ブログメディア運営

272月

田中ゆうたろう杉並区議はなぜ炎上したか?

政治家にとってWeb発信は武器になります。例えば、野田聖子議員。

「少子化対策は妊娠中絶問題から」はミスリード。野田聖子議員はいいことを言っている。

Web上に記事があったお陰で、それほど苦労せずに発言の真意を探ることができました。もし日経ビジネスの記事がなかったら……朝日新聞の発言切り取りだけが一人歩きして、誰も検証・反論できなかったはずです。

メディアの力を借りるのでもいいですし、自分でブログを書くのでもいいですけど、政治家はWeb上に、誤解を生まない程度にまとまった形で意見を表明しておくべきだと思います。

野田聖子氏は、自民党総務会長に就任してから、多忙を見越してブログもTwitterも止めてしまっていますけど、止めないほうがいいんじゃないでしょうか。山本一太内閣府特命大臣は、就寝前の僅かな時間でブログを続けていますし、世耕弘成官房副長官は、激務ながら首相官邸の一日を淡々と綴るのみと割り切って続けています。

普段から発信していて注目されていれば、発言切り取り報道や、誤報の被害にあったときに、瞬時に反論できます。実際、すぐに反論して炎上を未然に防ぐ例はよく見られます。

 

なぜ杉並区議会議員のブログが炎上したか? 3つの理由

一方で、伝え方がまずいせいで炎上してしまっている方もいらっしゃいます。

一抹の忸怩なき待機親に一抹の疑義あり: 田中ゆうたろうブログ

政治家は自分の考え方や信念をWeb発信しておくべき、と書いてきました。田中ゆうたろう区議のWeb発信も、その行為自体は正しいと思います。ただし、上記ブログには大きく3つの問題があります。

 

炎上した理由1 サイトデザインで教育現場出身という情報を伝えられていない

田中ゆうたろう区議は、略歴を見ると、教育現場出身の方だそうです。政策も、幼稚園勤務の経験から、「家庭」「教育機関」「地域」の3つを柱に子供を育てていこうという信念があるようです。

つまり、今回主に炎上の原因となった「子育ては本来は家庭で行うもの」という記述は、家庭だけで育てろ、という意味ではなく、「教育機関」「地域」だけでなく「家庭」でも育てるのだという意識がおろそかになっていないか、という主旨だったと想像できます。

また、もしこれが、教育現場からの意見だと知っていたとしたら、なるほどと納得するまではいかずとも、「目に余るモンスターペアレントもいるんだろうな」と想像してくれる方もいたはずです。

しかしながらWebページでは、記事を読む前に書き手の経歴をしっかり把握しよう、などという面倒をする人は、ほとんど存在しません。読み手の圧倒的大多数は、区議会議員=政治家の意見だ、としか捉えないわけです。

そもそも、サイトデザインからして、区議会議員である事実のみを前面に打ち出す設計になっています。たとえば、経歴を見ないほうが悪いという反論は、これではけっして正当化できません。

 

炎上した理由2 一記事だけで完結させる意識で書いていない

あるいは田中ゆうたろう区議は、自身が教育現場出身だと読み手は知っているだろうと思ったか、少なくとも掲げている政策を見れば誤読なんか起きないと考えたのかもしれません。

確かに、よく見れば、政策を知ることができる『信念』というカテゴリへのリンクを見つけることができます。

ところが、今回のように特定記事が炎上した場合はもちろんのこと、平時でも、読み手の大多数は記事単体しか見ないのが普通です。これはブログのアクセス解析を見ている人ならば誰でも知っている常識です。

ユニークユーザー数とページビュー数を比較すれば、1人何ページ見ているのかはすぐにわかります。ちなみに2月のHandmade Future !は直帰率が85%程度で、10人中8、9人は1ページしか見ていない計算です。

この事実に対応するには、まず一記事だけで完結させる意識を持つことです。以前に別の記事で書いた内容だったとしても、面倒がらずに丁寧に説明する必要があります。今までの経験や実感から持論を展開するのであれば、その考え方がどこから来たのかをしっかりと説明して、その記事だけで完全に理解できるようにしておきます。

