仕事

2811月

一目で惚れる。WordPressの厳選レスポンシブ・テンプレート5つ

WordPressはテンプレートも豊富です。無料で利用できるものもたくさんあります。コストが安く済むのもWordPressのメリットですよね。

……と、思っていたのですが。

最近、ブログのリニューアル作業を経て、考え方が変わりました。「3,000円とか4,000円払ったら飢え死にしちゃう!」という方でなければ、有料のテンプレートをおすすめします!!

なぜなら、一目で違いがわかるほどにクオリティが高いからです。

今回は、リニューアル作業時にチェックして回った有料テンプレートのうち、ベスト5を紹介します。すべて、そのまんまでスマートフォンやタブレットに対応するレスポンシブです

 

Core Minimalist Photography Portfolio

スーパーかっこいい。いきなりTOPページ全面がスライドです。マウスでクリックするとくるくる動き、中央写真のクリックで全画面表示になります。もちろんブログ機能もあります。

これにはやられました。写真メインのサイトだったら、次は絶対に使おうと心に決めました。

Core Minimalist Photography Portfolio ($45)
http://themeforest.net/item/core-minimalist-photography-portfolio/240185

Live Preview
http://themes.themegoods.com/?theme=Core 

Arcadia Responsive WordPress Blog

シンプルで見やすいヘッダー、ナビゲーションメニューに、大きな写真スライダー。

これもいいんですよね。ヘッダーの広告掲載をサポートしていないので今回は見送りました。が、広告不要、かつ一つのテーマをがっつり見せたいときには使えそうです。

Arcadia Responsive WordPress Blog ($40)
http://themeforest.net/item/arcadia-responsive-wordpress-blog/1944474 

Live Preview
http://themeforest.unitedthemes.com/?theme=arcadiawp 

Sahifa – Responsive WordPress News,Magazine,Blog

当WEBマガジン『Handmade Future !』のテンプレートです。デザインが気に入っています。何より、テキストがメインコンテンツになるので、文章の見せ方で決めました。唯一不満だったのは、設定画面から引用の文字の大きさを変更できなかったことくらいですね(CSSをちょこっと変えるだけなので大した手間じゃありませんが)。

機能も豊富で、使い方も分かりやすいですし、とても満足しています。

Sahifa – Responsive WordPress News,Magazine,Blog ($45)
http://themeforest.net/item/sahifa-responsive-wordpress-newsmagazineblog/2819356 

Live Preview
http://themeforest.net/item/sahifa-responsive-wordpress-newsmagazineblog/full_screen_preview/2819356

Deadline – Responsive Premium WordPress News / Magazine Theme

シンプルな作り、かつヘッダーでの広告をサポートしていて、最後まで上記Sahifaと迷いました。

テキストメインのブログをやるのなら、とても使い勝手がいいはずです。

Deadline – Responsive Premium WordPress News / Magazine Theme ($50)
http://themeforest.net/item/deadline-responsive-premium-wordpress-news-magazine-theme/117203

Live Preview
http://demo.awesem.com/?theme=deadline

Super Skeleton WP: Responsive, Minimal, Beautiful

ミニマルデザインの極地、と言えるような超クールなテンプレート。テキストメインでも写真メインでもいけます。

これも最後まで迷った一つです。かっこいいですよねー。何より評価が凄くいいんですね。

1年前、2011年10月にリリースして、3700人以上が購入し、Ratingは五つ星。

有料テンプレートは、買って使ってみないと使い勝手がわからないところがあるんで、この評価は大きいです。

Super Skeleton WP: Responsive, Minimal, Beautiful
http://themeforest.net/item/super-skeleton-wp-responsive-minimal-beautiful/647570 

Live Preview
http://themes.mdnw.net/?theme=SuperSkeleton
以上、5つ紹介しました。どれも無料テンプレートにはないクオリティを感じていただけたと思います。

オフィシャルブログがあると知って飛んだらアメブロだったら、なんだかガッカリしませんか? いや、個人的な好みかもしれないですが(^^;)

少なくとも、ブログは自己表現の重要なツールであることは事実です。スーツがよれよれだったり、家庭用プリンターで印刷した名刺だったりがあまりポジティブな印象を与えないように、ブログも綺麗に整えておい損はありません。

