48月

私がブログをリニューアルした際に重視した3つの要素


仕事の9割を獲得している私のブログ『Handmade Future !』をリニューアルしました。「なぜ、リニューアルする必要があったのか」あるいは「リニューアルの際に何を考えたのか」というと、重要なポイントは、

  1. ブログの目的の変化
  2. フラットデザイン
  3. スマートフォン閲覧ベースの設計

の3つでした。

 

自分のステージが変われば、ブログの役割も変わる

私が『Handmade Future !』をスタートさせたのは、2012年の11月頃です。

当初は、何のコネも実績もなく、フリーランスとして活動を始めたため、とにかく “早く影響力を拡大する” という結果が、最大の目的でした。

月に1,000人にしか読まれないのでは、そもそもインバウンドマーケティングは機能しない可能性が高いわけです。

同時に、自分どんなスキルが世の中に必要とされるのかも、手探り状態だったため、とにかくあらゆることを書いてみて、たくさんの人の目に触れる必要がありました。

結果、“個人メディア” という位置づけを採りました。

 

個人を、より前面に打ち出したWebサイトへ

しかし、さまざまな仕事を頂戴するようになり、インバウンドマーケティングの成果としてほしい結果が、明確になってきました。社会の中でどんなスキルが評価されているのかも、わかってきました。

もっとも大きな変化は、「量」から「質」へのシフトです。最低限の収入は確保できているので、ゴミみたいな仕事は一切いらないわけです。

半年に1度くらいでもいいから、「これはおもしろい!」「ぜひやりたい!」と直感できるような仕事だけがほしい。

今までの経験からしても、そういう話をふってくれるのは、私自身に興味を持ってくれた人なんですよね。

だから、“個人メディア” というよりも、“寄金佳一という個人を、より前面に打ち出したWebサイト” にリニューアルしました。

 

フラットデザイン

2つめの理由は、フラットデザインの導入です。

私はWordPressのテンプレートを自作したり、デザインしたりするだけのスキルはなく、せいぜいテンプレートをカスタマイズするのが限界です。

スマートフォンやタブレットが普及して数年、私たちはタッチパネルに慣れてきました。

するとやはり、ボタンやメニューバーなど、あらゆるデザインについている陰影が、どうにもゴテゴテしていて、邪魔に感じられるように(少なくとも私は)なってきていました。

今までは使っていた『Sahifa』は、フラットデザインとして設計されたテンプレートではないので、できる範囲でカスタマイズしていたのですが、やはり「なんちゃって」なんですよね。

そこで、フラットデザインで設計され、さらに前段で触れた “個人のWebサイト” として機能が最適化されている『BASATA』に変えました。

 

スマートフォンでの閲覧を前提に構成する

Google Analyticsの直近のデータを見ると、『Handmade Future !』をスマホ&タブレットで閲覧する割合は、実に65%にものぼります。

SNS経由で記事がバズった場合は、もっと割合が高くなります。

もうこうなると、デスクトップで閲覧する前提でサイトを構成するのは、単なるアホです。

スマートフォン&タブレットでの閲覧を前提にサイトを構成して、デスクトップにも対応しておく、というのが今という時代の正しいWebメディアの作り方です。

BASATA』は、潔いまでにデスクトップ環境を捨て、スマートフォン閲覧をベースに設計されています。

私も正直、なかなかデスクトップ前提の考え方を(表面的には理解していても、実践的には)捨てられていない気がしていたのですが、『BASATA』なら無理やりスマホ脳に切りかえられます。

 

“最適” はどんどん更新される

この世界は、“最適” がどんどん変わっていきます。

「なんかもうちょっと、カスタマイズしたいなー」という欲求なり、違和感なりがあったら、根本的に戦略を見直す機会を作るのがおすすめです。

私は、昨日が誕生日だったので、このタイミングで! と思い切ってやってしまいました。

Share this Story
記事はいかがでしたか?
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (1 件の評価, 平均 2.00)
Loading...




寄金佳一 デジタル販売記事
urepia-banner3のコピー writing-bannerのコピー



話題の記事





最新記事はSNSをチェック

TOPページ サイトマップ 更新履歴