次に、政策や経歴を知ることができるページへの導線をしっかり作る必要があります。じっくり探せば見つけられる、というのでは、誰も見てくれません。読者の視線をコントロールできない両サイドバーはやめるべきです。ヘッダーに見やすいメニューバーを設置するのが王道でしょう。

 

炎上した理由3 リーダビリティ無視が「誤読」や「記述の切り取り」を助長している

記事ページを見てほしいのですが、非常に読みにくいのです。

2013-02-27_1130

段落と段落のあいだに改行(空白)を挟む配慮もなければ、行頭を一字下げしているわけでもなく、文と文の切れ目がはっきりしません。また、冒頭から東京新聞の引用なのですが、どこからどこまでが引用なのかもわかりにくい、という始末です。

このような読み手の存在を軽視している印象を与える文章の場合、ストレスが溜まるばかりで、まず頭から丁寧に熟読しようとする人はいません。斜め読みをして、それでも意味がほとんどとれないので、例えば「子育ては本来は家庭で行うもの」という炎上ワードを見つけて、その前後だけ読むというふうになりがちです。

これではどんなに一記事で丁寧に説明したとしても、炎上が起きる可能性があります。

解消するのは極めて簡単で、リーダビリティを向上させる努力をすればいいのです。方法論に関してはこちらにまとめてあります。興味のある方はご覧ください。

一目瞭然。読まれるブログ記事の書き方

 

政治家はWeb発信に真剣に取り組むべき

インターネット選挙活動がなかなか解禁されないのは、主にインターネットがよくわからないベテラン議員が、どう対処したらいいのかわからず不安だから抵抗しているせいだと、どこかで読んだ記憶があります(ソース探し出せなくてすみません)。

でも、Web発信は確実に武器になるし、それどころか、いまや政治家がWeb発信できないのは致命傷にすらなりかねません。

「Web発信ができない」には、単にブログを書けないというだけでなく、Webマーケティングの知識や情報発信ノウハウが無いのも含まれます。

田中ゆうたろう区議のケースでも、一記事でしっかり説明しきる意識を持ち、経歴や政策情報への導線をしっかり作っておき、なおかつリーダビリティに優れたブログだったとしたら、(もちろん持論の表明なので賛否はあれ)ここまで炎上しなかったと思います。

今や政治家にWeb発信は必須。自前で発信するのであれば、本腰を入れて学ぶか、学ぶ余裕がなければプロに任せてもいいと思います。どちらにしても、インターネット選挙運動の解禁も迫り、真剣に取り組むべき時期に来ていると感じさせます。

※蛇足ですけど、田中ゆうたろう区議って、風にあおられまして、船から落ちてしまいまして、無我夢中で泳いだ先が魚釣島だった。たどり着いた時は非常に運が良かったなという思いもありますけども、まあそういったことですの方なんですね。(^^;)

122月

WordPress|PCとスマホで記事中に表示させるコンテンツを切り替える方法

Google Analyticsを見ると、Handmade Future ! にアクセスしてくださる方の環境は、4割がモバイル(スマートフォン&タブレット)です。

2013-02-12_0946

ほとんどのブログやWebサイトは大差ないはずです。それどころか、スマートフォンからのアクセスが上回る時代が近いうちに来るでしょう。もはやスマートフォン対応は必須ですよね。

スマートフォン対応には大きく2つの方向性があります。1つはスマートフォン用のサイトを構築する方法。もう1つは、Handmade Future ! もそうですがレスポンシブデザインです。PCで閲覧している方は、ブラウザの横幅を小さくしてみてください。Handmade Future ! は、ある一定の大きさになるとタブレット用のレイアウトに、もっと小さくするとスマートフォン用のレイアウトに、シームレスに変化します。

スマートフォンで見せる場合には、PC環境に比較して「貧弱な通信回線」「処理速度の遅いCPU」という2つの課題を解消する必要があります。同じコンテンツを見せれば、スマートフォンのほうがより時間がかかり、「重い」印象になるわけです。

例えば、Handmade Future ! では、読み込み負荷を軽減させるために、スマートフォン環境では、記事下コールトゥアクションのFacebookページ『Like Box』を表示させていません。