WordPressが一通りいじれるようになったら、ぜひ有料テンプレートに挑戦してみてください。

2811月

初心者が必ず押さえておきたいWordPressプラグイン7つ

こんにちは。寄金です。

いまWordPressで、当WEBマガジン『Handmade Future !』や『FutureCenterNEWS JAPAN』を含め、5つのサイトを運営しています。

ほんの1年前まで、はてなブログやら、一般のブログサービスを使っていたんですが、いまや戻る気は1ミリもありません。一つは「ブログは一生もののツールになるだろう」と考えているから。独自ドメインでコツコツとリンクを積み重ねていけば、検索流入がどんどん増えていきます。自分を知ってもらう優れた手段ですし、さまざまな出会いもあります。10年20年と積み重ねていったとき、必ず自分の財産になっていると思っています。

もう一つは、豊富なプラグインやテンプレートによるカスタマイズ性です。一般のブログサービスでも独自ドメインが利用できるケースがあるんですが、自由度はどうしても劣ります。ブログの目的にそって徹底的に最適化できるメリットは、僕は絶対に無視できません。

今回は、山ほどあるプラグインの中から、ブログの効果を最大化するために必須と言えるプラグインを7つ紹介します。「WordPressを始めたばかりでどうすればいいのかわからない」という方は、ぜひ押さえておいてください!

 

SEO

ブログの読者の多くはGoogle検索でやってきます。Google検索は絶対に無視できません! 僕らが考えるべきなのは、価値のあるコンテンツ(記事)をつくること、そしてGoogleにわかりやすく伝えること。特に後者はプラグインでより良くすることができます。

1. All in One SEO Pack

定番のプラグインです。簡単に記事にメタタグを設定できるようになります。

Googleは“Googlebot”と呼ばれるクローラを巡回させてWEB上の情報を収集しています。メタ情報を入力しておくことで、Google側に記事の内容や価値をわかりやすく伝えられます。

インストールすると、下記のようなエラーが表示されます。

ちょっとびっくりしますが、単に「プラグインを有効にしてください、設定をしてください」というメッセージです。設定画面へ行き、「enable」にしましょう。

 

2. Google XML Sitemaps

Googleにサイトマップを送信するためのプラグインです。サイトの構成をわかりやすく伝えることで、やはりSEO上、有利になると言われています。

また、主要検索エンジンに更新情報を即座に通知してくれます。

インストールしたら設定画面へ行きましょう。「サイトマップはまだ構築されていません。こちらをクリックしてまず構築してください」と表示されているので、最初の1回は手動でサイトマップを構築してください。

2回目以降は自動的にサイトマップを構築してくれるんですが、なにか変更した場合は手動で構築したほうが素早く反映されます。

またBingへの通知でエラーが出ますが、私はあまり影響がないとの考えから無視しています。

 

ソーシャルメディア、ソーシャルサービス連携

Google検索と同じくらい重要なのが、FacebookやTwitterなどソーシャルメディアや、はてなブックマークなどソーシャルサービスです。

3.  WP Social Bookmarking Light

各種ソーシャルボタンを表示させるためのプラグインです。いまやどこのサイトでも目にするようになりました。

ほんの一手間の簡略化なのですが、シェアしたいと思ったときにシェアできる環境を整えておくことは非常に大切なんですよね。

例えば一昔前、FAXに慣れきっていた人たちは、Eメールのほうが簡単なのかもしれないと薄々気づきつつも、「大した手間の違いはないし」と思っていたそうです。でも今や、よほどの事情がない限り「紙をセットして電話をかける」なんて面倒をする人はいない。(^^;)

そのEメールも、少なくともプライベートなやり取りでは、メッセージングサービスに取って代わられようとしています。FacebookメッセージやLINEに慣れてしまうと、アドレスを指定するとか、件名を入れるというわずかな手間が煩わしく感じられるんですよね。

このように直感的な操作で自由に設定できます。

Facebook、Twitter、Google+、はてなブックマークの4つがおすすめ。提供するコンテンツによっては20代前半ユーザの多いmixiを入れるのもアリです。

