1012月

2013年に学生が最も注目した働き方や情報発信に関する記事ベスト7


『Handmade Future !』の学生向け、働き方カテゴリの記事のうち、2013年に平均ページ滞在時間が最も長かった10記事を紹介します。

アクセス数ではなく、熟読された順にランキングにしました。

 

学生向け、ワークスタイル/2013年平均ページ滞在時間ランキング

1. 僕がフリーランスを天職だと感じるのは、我慢せずに自分らしく生きられている実感があるから

平均ページ滞在時間|00:07:13(1,298PV)

僕がフリーランスを天職だと感じるのは、我慢せずに自分らしく生きられている実感があるから

僕はワーク・ライフ・バランスという言葉が、いまいち好きになれないんですよね。なぜなら、バランスをとるということは、トレードオフで考える前提だからです。バランスを取るために両方を少しずつ犠牲にする、というニュアンスに聞こえる。

本当はみんな、仕事と生活のバランスを取りたいんじゃなくて、自分に向かない事象を可能な限り排除して、徹底的に自分らしく生きたいんです。

 

2. 「やってて楽しいこと」が少ない人は趣味を仕事にできない

平均ページ滞在時間|00:07:06(10,137PV)

「やってて楽しいこと」が少ない人は趣味を仕事にできない

ボールを投げて的(まと)に当てるには、2通りのアプローチがありますよね。1つは、もちろん、慎重に狙う方法。もう1つは、的を増やす方法。つまりたくさん的があれば、いい加減に投げても当たる可能性は高まるわけです。

趣味を仕事にするには、そもそもそれがお金になる水準であること、それからお金に繋げる手段を知っている(マーケティング感覚がある)必要があります。お金になる水準の趣味が多ければ多いほど、趣味を仕事にできる可能性が高まります。

結論は、徹底的に楽しいことだけをやれ、やるんなら全力で。

 

3. 心機一転。学生がブログを始めるべき7つの理由

平均ページ滞在時間|00:06:09(5,153PV)

心機一転。学生がブログを始めるべき7つの理由

ブログ歴15年の僕の経験から、今すぐブログを書き始めたほうがいいと思う7つの理由を紹介。「情報発信くらい、できなきゃまずい」という意識の学生向け。

 

4. 学生を立派な社会人に育てあげている大学は存在するよ。

平均ページ滞在時間|00:06:02(1,081PV)

学生を立派な社会人に育てあげている大学は存在するよ。

世の中では、「大学にキャリア教育なんかできない」と当然のように語られているんですけど、実際に学生を立派な社会人に育てあげている大学は存在するんです。

静岡県立大学経営情報学部・国保ゼミの事例を紹介。

 

5. [就職活動]仕事はやりがいや社風で選ぶな。ワーク&ライフスタイルを基準に選べ!

平均ページ滞在時間|00:04:45(4,344PV)

[就職活動]仕事はやりがいや社風で選ぶな。ワーク&ライフスタイルを基準に選べ!

就職・転職活動を十数年のあいだ経験してきた実感から言えば、“やりがい” “社風” “企業理念”などは、実際に働いてみなければわかりっこないです。インターンシップ → そのまま入社以外に、自分の希望する職場かどうか前もって知る方法はないと断言します。

やりがいや社風よりも、自分に合ったライフスタイルの職業かどうかで判断するのを、個人的にはおすすめします。

 

6. 17,200時間、地球約17周の無駄について。

平均ページ滞在時間|00:04:32(7,346PV)

17,200時間、地球約17周の無駄について。

通勤時間です。往復2時間の通勤を年間200日、22歳から65歳まで続けたら、17,200時間。40年ちょっと働いて、うち2年間に相当する時間は、通勤のためだけに費やされるんです。仮に片道40kmだとしたら、688,000kmの移動距離。地球約17周です。

僕はおかしいと思います。

 

7. 学生が10年後に成功できる2つのモデル

平均ページ滞在時間|00:04:00(2,825PV)

学生が10年後に成功できる2つのモデル

業界で上位数%のプロになるか、それとも自分だけの強味を持ったプロになるか。もちろん、専門家だけが成功の道だけではないので、これらが自分には合わないという可能性もあります。

ただ、未来がどうなるか誰にもわからない中で、この2種類ならば成功できるだろうと僕は考えています。

Share this Story
記事はいかがでしたか?
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (1 件の評価, 平均 5.00)
Loading...




寄金佳一 デジタル販売記事
urepia-banner3のコピー writing-bannerのコピー



話題の記事





最新記事はSNSをチェック

TOPページ サイトマップ 更新履歴