPhoneにしたくなったでしょ。

 

2. 操作がなめらかでストレスフリー

Androidも進化してきて、最新・高スペックモデルを中心に、処理速度の速い端末は出てきています。操作すると、パパッと画面が切り替わって「おー、速いなー」と驚きます。

でも、iPhoneユーザからすると、Androidの高速動作は、どこかゴツゴツしていて、機械的であるように感じるんです。一つ一つは本当に小さな違和感なんですが、積み重なると大きなストレスになります。Googleが用意したOSを元に、各メーカーがそれぞれの思想でカスタマイズせざるを得ないAndroidでは、これは仕方ないデメリットです。

ソフト面もハード面も統一されたユーザ体験を提供するべく作られているiPhoneは、長く使えば使うほど、その良さが実感できます。安心感のあるスクロール、画面が切り替わるエフェクトの作り込み……シンプルで分かりやすいUIと相まって、操作感はとてもなめらかです。人間にとってストレスとなる要素が徹底的に排除されている感覚です。

実は以前、スマホ専門メディアのお手伝いで、数ヶ月に渡ってアンドロイド端末をいくつも触る機会があったんですが、どうにもダメでした。iPhone 4Sより素早く動作するAndroid端末はいくつもあるんです。でも、ずっと手元に置いておくことを考えると、Androidを使いたいとはどうしても思えませんでした。

 

3. Macbook AirやiPadを思う存分に使える

さあこれで、ほかのApple製品を買う口実ができましたね。Macbook Airが欲しかった人もいるんじゃないですか?

Apple製品なら、iCloud経由で写真、メール、連絡先、カレンダー、メモ帳、リマインダー、Pages(MSでいうWord)、Numbers(MSでいうExcel)、Keynote(MSでいうPowerPoint)等のデータ共有ができるので、ふつーに便利です。

こういった連携機能は、他メーカー製品にもありますが、洗練されたデザインのApple製品でできるという点がミソです。我が家(妻と4歳・2歳の4人家族)は、iPhoneから入って今では、iPhone2台、iPad2台、Macbook Air1台、iMac27インチ1台、iMac21.5インチ1台と、すっかりApple製品に浸食されました(以前は根っからのWindowsユーザでしたが、今やWindowsやAndroidはゼロです)。

この際だから、デスクトップもiMacにしちゃえば? Windows XP → Windows 8よりも、Mac OS Ⅹへ乗り換える方が楽だなんて話も聞きますよ?

ちなみに、今まで使っていたGoogle製アプリは、iPhoneでも使用できます。Googleマップとか、Gmailとか、Chromeとか、Youtubeとか、Googleドライブとかですね。安心して機種変更してください!

ようこそ! iPhoneへ!!




記事はいかがでしたか?
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (53 件の評価, 平均 2.21)
Loading...


話題の記事