このように、WordPressで構築しているサイトで、閲覧環境(パソコンor スマートフォン)によって記事中に表示させるコンテンツを切り替える方法を紹介します。

 

1. ユーザエージェントを判定するコードを追加する

WordPressの管理画面から、外観 → テーマ編集へと進みます。『functions.php』に、以下のコードを追加します。

function is_mobile(){
    $useragents = array(
        'iPhone', // iPhone
        'iPod', // iPod touch
        'Android', // 1.5+ Android
        'dream', // Pre 1.5 Android
        'CUPCAKE', // 1.5+ Android
        'blackberry9500', // Storm
        'blackberry9530', // Storm
        'blackberry9520', // Storm v2
        'blackberry9550', // Storm v2
        'blackberry9800', // Torch
        'webOS', // Palm Pre Experimental
        'incognito', // Other iPhone browser
        'webmate' // Other iPhone browser
    );
    $pattern = '/'.implode('|', $useragents).'/i';
    return preg_match($pattern, $_SERVER['HTTP_USER_AGENT']);
}

なお、このコードにはiPadが含まれていません。Handmade Future ! のレイアウト&コンテンツの場合は、タブレットはPCと同じ内容で良いとの判断からです。

iPadもモバイルに含めたい場合は、iPhoneの下あたりに、

        'iPad',           // iPad

を追加してください。

また、モバイルに判定するべきユーザエージェントが増えた場合は、追加していく必要があります。

 

2. 記事中でPHPコードを利用できるようにする

手順1の段階で、PHPコードを利用して表示の切り替えができる状態になります。サイドバーやフッターなど、テーマ内ではPHPコードが利用できるので、すぐにでも機能します。

がしかし、記事中では、PHPコードを利用できません。

そこで、記事中でPHPコードを利用できるようにするWordPressプラグインをインストールします。『Insert PHP』や『Allow PHP in Posts and Pages』など、いくつか種類があります。Handmade Future ! では『Exec-PHP』を使っていますが、2年以上アップグレードがない古いプラグインなので、今後もきちんと動作するか不透明です。

WordPressの管理画面から、プラグイン → 新規追加と進みます。プラグイン名で検索するか、「PHP」などの単語で検索して見つけてください。

同様に、ウィジェット内でPHPコードを利用できるようにするプラグインもあります。必要に応じて検索してインストールしてください。

 

3. PHPを利用し、表示させるコンテンツを指定する

準備が整ったら、PHPコードで、環境ごとに表示させるコンテンツを指定します。

<?php if(is_mobile()) { ?>
【スマートフォンで表示させるコンテンツ】
<?php } else { ?>
【スマートフォン以外(PC&iPad)で表示させるコンテンツ】
<?php } ?>

簡単なコードですよね。これ1つで、記事中でもサイドバーでもウィジェット内でも表示の切り替えができます。

例えば、PCとスマートフォンで読ませる文章を変えることもできますし、PCでは埋め込んだ動画を読み込ませ、スマートフォンでは動画が置いてある元ページのリンクを読み込ませる、といった動作が可能になります。

 

地道に最適化していこう

初心者の方は、はじめはスマートフォン対応に苦戦すると思いますが、スマートフォンでアクセスする割合が4割を超えてきているので、もはや無視はできません。

最初から完璧なWebサイトはありません。記事をUPしたら手持ちのスマートフォンでチェックして、違和感のある箇所を見つけ次第、地道に修正していくクセをつけるのがベターだと思います。

72月

Amazonアソシエイトは紹介した商品が購入されなくても収益になる

Google AdSenseに並び、ブログの収益化に用いられるのがAmazonアソシエイトです。

Amazon アソシエイト (アフィリエイト): アフィリエイトで副収入!
Amazonアソシエイトは成功報酬型(アフィリエイト)という点で、Google AdSenseのクリック報酬型と異なります。つまり、何かしら商品リンクを貼り、クリックしてもらい、Amazonで買い物が行われて始めて、報酬が得られるというわけです。

