安倍総理が新卒採用禁止を検討


4月1日です。全力でいきたいと思います!

Facebook上でも表明し、支持を訴えている
Facebook上でも表明し、支持を訴えている

新年度がはじまり、世の中は入社式の企業も多いでしょう。そこへ飛び込んできたのが、新卒採用禁止の件。各紙で話題になっていますね。

朝日新聞デジタル:安倍自民、教育改革で暗雲
安倍総理大臣は31日、新卒採用禁止の検討を指示した。党内からは反対の声も上がり、火種になりかねない状況だ。

MSN産経ニュース – 新卒採用禁止へ有識者会議を設置
「学生の本分は勉強。主体性を持ってじっくり学ぶ期間がなければ、立派な社会人になれない。現在の就職活動は百害あって一利なしだ。(新卒採用)禁止を含めて検討する。有識者会議の設置を(菅官房長官に)指示した」と語った。

これ、一見すると暴論ですけど、中身を見てみると非常に面白いです。僕は賛成です。日径新聞から引用しますけど、

ポイントは、新卒一括採用廃止の代わりに設けられるキャリア検討期間だ。新卒者は3年間の間、希望する企業で自由に働ける。業務への適性を確かめ、またビジネス現場での仕事の仕方を学べる。賃金は原則として生活保護水準となる。

一方の企業側は、原則として希望者全員を受け入れる。生活保護水準の賃金の一部には補助金が交付される。3ヶ月に1回の雇用見直しが前提となり、自由に解雇できるため、優秀な若者を選抜する機会となる。うまくマッチングできれば、最低限の負担で即戦力を育成できる大きなメリットとなる。

経営体力の十分でない中小企業に希望者が殺到してしまうケースなど、課題はある。だが、3年以内に退職してしまう新卒者の多さが社会問題化していることを考えると、マッチングのうえでのメリットは大きい。

ということです。

いくつかの情報を総合すると、どうも仕掛け人はリクルート出身のS氏のようです。安倍総理に直接、進言したのでしょう。なるほど、と大いに納得しました。

僕は以前、リクルートメディアコミュニケーションズというリクルート系列の制作会社にいて、『ゼクシィ』や『住宅情報ナビ』の編集部にいました。

当時のリクルートメディアコミュニケーションズは、アルバイトと派遣社員が9割で、ごく一部の社員・契約社員が管理職という構成でした。たぶん今でも変わりないんじゃないかと思います。

通常の会社ではこんな人員構成ではとても回せないんですが、アルバイト・派遣社員に積極的に権限委譲することによって、メンバーのやる気を引き出し、なかなか比肩できる企業はないくらいのハイレベルな組織となっていました。

やりがい搾取と言われる手法ではあるのですが、実際問題、1年2年でとてつもなく多くを学べる職場でした。僕自身も「自分にできること」「向いていないこと」がよくわかったし、ビジネス現場での仕事の進め方も存分に学べました。転職先のベンチャー企業でいきなり課長クラスの仕事を任せられた事実からも、折り紙付きです。

それに今回の新卒採用禁止制度では、キャリア検討期間は3年と明確な区切りがあります。やりがい搾取には当たらないでしょう。それぞれが自身の適正を身をもって知り、仕事のやり方を学んだ上で、3年後にあらためて就職活動をすることになるわけです。

今後の動向に注目したいと思います。

【4/2追記】
2013年のエイプリルフール記事です

記事はいかがでしたか?
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (まだ評価はありません)
Loading...


話題の記事