412月

2013年に最も注目を集めた「子育て」カテゴリ記事ベスト5


『Handmade Future !』の子育てカテゴリの記事のうち、2013年に平均して5分以上熟読された記事を5つ紹介します。

スマートフォン全盛のインスタントな昨今です。一つの記事を5分以上もじっくり読んでくれるのであれば、それなりに理由があるはず。ライター冥利につきますね。

 

子育て/2013年平均ページ滞在時間ランキング

1. 夫婦仲がうまくいかないのは言葉足らずが原因

平均ページ滞在時間|00:06:33(26,131PV)

夫婦仲がうまくいかないのは言葉足らずが原因

今まで、4,000人近い子供たちと、その家族を見てきたという山本直美さん。パートナーシップについての講演の、一部の書き起こし。これ、おもしろいんですよ。つい熟読してしまうのもうなずけます。要旨はこんな感じ。

・相手が自分自身と同じことを考えていると思いすぎている
・言わなければ伝わらない
・察することも重要だが、言葉をもっと大切にするべき

 

2. ペットの死に際して子供たちに伝えたかったこと

平均ページ滞在時間|00:06:09(4,783PV)

ペットの死に際して子供たちに伝えたかったこと

最愛のペットの死を風化させたくない、という思いが根底にあって書いたエントリ。自分でもベスト記事の一つだと思います。

 

3. 子育てと仕事は両立できる?|子育て中の両親には「仕事量半分」で働ける権利を。

平均ページ滞在時間|00:05:34(9,481PV)

子育てと仕事は両立できる?|子育て中の両親には「仕事量半分」で働ける権利を。

子育てと仕事の両立は、子供の犠牲の元に、無理やり成り立たせている。この事実は、忘れないようにしたいし、広く世の中に訴えていきたいと思っています。

 

4. [パパ育]母親が1人で“子育ては自分の役割”という意識を持った時点で敗北決定

平均ページ滞在時間|00:05:08(3,340PV)

[パパ育]母親が1人で“子育ては自分の役割”という意識を持った時点で敗北決定

パパ育の議論に物足りなさを感じるのは、そもそも「子育ては自分の役割」と諦めている母親が多い事実があるから。現実問題として、「パパにお手伝いしてもらう頻度を増やす」必要がある家庭が多いのはわかるんですが。

根本的な解決策は、出産前に父親の子育て当事者意識を育むこと。両輪でやっていかないといけないと思っています。

 

5. 現実問題として育児休暇なんて取れない

平均ページ滞在時間|00:05:03(3,748PV)

現実問題として育児休暇なんて取れない

円満退社を望んでいたのに、会社は強硬な姿勢を崩さない。結局、喧嘩別れしてしまった、という男性がいました。恵まれた環境にいる人をのぞき、現実問題として男性はなかなか育児休暇なんか取れない実感があります。

 
以上、子育てカテゴリの記事のうち、2013年に平均して5分以上熟読された記事を5つお届けしました。

Share this Story
記事はいかがでしたか?
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (まだ評価はありません)
Loading...




寄金佳一 デジタル販売記事
urepia-banner3のコピー writing-bannerのコピー



話題の記事





最新記事はSNSをチェック

TOPページ サイトマップ 更新履歴