一見すると、Google AdSenseのよりもハードルが高そうですが、実際にはそうでもありません。個人的には、Amazonアフィリエイトのほうが好みです。

今回はAmazonアソシエイトの特徴と仕組みについて紹介します。学生団体やNPOをはじめ、趣味で運営しているブログを少しでも収益化したいという方などは、ぜひ参考にしてください。

 

特徴:記事に無関係な広告を見せる必要がない

Google AdSenseの場合、なるべく記事の内容に関係したバナー広告が表示されるシステムとは言え、根本的にはまったく外部の広告が表示されます。

しかしながら、Amazonアフィリエイトであれば、

  • この本を読んだので紹介します
  • この件について詳しく知りたい場合はこの本に整理されています
  • 噂の●●を使ってみました
  • ●●って知ってる?

などの文脈で、完全に記事の一部として紹介できます。例えば、Amazonアソシエイトについて書いている当記事であれば、

「こちらに詳しく書かれているので、本格的に知りたい方は参考にしてください」のように、それほど違和感なく紹介できるわけです。

※紹介は例示です。僕は上記の本を読んでいません。念のため。

記事内容と無関係の広告を表示させるのに抵抗がある方も、Amazonアソシエイトなら使いやすいと思います。

また、単純に画像を見せられるので、記事の内容を分かりやすくするためにも利用できますね。例えば「いま期間限定で売ってる、ガリガリ君のあずき大福味、食べた?」と書くだけでなく、

画像も表示させれば、伝わりやすくなります。

また、リンク先には書籍や商品の詳しい情報があるので、購入までは行かずとも、クリックされやすい特徴があります。

 

注目:紹介した商品以外が購入されても収益になる

上記のようなリンクをクリックすると、紹介者のIDが紐付けられます。この紐付けは、1日間持続します。その間に買い物が行われると、その全てに紹介料が発生します。

amazon

例えばこれは、Handmade Future ! 経由でのAmazonアソシエイト注文履歴の一部です。

見ると「消臭剤」や「iPhoneケース」や「ももひき」が購入されていますが、もちろんHandmade Future ! ではこれらを紹介していません。書籍を紹介した副産物として購入されたものです。

つまり、リンクがクリックされさえすれば、紹介した商品が購入されなくとも、収益が発生する可能性が生まれるわけです。書籍はもちろん、日用品から食料品まで、Amazonの品揃えは相当なものですから、これはバカにできない収益になります。

 

サポートツール:商品リンクの表示は「ヨメレバ」「カエレバ」がおすすめ

商品の紹介リンクなのですが、Amazonが用意しているものだと、こんな感じになります。

画像が小さくて目立たないし、Kindle書籍なのに表示も出ないし、意外に不便です。そこで、支援ツールの「ヨメレバ」「カエレバ」使っています。

どちらが視認性がいいかは、一目瞭然ですよね。

 

バリエーション:バナー広告もある

AdSenseのようなバナー広告もあります。こちらもクリック報酬ではなく、買い物が行われて始めて紹介料が発生します。

最近だと、このへんがおもしろいです。

 

おすすめ:Amazonアソシエイト公式ブログで最新情報をチェック

これら特別プロモーション、セール情報、新ストアオープン情報は、Amazonアソシエイトプログラム公式ブログでチェックできます。Googleリーダーに登録しておくと便利です。

Amazon アソシエイト・プログラム(アフィリエイト) 公式ブログ

 

コツ:収益効率を考えるのなら、心から薦められる品を紹介する

アフィリエイトが第一目的ではないブログが、「少しでも足しになれば……」と収益化を試みる場合、無闇に商品リンクを貼りまくっても、効果はほとんどありません。むしろ、ブログの印象を貶める結果になりかねません。

例外は、心から薦められる品を紹介する場合です。Handmade Future ! の記事で言うと、

学生時代に世の中の見方を変えてくれた色褪せない名著16冊

が、代表例です。いただいたコメントなんかを見ていると「へー、おもしろそう」と純粋に楽しんでもらえたのが、いい結果に繋がったのだとわかりました。

一般的には、アフィリエイトというだけで反感をもたれがちですが、反感を凌駕するようなポジティブな要素があれば、自然に受け入れられ、いい結果に繋がります。どうぞ参考にしてください。