 

4. Facebook for WordPress

Facebookの公式プラグインです。大きく2種類の役割があります。

OGP設定

記事が「いいね!」されたとき、きちんとOGPが設定されていると、「いいね!」した人の友達のニュースフィードに「●●さんがいいね!と言っています」と表示されるようになります。1人100人の友達がいるとすると、100いいね!で約10,000人に露出する可能性があるということです。

日本最大級のSNSとなったいま、FacebookのOGP設定は必須! ちょっと面倒ではあるんですが、絶対に設定してください

 

各種機能の実装

Facebookの各種機能が実装できます。僕の場合、Recommendations Barと、

Facebookコメント欄を設置しています。

Recommendations Barは、いわゆる「おすすめ」。読者がサイト内を回遊してくれる可能性が高まり、ページビューの増加に繋がります。

後者はFacebookアカウントでコメントすることにより、コメント内容がFacebook内にも共有され、露出が増えます。

このプラグインはApp ID、App secret、App namespaceの設定が必要なんですが、設定画面に手順の案内が表示されます。英語なので面食らうかもしれませんが、それほど難しくないですよ! 一つ深呼吸をしてから、説明に従って設定してください。

 

アクセス解析

5. Ultimate Google Analytics

WEBサイトは常に問題点を把握し、改善し続ける必要があります。そのためにGoogleが無料でGoogle Analyticsという超優秀なアクセス解析サービスを用意してくれています。

Google Analyticsを使うには、「そのサイトが自分のものである」と証明する手続きを踏まなくてはいけないんですが、ちょっと面倒なんです。手間を簡略化してくれるプラグインがこれ。

インストールして、Google AnalyticsのAccount IDを設定するだけで、Google Analyticsが使えるようになります。

 

高速化

6. DB Cache Reloaded Fix

WEBサイトは速ければ速いほど、SEOで有利になりますし、多くのユーザがブログを読んでくれます。

いつもWEBサイトを見ているときのことを思い返してほしいんですけど、たった3秒WEBサイトが表示されなかっただけで、別のサイトへ移動しようとしていませんか。重いサイトは、それだけで離脱の要因になるんですよ。

そこで、キャッシュを利用して表示を高速化してくれるプラグインがこれ!

インストールしたら設定画面へ行き、「有効」にチェックしてください。

 

フィーチャーフォン、スマートフォン、タブレット対策

7. WPtouch

WordPressで構築したサイトは、そのままでは、モバイル機器でも表示が変わることはなく、そのまんま表示されてしまいます。これじゃ見にくいケースがほとんどです。

現在、スマートフォンの普及によって、モバイルでの閲覧は3割を越えてきています。これからもどんどん増えるトレンドです。

そこで、携帯電話やスマホなど、閲覧機器によって表示を最適化してくれるWPtouch。必須ですね。

なお、WordPressのテーマの中には「レスポンシブ」と呼ばれるものがあります。現在の主流のモバイル対策は、モバイル用にサイトを別途(ときにはスマホ用、タブレット用など複数)用意するというものです。WPtouchも、別画面を自動生成して表示してくれるプラグイン。でもレスポンシブは、閲覧環境によって柔軟に表示を変えられるように設計されています。レスポンシブのテンプレートを利用すればWPtouchを利用しなくても大丈夫です。

 

おまけ:バックアップ

WP-DBManager

いつなんどき、どんなトラブルがあるかわかりません! プラグインのちょっとした相性で、管理画面が表示されなくなる、なんてことも!!

これが自由度が高い反面、独自に運営するデメリットです。

そこでコイツできちんとバックアップしておきます。

インストールするとエラーメッセージが出るのですが、下記を参照して解消してください。同時にメニューを日本語化する方法も書いてあります。

データバックアッププラグイン、WP-DBManager2.50を設定しました。 
http://www.taskmother.com/wordpress/209.html

2711月

Twitterで価値のあるフォロワーを確実に増やすたった3つのステップ

Twitterは、コミュニケーションをベースに、コンテンツ(テキスト、写真、ブログ記事等)を届けるためのパイプとなります。

ソーシャルメディアで影響力を発揮するには、パイプの数を増やすのも重要ですが、それ以上に「誰と繋がるか」が重要になります。あなたに無関心な人といくらパイプを築いたところで、あなたの発信に見向きもしてくれないからです。

あなたの考え方に共感してくれたり、あなた自身に興味を持ってくれたりする、価値のあるフォロワーを増やす方法を紹介します。

 

ステップ1 きちんと目的を見定める

何のためにTwitterのフォロワーを増やしたいのでしょうか?

