正しいブログ記事タイトルの付け方|目的から逆算して考える5ステップ


何かしら目的があってブログを書いているのであれば、ブログ記事のタイトルの付け方には正解が存在します。タイトルの役割は、記事の内容と、読者の嗜好のマッチング。記事の内容に興味・関心があるだろう全ての読み手にクリックしてもらえるよう、タイトルで記事の“価値”を余すところなく伝え切るのがベストです。

 

釣りタイトルの問題は、目的達成を妨げる点

意図的に煽ったり、大げさに誇張したり、ミスリードを誘引したりする、いわゆる“釣りタイトル”は、読み手に嫌われます。なぜなら、興味や関心を持ってクリックして、記事を読みに訪れたのに、膨らんだ期待に応える要素が存在しないからです。「騙された」と感じさせてしまったら最後、ロクに読みもせずに違うページへ移られてしまいます。これでは、純粋にPVを稼ぐ以外にメリットはありません。

みなさんがブログを書く目的は様々だと思います。が、趣味のブログならばともかく、PVのみが欲しいという方はあまりいないのではないでしょうか。原則的にはPVに比例して収益が増えるアフィリエイトにしても、読み手に「騙された」と感じさせてしまったら、クリック率は大きく低下するはずです。仕事依頼の獲得や、イベント集客、商品やサービスの販売、プロジェクト協力者の獲得などの場合はなおさら、記事の内容そのものに興味・関心を抱いてもらえなければ、目的の達成が困難になります。

 

タイトルの役割は、記事の内容と読者の嗜好のマッチング

“釣りタイトル”の事例から得られるのは、記事の内容に関心のない人に無理に読んでもらっても、誰も幸せにならない、という教訓です。「PVさえ増えればあとはどうなったっていい」というスタイルでない限り、デメリットばかりです。

タイトルの役割は、記事の内容と、読み手の嗜好のマッチングです。Google検索、RSSリーダー、ソーシャルメディア、はてなブックマークなど、いずれも人はタイトルと書き出し(または本文の一部)のみを見て、クリックするかどうか(読むかどうか)を決めます。タイトルで記事の価値を余すところなく伝え切り、記事の中身に興味・関心を持つ人すべてにクリックしてもらえる結果を目指すのがベストです。

繰り返しますが、そもそも記事の内容に興味のない人に、無理して訪問させようとしても、多くの場合、百害あって一利なし。本来の読者すら失う事態になりかねません。記事の内容にあった読者になるべく多く訪問してもらう結果だけを意識してください。

 

目的から逆算してタイトルを考える5ステップ

具体的にどうやってタイトルを考えているのか、当WEBマガジン『Handmade Future !』の記事のみで、すべての仕事を獲得している僕のケースを紹介します。

 

1. 記事の目的を明確にする

・仕事依頼の獲得
・プロジェクト協力者の募集
・イベント集客
・商品やサービスの販売
・バナー広告やアフィリエイト

など、記事の目的、達成するべき目標を明確にします。

目的を明確にするのは、タイトルだけでなく、記事全体にとって最も重要です。目的がはっきりしなければ、コンテンツそのものがぼやけてしまい、読み手へ届きにくくなるからです。目的から出発できるかどうかで、プロへの一歩を踏み出せるかが決まると言って過言ではありません。

 

2. 目的から読者像を思い浮かべる

目的が明確になれば、記事をどんな人に読んでもらう必要があるかが見えてきます。例えば学生団体のメンバー募集が目的の記事であれば、学生が対象になります。しかも、このままの学生生活ではまずいと焦っていたり、学生のうちに何かを成し遂げてやると意気込んでいる学生がターゲットになります。

 

3. 想定読者が最も“価値”を感じる要素を推定する

タイトルを考えているということは、もう書く内容が頭の中で整理されているか、あるいは既に書き上げているはずです(タイトルを先に考える方がおすすめです。記事内容をブレさせないためです)。記事の内容の中から、想定読者に響くであろう情報を推測します。

イベントレポートだとして、1日のイベントのあいだには様々な出来事があります。学生団体のメンバー募集が目的であれば、このままの学生生活ではまずいと焦っている学生へ向けて、もっとも響くようにイベントの一部を切り取り、切り口を工夫して記事を書こうとしている(あるいは書いた)はずです。

端的に言って、いま書こうとしている(書き終えた)記事の価値をワンフレーズで表現してください。もちろんコンテンツ(記事)が的確である、という前提ですが、記事の価値を余すことなく伝え切れれば、想定読者は自然とタイトルに惹きつけられるはずです。

 

4. 検索されるだろうワードを盛り込む(SEO)