72月

個人ブログメディアの作り方|ニッチ分野における情報収集の3つの基本

メディアの一つの側面として、「世の中に散らばっている情報を集約し、整理して発信する」機能があります。

例えば僕が運営しているFutureCenterNEWS JAPANは、僕自身がフューチャーセンターについてもっと詳しく知りたいと思い立ったときに、どこを見渡しても情報がまとまっていなくて困ったので、「ならば自分でまとめてしまえー!」と始めたメディアです。

2013-02-07_0946

現在でこそ、取材記事や、オピニオン記事などオリジナルコンテンツの発信も始めていますが、当初はシンプルに情報を集めて整理しているだけでした。たったこれだけのことでも、ずいぶんと多くの方に「役に立つ」と言ってもらえました。

意外に思う人もいるかもしれませんが、メディアと言っても必ずしもオリジナルコンテンツにこだわる必要はありません。例えばスマートフォン専門のブログメディアなら、各社のプレスリリースを集約して発信するだけでも、それなりに人々の情報収集を助けられるのです。

つまり「世の中に散らばっている情報を集約し、整理して発信する」だけで、誰にでもブログメディアは作れます。学生団体やNPOの方々は、取り組む課題に関するメディア発信にぜひ挑戦してほしいと思います。

 

ニッチ分野でこそ個人ブログメディアが活きる

もし、これから個人ブログメディアを始めようとするのなら、ニッチな分野・題材を扱うのをおすすめします。なぜなら、上記の例のスマートフォンのようなメジャーな題材は、大手メディアが発信するからです。

大手メディアの手が回りきらないような、ニッチな題材を扱ってこそ、個人ブログメディアの存在価値があります。

「情報がもっと集約・整理されていたら便利なのに」という直感に、素直に従ってください。

 

基本は「Googleアラート」「Twitter検索」「Googleリーダー」

ところで、あるニッチ分野の最新の動向をチェックするのに、みなさんならどうしますか?

例えばiPhoneについての情報なら、放っておいても大手Webメディアが発信してくれます。情報収集にはそれほど苦労しません。でも、『Apple TV』のみの情報だけを取りたいとしたら、ちょっと工夫が必要ですよね。

Google検索では最新の情報を取りにくいですし、はてなブックマークではニッチな題材は上がってきません。

恐らく現状でベストだろうと思って僕が活用しているのは、「Googleアラート」「Twitter検索」「Googleリーダー」の3つです。補助的にいろいろ利用する場合もありますが、原則的にこの3つが軸になります。

 

Googleアラート

インターネット上のあらゆる情報は、Googleのクローラが見つけ出してくれます。

通常のGoogle検索では最新情報に弱いので、あるキーワードで新しい検索結果が追加されたら知らせてくれるGoogleアラートを活用します。

Google アラート – ウェブ上の面白い新着コンテンツをチェック
あくまでも検索結果に追加されてから知らせてくれる機能なので、長いときには数日のタイムラグが発生しますが、これで大半の情報は網羅できます。

 

Twitter検索

リアルタイム性では何と言ってもTwitterです。ほんとうはFacebook等も活用したいのですが、充分な検索機能がなく、また友人限定で発信している人も多いので、実用的なのはTwitterのみです。

Hootsuiteなどのツールを使い、検索フィードをタイムライン状に表示させて日常的にチェックします。

2013-02-07_1014

なお発信者視点に立つと、情報収集に熱心な人はこうしてキーワード検索をしているので、フォロワーの数が少なくてもめげずに発信するべきです。

Social Media Management Dashboard – HootSuite

Googleリーダー

Googleアラートが知らせてくれたり、Twitter検索で見つけたりした、有益な情報を発信してくれそうな個人ブログやWebサイトは、Googleリーダーに登録しておき、日常的にチェックします。

Googleリーダーの活用方法は『情報収集の基本。Googleリーダーを使おう』にまとめました。参考にしてください。

 