情報発信は手段であって、目的ではありません。Twitterで発信をした結果、何かしらの成果を期待しているはずです。

まず考えるべきは、Twitterで情報発信をする目的です。ブログ記事への誘導でしょうか。コミュニケーションでしょうか。商品やサービスの販売でしょうか。

目的が明確になれば、理想的なフォロワー像が見えてきます。個人であれば、自分に興味を持ってくれたり、共感してくれたりする人。ビジネスであれば、商品やサービスに好感を抱いている人などです。

総じて言えるのは、無理に人数だけ増やしても意味がない事実です。あなたの行動や、あなたの商品&サービスに興味のないフォロワーは、あなたの期待に応えるような行動をする可能性が極めて低いからです。

単にフォロワー数を増やして満足したい人は、きっともっと労力が少なく、簡単な方法が存在します。情報発信を戦略的に考え、目的を達成するために、自分にとって価値あるフォロワーを増やしたい方は、ステップ2に進んでください。

 

ステップ2 自分を知ってもらう

自分自身(や商品&サービス、プロジェクトなど)に共感してもらうには、自分自身を知ってもらう必要があります。

ブログを書きましょう。

唐突ですが、Twitterのフォロワーを増やすために、ブログを書きます。

なぜ、ブログを書くなどという面倒をする必要があるのでしょうか?

理由は、第一に、ソーシャルメディアでの発信のみでは、広がりを生むのが困難だからです。第二に、見知らぬ誰かに自分の考えを理解してもらうために、140文字の連なりでは効率が良いとは言えないからです。

ブログ記事であれば、誰かに価値(役立つハウツーやケーススタディ、あなたしか発信していない希少な情報、楽しめるコンテンツなど)を提供しながら、自分の考えや価値観を知ってもらえます。

こういった、誰かを満足させられたり、課題を解決できたりする記事は、Google検索で上位に表示されやすくなります。インターネットが普及している日本全国、場合によっては全世界から、あなたのブログに辿り着く人が増えてきます。

 

ステップ3 記事下で行動を促す

ブログ記事を読んで、内容に興味を示したり、共感してくれた人は、あなたのソーシャルメディアアカウントをフォローしてくれる可能性があります。

Twitterのフォロワーの増やし方の王道として、「こちらから大量にフォローして、フォロー返しを狙う」という方法があります。が、これはあまり効率のいいマッチングの方法とは言えません。なぜなら、そのフォロワーが自分に共感してくれるかどうかは完全に運だからです。100人フォローして、10人がフォロー返ししてくれて、果たしたそのうちの何人が偶然にあなたに興味を持つでしょうか。

一方、ブログを読んで共感してくれた人ならば、心配は無用。ブログ経由でなければならないのは、自分自身(や商品&サービス、プロジェクトなど)に共感してもらってから、フォローしてもらうためです。

ここで必須なのは、記事の最後に、「フォローしてください」など行動を促すことです。

記事を読み終えたら、必ずどこかのリンクをクリックして、別ページへ遷移します。記事を読み終えて、内容に共感しているときに、「最新情報を必ずツイートしているのでフォローしてください」など、メリットを添えてアクションを促せば、フォローしてくれる確率が飛躍的に高まるというわけです。

厚かましいと感じる方、面倒な方、その両方の方と様々ですが、アクションを促す人は少ないのが現実です。アクションを促すかどうかで、「100か1か」というくらい結果が変わってきます。

実際、『Handmade Future !』のSNSアカウントは、記事下のコール・トゥ・アクションのみで、現在のようにたくさんの方にフォローしてもらっています。

蛇足ですが、サイドバーにソーシャルメディアのウィジェットを置いておくだけでは、ほとんど意味がありません。読者の視線がほとんど通らない場所だからです。ぜひ、参考にしてください。

