53月

メールで無差別に営業してはいけない3つの理由


私はWeb上にメールアドレスを晒しているのもあって、無差別な営業メールがけっこう来ます。たまたまでしょうが、最近特に多くて気になったので、記事にしてみました。

もし「自分の取り組みには価値がある」と自信があるのなら、無差別な営業・勧誘メールは百害あって一利なし、絶対に真似してはいけません。

 

1. 実態に関係なく価値を疑われる

送られてくる無差別営業メールは、たとえばこんな感じです。

お世話になります。ご提案させていただきます。

AQU先端テクノロジー総研 info@aqu.com nifty.com 経由

 Handmade Future
 ご担当者 様

 お世話になります。

 AQU先端テクノロジー総研と申します。

 ホームページを見させていただき、

 Handmade Future様のお仕事、SNS、コミュニティ等とビジネス的に関係があると思い、

ご提案させていただきます。ご一考いただけましたら幸いでございます。

 それでは、どうぞよろしくお願いします。

 ※SNS、コミュニティ関係会社に好評につき、Handmade Future様にも、お知らせさせていただきました。m(_ _)m

 (もしご関心ない場合には、すみません、パスしてくださってけっこうです。)

      ======= 【 ご提案 その1 】 =======

————————————————-
●『ウェアラブル新潮流、ビジネスモデル開発支援パック』
以下略

読んで即座に思うのは、「Handmade Future様のお仕事、SNS、コミュニティ等とビジネス的に関係があると思い」って、どこがどう関係あるんだよ、ということです。

何のことを言っているのか、さっぱりわかりません。つまり、中身は何もなく、それっぽいことを書いているだけだと瞬時にわかります。

これが対面の営業だったらどうでしょうか。バカにしてるのかお前は、時間を無駄にしたじゃねーか、と悪態のひとつもつきたくなります。

忘れて放置していたmixiでもきました。これは営業メールというより、ネズミ講の勧誘かもしれませんが。

初めまして!

tantan

初めまして ●●さん

コミュニティをチェックしてましたら、何か直感にピンと来るものがあり、
目に止まり気になったので、拝見させてきました!

とても意識の高い方だという印象を受けました!

もし共感するところが少しでもあれば、是非メッセージをいただければと思います!!

どうぞよろしくお願いします!!!

こちらは、より、あからさまです。

「何か直感にピンと来るものがあり」
「目に止まり気になったので」
「とても意識の高い方だという印象を受けました!」

もはや、こちらのどこに目をつけたのかさえ表現するのを放棄して、どうとでも受け取れるような、空虚この上ない文面です。

両者ともに言えることですが、10分でも使って相手を観察すれば(材料はWeb上にいくらでもある)、もう少しマシな文章が書けるはずです。

がしかし、無差別の営業メールとなると、その10分すらとれない。1件に10分もかけていたら、100件送るだけで16時間かかってしまいますから。モノにできるのが0.1%か1%かわかりませんが、割に合わないわけです。

最大の問題点は、「こんなデタラメな営業をかけるような会社の商品やサービスはロクなもんじゃない」と間違いなく思われてしまう事実でしょう。

これは、実態とは無関係です。どんなにいい取り組み・商品・サービスを提供していたとしても、無差別な営業メールは全てを台無しにしてしまいます。

 

2. 晒されるリスクがある

続いて、これは2月の運営報告でも触れたのですが、ライター依頼のメールです。

2014-03-04_1822

たいへん恐縮ですが…

にしき デンタルオフィス nishiki_dental@me.com

前略、寄金 佳一 様。
初めまして、突然申し訳ありません。
『【糖質制限】ダイエット効果だけじゃない! 実践してわかった“スゴいメリット”5』
という記事拝読させて頂きました。
あれほどの記事が書ける方には、大変失礼な依頼ですし、謝礼も小遣い程度しか
出せませんので、お気に召さなければ、返信もせず、スルーして下さい。
依頼の内容は、『背すじは伸ばすな! 』(光文社新書)を読んで頂き、巻末の
『ゼツ・ダイエット』を試して、一ヶ月以内にごく短いレポートを書いて
いただくことです。頂いた文章は、webに、「◯◯歳 主婦」という感じで、
匿名で使わせて頂きます。ですから、素人的な箇条書き程度の簡単な文章を
お願いします。秘密は守ります。ダメならダメと書いて頂いて構いません。
なお依頼料ですが、単なるweb素材ですから、2万円+税でお願いしたいと
考えています。(恥ずかしい金額で申し訳ありません)
もし、興味がおありでしたら、所定の住所に本をお送りします。

にしきデンタルオフィス
山下久明

内容を読んでいただければわかりますが、「素人だと偽って文章を書いてくれ」という依頼です。

これを無差別にメールで依頼してくる神経が、ちょっとわからないですよね。

世間におおやけになってしまったら、『背すじは伸ばすな! 』と “ゼツ・ダイエット” は、それがどんなに優れた方法論だったとしても、怪しいものだと判断されるリスクがあります。

背すじは伸ばすな! 姿勢・健康・美容の常識を覆す (光文社新書)

山下 久明 光文社 2014-01-17
売り上げランキング : 70513

by ヨメレバ

営業メールでも同じで、「あの会社、こんな酷い営業メール送ってくるんだよ」という評判は、信用を貶める以外のなにものでもありません。

ちなみに、無差別に依頼してきている、と断定している理由は、私が書いた『【糖質制限】ダイエット効果だけじゃない! 実践してわかった“スゴいメリット”5』に言及していながら、私がどういったタイプのライターなのかを理解していないのが見え見えだからです。

私は、徹底的にやりたいことしかやらない人間で、ライターとしても書きたい題材についてしか書いていません。それは各種プロフィールやSNSで明言しています。

私のポリシーを理解していれば、「こんな簡単な仕事で2万円払います」という依頼の仕方はしてこないでしょう。

たとえば “ゼツ・ダイエット” のおもしろさ、興味深さをじっくり説いてくださったら、ひょっとして興味が向いたかもしれませんね。まともな姿勢であれば、それくらい頭を捻るのが普通です。

 

3. うざい

最後の理由は、「うざい」の一言に尽きます。

Eメールでなくとも、たとえば自宅のポストに、次々にチラシが入ってきますよね。

そしてそのチラシは大抵、一瞥しただけで中身を確認することもなく、ゴミ箱に行くはずです。

「なんでわざわざ、ゴミをポストに投函してくるんだよ。オレはポストの掃除屋じゃねーぞ」

私はいつもいつもうんざりするんですけど、みなさんはいかがでしょうか。

たとえ、1,000人に1人がチラシを見て商品やサービスを買ってくれたとしても、残りの999人に不快な思いをさせてしまう。

これが無差別な営業の本質です。

もし「自分の取り組みには価値がある」と自信があるのなら、絶対に真似しないでください。

価値ある取り組み、商品、サービスなら、正攻法でも絶対に支持が広がっていきます。私でよければ相談にも乗りますし、プロボノ的にアドバイスをくれる人はいくらでもいるはずです。

Share this Story
記事はいかがでしたか?
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (4 件の評価, 平均 3.25)
Loading...




寄金佳一 デジタル販売記事
urepia-banner3のコピー writing-bannerのコピー



話題の記事





最新記事はSNSをチェック

TOPページ サイトマップ 更新履歴