それはたぶん「あなたにしかできない」こと

いかがでしょうか。この程度の作業なら、誰にでもできますよね。

個人メディアの役割は、これからどんどん拡大していきます。国や行政だけでは解決しきれない社会的課題を、個人や地域コミュニティやNPOが担う必要があるのと同じように、大手メディアが扱わない分野の情報発信は、課題に気づいたあなたの「じゃあ自分でやっちゃおう」に掛かっているのだと思います。

あなたが発信を始めなかったら、その分野における課題解決のスピードは停滞したままかもしれません。「これは自分にしかできないことなんだ」くらいに思っておくと、メディア運営にやり甲斐を感じられ、楽しくなります。

個人ブログメディア運営に挑戦してみませんか?

72月

情報収集の基本。Googleリーダーを使おう

「リーダーにRSSフィードを登録して、Webサイトを購読する」という概念自体は、2000年前後から存在します。知っている方にとっては常識ですよね。

ブログやSNSで情報発信するのなら、まずは情報収集をする必要があります。情報収集の基本は、何と言ってもGoogleリーダーです。

気になるブログやニュースサイトの「最新情報」を「ほぼリアルタイム」で「漏れなく」チェックできる点と、連携サービスを含めた使い勝手という2点で、未だにRSS購読に勝る仕組みはありません。

学生さんをはじめ、もし利用した経験のない方がいましたら、ぜひ試してみてください。スマートフォンで移動中にチェックもできて、非常に便利ですよー。

【追記】
以下で紹介している「Googleリーダー」は、サービスを終了してしまいました。代替としては「feedly」があげられます。

 

Googleリーダーの概要と使い方

Googleアカウントさえあれば、誰でも利用できます。

googleリーダー

フィードの設定 → 詳細と統計を表示、と進むと購読者数が見られるんですけど、

スクリーンショット 2013-02-07 5.15.01

Handmade Future ! も200名以上の方に登録していただいています(まだスタート2ヶ月半なので、ちょっとびっくり。ありがとうございます!)。

HandmadeFuture-googlereader

Googleリーダーへ、気になるWebサイトを登録する方法は、シンプルです。左上の登録ボタンを押して、対象サイトのURLをコピペすると、自動でRSSフィードを探して登録してくれます。

2013-02-07_0523

 

スマートフォンで活用 – 『Byline』なら移動中もチェックできる

RSSフィードのチェックは、移動中でも手軽なスマートフォンが便利です。通勤・通学時にその日の最新情報を仕入れてしまえるというわけです。

iTunes App Store で見つかる iPhone、iPod touch、iPad 対応 Byline Free

 

スマートフォン用のアプリは様々に出ていますが、私は『Byline』を利用しています。

※iOS専用なので、Androidユーザは別アプリを探してください

画面はこんな感じ。

IMG_8772

Googleリーダーで設定したフォルダごとに分けて表示されます。 フォルダをタップすると、

IMG_8773

記事タイトルが一覧表示されます。読む価値のあると思う記事だけをチェックできます。

むしろパソコンよりも『Byline』のほうがチェックしやすいんですよね。僕の場合はだいたい1000件/日ペースでさばけてしまっています。

右上の「編集」ボタンをスワイプすれば、一斉に既読にできます。

さらに気になる記事タイトルをタップすると、

IMG_8774

記事の概要が見られます。当該記事に飛ぶことも可能ですし、右下には共有ボタンがあります。

IMG_8775

Twitter、Facebookはもちろん、Instapaper(いわゆる、「あとで読む」サービス)にも送れます。気になる記事を後でじっくり読んだり(InstapaperはPCでもチェックできる)、残して起きたい記事をスクラップしておいたりできるというわけです。

Instapaper: Save interesting web pages for reading later

これら連携サービスは、年々進化しているので、もしかしたらもっと便利なサービスも登場しているかも。気になる方は探してみてください。個人的には、Googleリーダー+Byline+Instapaperで今のところ不満はありません。

情報発信するなら、まずは情報収集から。情報発信に熱心な方は、必ずと言っていいほど利用しているのがGoogleリーダーです。もし選択肢になかった方は、ぜひ挑戦してみてください。

TOPページ サイトマップ 更新履歴