2611月

Facebookのリーチ率を決定的に向上させるための4つのチェックリスト

今やWEBでの情報発信にソーシャルメディアは不可欠です。インバウンドマーケティングの王様はブログですが、ソーシャルメディアは伝播力やリアルタイム性といったブログの弱点を補い、相乗効果を生み出します。リンクが拡散されればSEOの上でも有利になり、フォロワーが増えればソーシャルプルーフ(賛同者が多いとみなされ、信頼性が向上すること)も生み出します。

さて、FacebookはTwitterと並んで最も多くの日本人が利用するSNSです。Facebookページで発信している方も多いですよね。

Facebookにはご存じのとおり、ニュースフィードという仕組みがあり、なるべくユーザが好む投稿を表示しようとします。つまり、Facebookページで発信したとしても、すべてのフォロワーに見てもらえるわけではありません。ニュースフィードのアルゴリズムを理解することで、リーチ向上のために改善することができます。

今回はFacebookニュースフィードのプロダクトマネージャーであるWill Cathcartの説明を元に、Facebookページの投稿をより多くの人に見てもらうために確認すべき4つのチェックポイントを紹介します。

参考記事

TechCrunch – Facebook Explains The Four Ways It Sorts The News Feed And Insists Average Page Reach Didn’t Decrease

CNET Japan – Facebook、「News Feed」投稿が表示される仕組みを説明–ブランド投稿のリーチ数低下で釈明

 

1. 「いいね!」「コメント」「シェア」が生まれているか

以前に「いいね!」「コメント」「シェア」したフォロワーのニュースフィードには、投稿が表示されやすくなります。頻度が高ければ高いほど、表示される可能性も高くなります。

  • 共感できる文章や写真
  • フォロワーの存在を意識した問いかけ
  • 価値あるハウツーやケーススタディ
  • 人に知らせたくなるような限定情報や速報

などを意識して、なるべくアクションが生まれるような投稿を心がけてください。

If you interacted with an author’s posts before: If you Like every post by a Page that Facebook shows you, it will show you more from that Page.

http://techcrunch.com/2012/11/16/facebook-page-reach/

 

2. フォロワーは投稿に興味を示しているか

フォロワーの多くが投稿を無視したり、不満を表明した場合、ニュースフィードに表示されにくくなります。

インサイトを確認して、フォロワーが投稿に興味を示しているかチェックしてください。興味を示す、とは「いいね!」に限らないですよー。

例えば上記では、11/23にブログ購読の案内投稿をしました。まあ、それほど「いいね!」されやすい種類の投稿ではないですね。実際、「いいね!」はゼロだったんですが、リンクはクリックされています。興味を示したフォロワーが存在しているとわかるわけです。よってリーチも、他の投稿に比べてそれほど落ち込んではいません。

なお、不満を表明したユーザがいると、下記のように表示されます。

普段よりもリーチが少ない投稿あった場合は、これが原因かもしれませんね。

誰も興味を示さなかった投稿はきちんと原因を分析して、次回以降の投稿に活かしましょう。

Other people’s reactions to a specific post: If everyone else on Facebook shown a post ignores it or complains, it’s less likely to show you that post.

http://techcrunch.com/2012/11/16/facebook-page-reach/

 

3. フォロワーの好みに合ったコンテンツを投稿しているか

写真に多く「いいね!」している人のニュースフィードには、写真が表示されやすくなります。

逆に言えば、フォロワーに写真を好む層が多ければ、写真投稿のリーチが伸びるということ。議論が好きなユーザが多ければ、テキストの投稿のリーチが伸びます。

Facebookユーザの大部分は写真投稿を好むと言われています。一般的に写真投稿の反応がいいのは、この影響もあるかもしれません。

様々な投稿を試して、抱えるフォロワーの傾向を掴んでください。

Your interaction with posts of the same type in the past: If you always Like photos, there’s a better chance you’ll see a photo posted by a Page.

http://techcrunch.com/2012/11/16/facebook-page-reach/

 