学生団体のメンバー募集の例で言えば、おもしろそうな学生団体がないかな? と探している学生が、どんなキーワードで検索をするかを想像し、タイトルに含めます。うまくGoogle検索で上位に表示されれば、継続的な流入を生み、記事はいつまでも生きるからです。

SEOの詳細に関しては、冗長になってしまうため、当記事では触れません。詳しくは下記2記事を参考にしてください。どちらも素人にできるレベルで、着実に成果が出る方法を紹介しています。

たった5分。検索上位を実現するたった3つのステップ

専門知識不要。ブログ開始2ヶ月で目に見えるSEO効果を出すコツ

 

5. タイトルだけを見て、どんな種類の記事か判断できるか確かめる

インタビュー記事なのか、レポート記事なのか、書評記事なのか、オピニオン記事なのか、一目でわかるように微調整します。

もちろんSEO対策や、記事の価値を伝えるための工夫が無効にならないように留意してください。

 

「タイトルで記事の価値を伝える」の具体例

注意点として、もっとも陥りやすいのは、タイトルを“内容の要約”にしてしまう間違いです。書評記事なら「●●●●を読んで」だとか、学生団体の活動レポートなら「××××へ行ってきました!」だとか。どちらも、読んだ行ってきたという状況の説明でしかありません。

もし、議論沸騰の話題本で、読む行為そのものが価値なのであれば、「●●●●を読んで」も選択肢でしょう。が、多くのケースでは、あなたが本を読んだかどうかは、読み手にとってどうでもいい情報であるはずです。

行き着くところまで行ってしまうと、中身を読まなければ内容の要約とすら気がつけないタイトル事例も見られます。

ブログではないのですが、最近読んだ本の中で特に顕著だったのが、馬淵澄夫代議士の『原発と政治のリアリズム』でした。読み終えれば確かに、馬淵代議士の主張したい内容を要約したタイトルになっていると気づけます。が、これではほとんど誰も読みたいとは思わないはずです。本の価値が伝わっていないからです。

『原発と政治のリアリズム』は、中身は素晴らしくおもしろい本です。僕は「もっと多くの人に読まれてもいい本だ」と思い、書評記事を書きました。付けたタイトルは、

実務家・馬淵澄夫がいなかったら福島第一原発はどうなっていたのか – 書評『原発と政治のリアリズム』

でした。僕にとっては、真相は未だ闇の中の感がある東日本大震災直後の原発事故対応の様子を、実際に現場で対応にあたっていた馬淵代議士が詳細に記している点が価値でした。また、読み終わった後のもっとも強烈な印象は、「いま福島第一原発がもちなおしているのって、奇跡なんじゃないか!?」という驚きでした。

この2点をタイトルでしっかり訴求できれば、僕自身と同じように「当時の真相をもっと知りたい、あるいは機会があれば知っておきたい」と考える読者に刺さります。おかげさまで、そこそこ多くの方々に読んでいただき、『原発と政治のリアリズム』を読んでみたくなったという感想もいくつかもらえました。もっと多くの人に読んでもらう、という目的を達成できました。

仮にですが、「原発と政治のリアリズムを読んで」などというタイトルを付けていたら、ほとんど誰にも読まれることがなかったのは、言うまでもありません。タイトルで“価値”を伝える必然性が理解できる一例です。

 

記事の価値を訴求するのが最優先。テクニックはその次に

ブログ記事のタイトルに関しては、様々な方が多用なテクニックを語っています。大半は、なるほどなと唸らされるものばかりです。例えば、

・具体的に数字を入れる
・悩みや課題を解決できそうだとわかるワード(テクニック、秘訣など)を入れる
・32文字以内におさめる
・嘘にならない範囲でインパクトのある言葉を使う
・情報を盛り込みすぎず、訴求ポイントを絞る
・目立つ記号を使う

などです。これらは、ぜひ積極的に使ってください。WEB検索をすれば、たくさんのノウハウを学べます。

ただし、「目的から出発し、記事の価値を伝える」という原則がおろそかになっては、優れたテクニックも、宝の持ち腐れになってしまいます。場合によっては、テクニックが目的の達成を妨げるケースさえ出てきます。

まずは“目的から逆算してタイトルを考える5ステップ”をマスターする意識を持ってください。慣れないと、時間が掛かり負担感がある作業です。が、懲りずに半年ほど続けていれば、意識せずとも自然に、最も効果があるだろうタイトルを選択して付けられるようになります。

[divider]
【WEBライティング講座】
職業ライター、ブロガーならではのWEBライティング講座を承っています。1人〜数十人規模まで、さまざまに対応できます。お気軽にお問い合わせください。

WEBライティング講師、WEBマーケティングの依頼|寄金佳一 | Handmade Future!

記事はいかがでしたか?
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (2 件の評価, 平均 3.00)
Loading...


話題の記事