4. ユーザに不満を表明されていないか

興味のない投稿や、不快な投稿は、ニュースフィードで非表示にされたり、スパムとして報告されたりするケースがあります。このような不満の表明が積み重なると、ニュースフィードに表示されにくくなります。

厳しいですね(^^;)

とは言え、普通に運用していればそれほど気にかけるべき要素ではありません。興味を持ってフォローしてくれたユーザなら、非表示にする人は少ないからです。それに、一定数の不満は、どんなに頭を捻った投稿をしても必ず生まれます。

一方、懸賞キャンペーンの力業でフォロワーを集める行為は、明らかにマイナスです。私は企業サポートをすることもあるのでデータを確認済みみなのですが、ページに興味のないフォロワーは、何でもない投稿でも非表示にしたり、いいね!取り消し(ページのフォローをやめる)したりしてしまうんです。一般のフォロワーにまで悪影響になって、リーチがどんどん低下していってしまいます。

If that specific post has received complaints by other users who have seen it, or the Page who posted it has received lots complaints in the past, you’ll be less likely to see that post. This factor became a lot more prevalent starting in September 2012.

http://techcrunch.com/2012/11/16/facebook-page-reach/

楽したり、ズルしたりして成果が出るものではないとわかりますね。SEOもそうですが、人々にとって価値のある発信を心がけることが何よりの対策となります。
1211月

宣伝しないで宣伝する無印良品の凄味

 

“押しつけがましさ”を嫌う人々に対する、無印良品の回答

大企業からセルフブランディングに関心がある学生まで、皆が喉から手が出るほどに知りたがっているのが「ソーシャルメディアをマーケティングに活用するにはどうしたらいいのか?」ということです。

露出最優先の旧来型の宣伝・広告手法は通用しないと気がつき始めました。情報が氾濫する昨今、ソーシャルメディアに限らず“押しつけがましさ”を嫌う人が増えてきています。この難問をブランディング戦略で鮮やかに解決してみせているパイオニアが、無印良品を展開する良品計画です。

 

とある日曜日の興奮

ブランチをとるためにフラッと入ったMUJI Cafeで、妻が何気なく『無印良品キャンプ場』の冊子を取ってきました。私は中をパラパラと見てすぐに、バッグに入れて持って帰るように頼みました。普段はチラシどころかポケットティッシュすら受け取らない私が珍しいことを言うと、妻は不思議そうに表情を覗き込んできます。

「なんで? 珍しいね」

つい身振り口調が大げさになるのを自覚しながら説明します。

「何が凄いって、これ。無印良品キャンプ場の冊子なのに、無印良品キャンプ場の宣伝ページが1ページもない」

「あーそうなのよ。わたしも、どこにキャンプ場の情報が書いてあるんだろう? って首を傾げちゃった」

 

セオリーの真っ向逆を行く冊子

もし自分が企業の営業担当者や広報担当者、あるいは地域活性プロジェクトに携わっている学生だとして、「キャンプ場に客を連れてこい」と言われたら、キャンプ場の良さを伝えようと努力しますよね。自然が豊かで、最新の設備があり、値段がリーズナブルかつ交通の便も良く、たくさんのイベントをやっていますよ、と。冊子を制作したら、まるで健康診断の結果のように詳細にキャンプ場のスペックが書き込もうとするはずです。

私の妻が求めていたのは、このような冊子でした。なぜなら、私たちは昨年の夏に無印良品キャンプ場の会員なったのに、妻が妊娠していたためにまだ一度も行っていなかったからです。妻はお目当てのキャンプ場がどんなところなのだろうと気になって冊子を手に取ったのに、キャンプ場の情報が一切載っていなかったので面食らったわけです。

表紙・裏表紙を含め16ページの小冊子 2011年12月発行/株式会社 良品計画

 

キャンパー向けではなく、アウトドア全般に好感を持つ潜在顧客向け

この冊子の謎を解く鍵は、タイトルにあります。見てのとおり、『無印良品キャンプ場』の文字は小さく、下手をしたら見落としてしまいかねない存在感です。シンプルな表紙には、代わりに大きく「外あそび」と印刷されています。もし表紙にデカデカと『無印良品キャンプ場』と記してしまったら、キャンプに関心がある人しか冊子を手に取りません。つまりこれは、キャンパーに限定せず、アウトドア全般に好感を持つ人へ向けた冊子なのです。潜在顧客を掘り起こす意図なのだと容易に想像できます。

ちなみに、私たちのようにすでに無印良品キャンプ場の会員であったり、もともとキャンプが大好きで趣味にしているという人には、わざわざこのような冊子を作成しなくとも、無印良品キャンプ場の存在さえ知らせれば(あるいは思い出してもらえれば)足を運んでもらえます。「無印良品キャンプ場、今シーズンもオープン」の一行広告でこと足ります(もっともこのように構えていられるのは、無印良品のブランドが確立しているからです。どんなキャンプ場なのかといちいち説明する必要がありません)。

 

一貫して「外あそび体験」の楽しさや豊かさを伝えている

しかも、かなりハイクオリティです。

2〜7ページは、無印良品南乗鞍キャンプ場の男性スタッフと、良品計画衣服雑貨部の女性社員が主役です。好青年が女性をもてなすというシチュエーションで、それぞれの視点から感想が語られます。二人はほぼ初対面という設定なのですが、写真では女性は常に柔らかな表情であり、文章では「自然に囲まれた非日常空間で、ほぼ初対面なのに打ち解けられた」と強調します。見ず知らずの男女の仲が一気に深まったと伝えているわけです。

8〜9ページはフリスビーチームの主宰者がフリスビーの魅力を語り、10〜11ページはカヤックでスカイツリーまで行ったという会社員が登場します。12〜13ページは会社員・家庭人・クライマーの3つの顔を持つ男性のある日のクライミングを紹介。14〜15ページはフリーライター・エディターの女性がアウトドアでウクレレを弾く楽しみに言及しています。

この間一切、無印良品キャンプ場の宣伝はありません。唯一2〜7ページは、無印良品南乗鞍キャンプ場が舞台になっていますが、写真で環境が知れるというのが精々のところです。

キャンプ場の情報が載っているのは全体の1/80のスペース

これは裏表紙の写真です。上部4/5には婦人用ぬくもりインナーの広告が入っています。そして最下部1/5に、やっと無印良品キャンプ場の情報が登場します。

全16ページある冊子の中で、裏表紙の1/5ほどの僅かなスペースに書き込まれているのが、キャンプ場について具体的に記載されているすべてです。

 

商品を買ったり、サービスを利用したりすることでどんな価値が得られるのかを伝える

良品計画の戦略は明確です。『外あそび』という冊子の最大の目的は、アウトドアに好感を持つ人にアウトドア体験の楽しさや豊かさを想起してもらうこと。そのためにアウトドアの楽しみ方を極めて上手に提案しています。

「最近、出掛けてないな」

「たまにはアウトドアで何かするか」

「ふうん、無印良品がキャンプ場を運営しているんだ」

こう思ってもらえれば、もうそれで充分。無印良品のブランドは圧倒的に浸透しています。好感を持っているファンは、自分から無印良品キャンプ場のホームページをGoogle検索して見つけるでしょう。「宣伝をせずに宣伝する」ブランディング戦略の完成です。

 

ソーシャルメディアでも同様の発信を

良品計画は、ソーシャルメディアでもお手本となるような発信をしています。つまり(『外あそび』冊子と同様に)、商品の宣伝を押し付けるのではなく、商品を購入することでどんな楽しみがあり、どんな利便があり、どんな価値があるのかを説明しています。ライフスタイルを提案し、ブランドの浸透に努め、人々の共感を獲得しています。

ソーシャルメディア活用に悩む方は、無印良品をお手本にするのがセオリーです。何を発信し、何を発信していないのか分析してみてください。

ただ、注意が必要なのは、ソーシャルメディア上だけで取り繕っても効果はないんですよね。ブランド形成とは、上辺を取り繕うことではありません。ソーシャルメディアだけで優等生発言をしておいて店舗に足を運んだら酷い接客だった、では愛想を尽かされ、むしろ悪影響なのは言うまでもありません。

TOPページ サイトマップ 更新履歴